Re: [CML 021595] 総選挙結果にとりあえず思うこと

hiko-1956 at h.zaq.jp hiko-1956 at h.zaq.jp
2012年 12月 18日 (火) 20:53:34 JST


浜田です。

泥さん、僕も理解しあえて嬉しいです。
理解し合えないだろう人たちもいるので、なおさら嬉しいです。

特に、最後の部分
「中小零細企業にとっては、節電は実際に窮屈でしたからね、原発動かしてくれないとやっていけないという実感はホンモノだと思います。」
ホンマです。東電は実際、病院やインフラまでも「計画停電」をやらかしましたからね。 

する必要がないのに。恫喝的効果を狙ってやったのだから、犯罪です。
東電の犯罪的な計画停電のおかげで、反発を恐れた関電は、計画停電の計画だけを一生懸命ああでもない、こうでもないと作成して公表するだけで終わりましたが
零細・中小企業は節電目標を決められて縛られたのだから一緒ですね。
関電からしか電気を買えない今の制度が問題なんだと、いくら言っても、今現在、首根っこ抑えられている人たちにとっては念仏でしかない。
確かにそうなんです(´_`。)

あと、前半の運動論の部分、共感しますので、ブログで紹介させて下さい。
ただし、
「おそらく警察は今頃、連絡先や支持者のリスト、資金状況などの資料を手に入れて、小躍りして喜んでいるでしょう。
 しかも参加者が減っているとのこと。
 まあ、そうなりますよねえ。」の部分は、
その言いまわしだけで、「減ってないし!」とか「事後逮捕っていう不当逮捕なんやから、しゃあないやん!警察を喜ばそうなんて思ってないし」という反発が容易に予想されるので

「 私たちの運動は権力に対峙するのが目的ではなく、市民に広く訴えかけるのが目的ですね。
 その市民は、必ずしも共感する人ばかりではありませんが、そういう人の中に共感を広げないと、運動の成功はおぼつかないと思います。

 具体的に言えば、庁舎の中で太鼓たたいて何かを叫ぶ人がいたら、普通の人は訴えに耳を貸す前に顔をしかめて耳をふさいでしまうのではないか。
 その程度の常識感が運動になければならないと思っています。
 庁舎で太鼓たたいたり、JRの注意を無視して宣伝すればガレキが止まるというのなら話は別ですが、そういうことではないと思うし。
 
 もちろん、おとなしく運動していても転び公防みたいな手口でやられることはあるのですが、どうせやられるんだからという理由でわざわざ弾圧のきっかけを作ってやる必要はないわけで。

 駅構内といえどもホーム内ではないし、市民共有の広場として使われている空間なのだから、そこで宣伝したって何が悪いんだと個人的には思います。
 しかし自分の見解が社会常識として定着していないこともわきまえています。
 私たち関電姫路支店前行動は、表門の抗議行動と別に、帰宅する社員に肉声で静かに訴えることを裏門の脇で続けています。
 つい熱が入って、裏門の真正面に立っていることがあり、するとガードマンから社員の移動を邪魔しないでくれと注意を受けます。
 杓子定規なことを言えば、自分たちが立っているのは天下の往来であって関電の規制が及ばない場所なんだから、ガードマンにとやかく言われる筋合いはないと突っぱねることもできますよね。
 だけど私たちは、ああ、ごめんごめん、と素直に従います。
 人の通り道をふさいでまで訴えをする権利は私たちにないし、そんなことをしても訴えの効果がないばかりか、かえって反発されるのが落ちだからです。

 下地先生たちも、なにもJRの敷地でやらなくても、ちょっとひさしの外に出ればそれでよかったわけです。
 激しく注意されてもコンコースでシュプレヒコールを上げて移動することに、どうしてそんなにこだわったのか、私には理解できません。
 無理なことをして警察の介入を招き、家宅捜査で資料を押収され、PCデータでメール履歴や名簿を持って行かれたらどれほどの打撃になるか、それを考えただけでも、まったく不用意な行動だったと思います。」
「 こういったことを反省できる運動であってほしいなと願います。」

という引用にさせていただきたいと思います。
よろしいでしょうか?

*******************
 浜田守彦 hiko-1956 at h.zaq.jp
    携帯 090-1915-0083
        hiko-1956 at ezweb.ne.jp
   ブログ http://ameblo.jp/hiko1956/
   「ひこぱぱ」で検索
   ツィッター @hiko1956
*******************



CML メーリングリストの案内