[CML 021650] 沖縄のことも忘れないでね

にしかわ nishihansen at goo.jp
2012年 12月 18日 (火) 22:34:28 JST


にしかわ@高松行動です。
第一次安倍政権は、沖縄辺野古に護衛艦「ぶんご」を派遣したヤツ・・・「反軍感情」の強い沖縄の
「市民運動」に向け、軍隊を派遣した実績があります。そのことも忘れないで下さい…

ということで、今週22日に撒くビラ原稿が完成しました。(ブログへのアップロードは、また別途)
ご参考までに
1.自民党が大勝しても、沖縄は基地建設反対!
12月16日の衆議院総選挙では、自民党が「圧勝」しました。26日には安倍政権が発足することになって
います。しかし投票率が6割を切る中、自民党そのものの支持率は2割程度しかすぎず、そんな状態で過
半数を制する選挙制度そのものがおかしいのです。
沖縄では、沖縄2区で社民党の照屋寛徳氏が当選した外は、全て自民党議員です。一方、比例九州で共
産党の赤嶺聖賢氏と、未来の党の玉城デニー氏が復活当選しています。選挙では幸福実現党を除くほぼ
全ての候補者が、「基地建設反対、県外移設」を訴え(それを言わないと、沖縄では議員になれない)争点
化されなかったのです。沖縄世論の中には、実績のある自民党に米軍基地問題と経済問題を解決してもら
いたいというものもあるようです。沖縄の「世論」自体は変わっていません。
 
2.危険な安倍自民党政権…「ぶんご」派遣を忘れるな!
問題はやはり、「本土」の側にあります。自民党沖縄県蓮がいくら「県外移設」を主張しても、自民党執行部、
本土の自民党員は「日米同盟が大事」とばかりに、沖縄の願いをふみつけるでしょう。12月18日、沖縄防
衛局は辺野古埋立てのため、修正したアセスメント報告書を県に提出しました。名護市長、名護市民が反
対の意志を表明している中、また辺野古への新しい基地建設が始まろうとしています。
安倍は憲法改正を主張し、集団的自衛権を認める主張をもつ「タカ派」政治家であることは明らかです。しか
し本命の「憲法改正」を直ぐには進めず、デフレ脱却政策を粛々とこなして実績をあげつつ、参議院選挙での
「再勝利」を狙っています。しかし沖縄では「本土」の関心が低いことを良いことに、どしどし切り崩しや、反対
運動つぶしが行われるでしょう。いや、選挙期間中でも、東村高江では「オスプレイ」を訓練するためのヘリ
パッド建設は着々と進められているのです。現地の人を始め、沖縄各地から阻止行動が続けられています
が、なかなか守りきることができません。
それどころか、前回の安倍政権では、違法なアセスメント調査の阻止行動に対し、海上自衛隊の護衛艦「ぶ
んご」を派遣したことを忘れるわけにはいきません。この時も、衆参ともに自公が多数でした。  
「ぶんご」は5600t型の掃海母艦で、機雷敷設・撤去(機雷戦)を行う掃海艇の補給を行う、全長141mの
「軍艦」です。62口径72价荏速射砲1門、12.7丕12機関銃を持っています。毎年5月末 には、高松
港にやってくるそうです。
「自国民」に軍隊を差し向ける…そんなことを平気でできるのが、安倍政権です。
「ぶんご」と搭載し
ている72价荏射砲
これが沖縄の民衆に向けられた!
(ここで高松で撮影した「ぶんご」の写真と速射砲の写真が入る)
 
今、関西では脱原発の活動家が相次いで「逮捕される」という弾圧事件が起こっています。公安警察をあらか
じめ大量に動員し、「活動の中心人物」に狙いをつけて、大勢で取り囲み、混乱を作り出してから「公務執行妨
害」等を「でっちあげて」逮捕してゆくのです。中には2ヶ月も前に「大阪駅の構内を移動する際、JRの職員(こ
れも大勢で「嫌がらせ」のためについてきたそうです)ともめた」ことを「理由」に逮捕された大学の准教授も居ます。
 沖縄でも、普天間基地周辺や、辺野古、高江で抗議行動を続ける人たちを「逮捕」し、運動をつぶす・・・ある
いは大規模な「公共事業」と引換えに名護市民の「民意」を覆そうとする「工作」行われる可能性があります。
 家族、親戚、隣近所でいがみあう構造をつくりだす、あるいは沖縄県民の警察やガードマンが、同じ沖縄の
人を痛めつける…こんなことがまた繰り返されようとしています。
 
3.原点に帰り「辺野古基地建設撤回、普天間撤去」を!
情勢が不利になったからといって、あきらめてはいけません。おそらく沖縄の人たちはあきらめないでしょう。
辺野古基地建設反対は、1997年の名護市市民投票で明らかにされています。その後も紆余曲折を重ねな
がらも、座り込み阻止行動、反対運動が続いています。大浦湾に住む「ジュゴン」を保護するため、基地建設
に反対する運動も粘り強く続いています。嘉手納基地や普天間基地に対する「爆音訴訟」も進められていま
す。
 苦しい時こそ、原点に帰って、運動を続ける…困っている人、困難を抱えている人、悩んでいる人、怒って
いる人…今は幸せだけど、将来に不安のある人…もう一度「原点」に帰って、沖縄の人の声に耳を傾けてみ
ませんか?
 
                                               
ところで皆さんは、高松にアメリカ海兵隊の基地は、要りますか?
みんなで声をあげよう!沖縄に基地はいらない!
 「辺野古・普天間に基地はいらない高松行動」 e-mail: nisihansen at goo.jp (にしかわ)
  一人で勝手に毎月2回、土曜日商店街街宣!(今月は22日だけ)…来年もよろしくね(^^)
ブログもあります…http://takamatukoudou.blog130.fc2.com/…
 
いつもどおり、本文の引用、転載、ご意見、ご批判、イチャモンはご自由にどうぞ(^^)


CML メーリングリストの案内