Re: [CML 021595] 総選挙結果にとりあえず思うこと

hiko-1956 at h.zaq.jp hiko-1956 at h.zaq.jp
2012年 12月 17日 (月) 18:51:32 JST


浜田です。

泥さん、お返事ありがとうございます。
「敗北主義」に関しては、僕の誤解がありました。謝罪しますm(_ _)m
僕は、「再稼働路線が確定的となったいま、実現しないとわかっている主張を続けるには」という字面に反応してしまったのです。
いやいや、まだ確定的ではないし!と思ったのです。
しかし、その後、『「負け犬の遠吠え」と思われない工夫が必要です。』と書いておられるので
泥さん自身が諦めてないことが分かります。
僕の誤解でした。

「肩すかしテクニックも予測して、警戒が必要」には、なるほどです。

しかし
「逮捕者を出したことだけが反省点」というのは誤解です。「だけ」なんて一言も書いていません。
しかも、反省点ではなく、弾圧が強化されてきた以上、犠牲を出さない工夫が必要だということを述べているにすぎません。
その工夫、具体的な工夫については、まだまだ考えが及ばないのですが・・・

また、『その不安に対して、「非暴力・不服従」というのは』と書かれていますが
非暴力・不服従を、その不安に対置させてはいません。
それも誤解です。僕は弾圧の強化に対して、非暴力・不服従という運動形態を対置し、しかもその内容にさらなる工夫が必要だと言っているのです。

「別な意味で僕は、これまでとは違うやり方を模索する必要を感じています。
それは弾圧の強化に対してです。」
「弾圧の嵐に対して、どう幅広い世論、運動を喚起していくのか?」

すでに、政府、関電の嘘八百に対する反論は明らかにされており、それを実証するのが、今現在、原発なくても電気が足りてるという事実です。
これを更に広範な人に知ってもらう宣伝を強化する必要性は当然であり、宣伝の方法もさらに工夫する必要があるというのは最もですが
それ以上に今、大阪で問題なのは、逮捕なんです。
現実に運動は委縮しています。参加者が明確に減っている。活動していた仲間が逃げていってしまっているのです。
そりゃあそうでしょう、関電前なんかは、週末気軽にコールしに集まったら、いきなり目の前で転び公妨が行われたのですから。
フツーの市民は恐怖に震えたと思います。

昨晩も、一般市民からその恐怖を取り除くのは、これは難儀やぞと話し合っていましたが、結論は出ない。ガレキも反原発も、特に3.11以後入ってきた人たちは、逮捕される覚悟なんて持っていません。当然です。

あと一つ、気づいたのですが
「いつまで窮屈な節電が必要なのか、その答えを満足に提示できなかったこともあるでしょう。」

これ、窮屈な節電と、泥さんご自身が認めてしまってるように感じるのですが、
また、文脈、字面だけで誤解してしまってはいけないので、お尋ねしておきます。

省エネ、エコは窮屈なものという政府の宣伝に乗っかってしまっている人への答えという意味ですよね。

*******************
 浜田守彦 hiko-1956 at h.zaq.jp
    携帯 090-1915-0083
        hiko-1956 at ezweb.ne.jp
   ブログ http://ameblo.jp/hiko1956/
   「ひこぱぱ」で検索
   ツィッター @hiko1956
*******************



CML メーリングリストの案内