[CML 021591] 【報告】第607日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2012年 12月 17日 (月) 07:51:56 JST


青柳行信です。12月 17日。

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!電本店前ひろば第607日目報告☆
    呼びかけ人賛同者 12月16日現在 総数2675名。
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。
   
★さよなら原発! 福岡
  http://bye-nukes.com/fukuoka 
   
★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★ 
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>

★ 横田つとむ さんから:
 青柳さま
選挙、残念な結果になりました。
自民のやりたい放題になりそうです。
危険です。
これからますます市民の運動が大事になって来そうです。
粘り強くやりましょう。

あんくるトム工房
選挙と師走    http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2191

★ 橋本左門さん<無核無兵・毎日一首> から:
 ☆犯人が敵失により「圧勝」す 原発推進の暗雲重く(左門 12・17−143)
  ※これから困難が増えると思われます。これからの取り組みが正念場です。
   スクラムを組んで立ち向かって参りましょう!黙示録8章12節以下の「苦蓬= 
   にがよもぎ=チェルノブイリ」」であることに変りは無いのです。どんな政権であっても
   即時ゼロにて、収束・停止・廃炉・安全処理に向かうしかないのですから・・・。 
   連帯してがんばりましょう!!! 

★ 越智基 さんから:
<前回の【報告メール】>拝啓、関西電力様 青田恵子さんの詩は「言霊」の叫びです
原発マネーに群がる(財界・官僚・政治屋)に送りたいほどです
あなた方は、本当に日本人か?と問いたい!
福島の人々がどんな思いで、正月を迎えるのか、日々の生活
をどんな思いで居るのか・・それを計り知ってこその政治と
思います いまだ持って原発再稼働を言う人は人間では
有りません「鬼」です 人間の皮をかぶった鬼です
古今東西、悪政は必ず滅ぶぞ!と思います

★ 坂井貴司 さんから:
◆(その1)九電本店前反原発テント座り込みに参加していないことをお詫び申し上げます。
 さて、今回の衆議院選挙は原発推進を行ってきた自民党の圧勝で終わりました。
福島第一原発の惨事の元を作った自民党が、再び権力を握ることになりました。
 
 発足する自民党政権は、原発再稼働と建設を推進します。同時に、反原発運へ
の弾圧を強化します。スラップ訴訟や様々な理由をつけて不当逮捕することは目
に見えています。
 反原発運動に対する権力の弾圧が激化することは間違いありません。
 これに対して、原発ゼロを目指す私たちは毅然とした態度で立ち向かうべきで
す。
 「衆議院選挙であなたちは勝った。だが、それは原発を原発を容認したわけで
はない。原発をゼロにするまで私達は戦い続ける」
 私は青柳さんを始め反原発の戦いをする人たちと最後まで連帯します。

◆(その2)自民・公明・維新の大勝利で衆議院選挙は終わりました。
 東京都知事選は、石原都政の継承を掲げた猪瀬直樹の勝利で終わりました。
 右派勢力が、日本と東京の権力を握ることになりました。
 これは3年前に投票した多くの人々の期待を、民主党が裏切った結果です。第
二自民党と化した民主党に多くの人々がそっぽを向いたのです。当然の帰結と言
えます。
 これから忙しくなります。
 首相となる安倍は、憲法改正や国防軍設置が国民の支持を受けたと称して、動
き回ります。原発再稼働や建設も推進します。オスプレイ配備の固定化は当然で
す。東日本大震災の復興事業利権の奪い合いも激しくなります。反原発などの市
民運動や労働運動への弾圧も強化します。橋下がやったような労組弾圧が全国で
行われるでしょう。
 この状況に対して、私達は唖然とする暇はありません。素早く反撃しなければ
なりません。
 具体的には、大衆運動と議員に対する陳情、ロビー活動の強化です。
  例えば、反原発デモを今以上にすべきです。警察による弾圧は苛烈なものにな
ると思いますけれど、それに対する対策をしっかりやって望むことが必要です。
 また。休眠状態にある各地の「憲法九条の会」の再生が必要です。
 私達ははっきり意思表示をする必要があります。
  「選挙ではあなたたちは勝った。しかし、それは白紙委任したわけではない。
あなたたちがやることに私たちはノーと言う。私達は屈服してはいない」

★ 和田峯(福岡県民主医療機関連合会事務局長)さんから:
<原発事故により
   避難をされているみなさんの相談会(無料)・交流会のご案内>

お疲れ様です。
この度、医師、弁護士等の体制が整い、原発被害による避難者の方々の相談会を
12月22日土曜日(下記参照)に開催できるはこびとなりました。
これまで繋がった避難者の方々を通してご案内していますが、こうした相談会の
開催は福岡では初めての企画になりますので、各団体におかれましてもお知り合いの
方がおられましたら、ご案内していただきますようお願い致します。
相談は、無料ですが事前申し込みが必要です。
尚、相談を受けるスタッフは、医師、弁護士、医療ソーシャルワーカーが各3名です。
また、臨床心理士(カウンセリング)も予定(調整中)しています。
以上、宜しくお願いします。

子どもの放射能の影響は大丈夫?」
「預貯金を取り崩しての生活。
もうすぐ底が尽きそうです…」
「首都圏から母子避難
していますが、これから
の子育てが心配…」

こんなお悩みはございませんか?
わたしたち専門家による「無料相談会」を実施します!
当日は、避難者どうし・避難者と支援者がつながる
「喫茶スペース」もご用意。九州産の食材を使います。
ちょっと立ち寄って、お話しするだけでも結構です。

日 時 12 月22 日(土) 14:00〜16:00
会 場 千代診療所(福岡市博多区千代5‐11‐38)
【アクセス】西鉄バス「千代5丁目」バス停下車 徒歩約5分
福岡市営地下鉄・箱崎線「千代県庁口」下車 徒歩約10 分
★主な内容★ ※予約制です。下記までお申し込み下さい。
・医師による医療・健康相談
・弁護士による住まい・くらし・雇用相談
・医療ソーシャルワーカーによる医療費等の相談
・臨床心理士によるカウンセリング(予定)
※相談時間については、
30 分以内を目安とさせて頂きます。
託児スペースをご用意しています。お子様連れの方もお気軽にどうぞ!(要予約)
=申し込み・お問い合わせ=
【主催】福岡県民主医療機関連合会
電話 092-483-0431 FAX 092-483-0435
E-mail fukuoka at f-kenren.or.jp
※お申し込みの際は、
・お名前
・ご連絡が取れる電話番号
・託児の有無 (「あり」の場合、子どもの人数・アレルギーの有無)
・ご相談したい内容 をお伝え下さい。

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
衆院選挙の日の明けた日、特別体制のため今朝の新聞はまだ来ません、ネットにある記事のみ紹介します。衆院選挙の結果は、以下のとおりです。
1.「自民290超、政権復帰 維新含め改憲派3分の2」東京新聞12/17 03:42
1’.「「東京から国に元気を」 都知事選当選の猪瀬さん」
1”.「藤村官房長官ら8閣僚が落選現憲法下で最多」
⇒http://www.tokyo-np.co.jp/
・・・・原発容認、改憲志向の勢力の台頭に驚きです。これからの運動の厳しさが予見されます。
さて、被災地フクシマ 福島民友では、
2.「脱原発で要請書を提出 IAEAに市民団体」(12/16 09:55)
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/1216/news5.html
3.「県とIAEAが覚書 福島に研修センター設置」(12/16 10:20) 
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/1216/news8.html
4.「世界への衝撃浮き彫り 原子力福島閣僚会議」(12/16 10:20)
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/1216/news9.html 
5.「被ばく対策など協定 政府とベラルーシが締結」(12/16 10:20)
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/1216/news11.html
他紙、 
6.「各党の「脱原発」に冷めた視線 福島事故収束作業の労働者」河北新報12/16 06:10)
⇒http://www.kahoku.co.jp/news/2012/12/20121216t63007.htm
7.「福島閣僚会議、専門家会合始まる 田中委員長「規制立て直す」 西日本12月16日 19:16
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/339210
脱原発の動き、
8.「<脱原発>福島で首長会議 現状など意見交換毎日新聞」 12月15日(土)21時13分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121215-00000054-mai-soci
9.「脱原発世界会議始まる 即時ゼロ実現 投票へゴー 東京 集会・パレード・被災地報告」しんぶん赤旗12月16日
⇒http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2012-12-16/2012121614_01_1.html

★ 松元 さんから:
みなさまへ   
ふくしま集団疎開裁判の会が、「日本政府とIAEAの福島閣僚会議に対する抗
議声明 」を発表しましたのでお知らせいたします。
******************************

2012年12月15日土曜日
【声明】日本政府とIAEAの福島閣僚会議に対する抗議声明
                                    
  2012年12月14日
玄葉光一郎 外務大臣 
                「ふくしま集団疎開裁判」の会                                  
                   代表 井上利男

日本政府とIAEAの福島閣僚会議に対する抗議声明

IAEAはもともと「原子力の平和利用を推進」つまり、原子力発電所を推進す
る目的で設立されたものです。
ところで、原子力発電所の推進をめざす側にとって、原発事故とりわけチェルノ
ブイリ事故や福島原発事故のような未曾有の人災事故は己の政策の致命 的な失
敗、破綻を意味します。彼らは原発事故を冷静中立に眺める立場にいないので
す。彼らは、否応なしに「原発事故は出来る限り小さい」と願わずにおれ いな
いの です。従って、このような立場にいる者が、原発事故の正確な検証、とり
わけ事故による住民や地球環境の甚大な被害を正確に検証することは極めて困
難であ り、本来できる筈がありません。住民や地球環境の甚大な被害を正確に
検証するためには、「原子力発電所の推進」という利害関係を持たない、真に中
立公正な 立場の者が実施すべきです。それは断じてIAEAではありません。

その最も雄弁な証拠がチェルノブイリ事故で果したIAEAの役割です。
IAEAは、チェルノブイリ事故において、「事故を極力小さく見せる」ため
に、ソ連 政府と緊密に連携して、一方で、事故の原因を、原子炉の構造的な欠
陥であることを隠すために、運転員の操作ミスという冤罪をねつ造し、運転員た
ち にいわれ のない罪と不名誉を負わせました。他方で、事故の被害である住民
の深刻な健康被害について、2001年、IAEAとWHOが主催したキエフ国
際会 議におけ るIAEA代表(A.ゴンザレス)の以下の発言(※)でも明ら
かな通り、原発事故との因果関係を徹底的に否定し、その結果、膨大な数の住民
とりわ け子ども たちが苦しみの中で救いの手を差し伸べられないまま放置さ
れ、亡くなりました。このソ連政府とIAEAの取組みは多くの市民に対し「身
体又は心身 の健康に 対して故意に重い苦痛を与え、又は重大な傷害を加えるも
の」であって、「国家もしくは集団によって一般の国民に対してなされた謀殺、
絶滅を目的と した大量 殺人、奴隷化、追放その他の非人道的行為」である人道
に対する罪に該当する集団人権侵害行為で、国際刑事裁判所で厳正に裁かれるべ
き重大犯罪で す。
ところが、IAEAは、今なお、チェルノブイリ事故で犯したこの犯罪について
正式に認め、謝罪していません。ということは、福島原発事故でも、 チェルノ
ブ イリ事故で果した役割をくり返す積りであることは明白です。しかし、私た
ちはチェルノブイリの真実がどこにあるか知っています。私たちは、二度 と、
決し て、チェルノブイリ事故で犯したIAEAの犯罪をくり返させることはし
ません。

IAEAを福島県郡山市に招待した日本政府と外務省が今行なうべきことは、
チェルノブイリ事故で犯したIAEAの犯罪を福島でくり返させないため に、
IAEAに改悛と謝罪を迫るべきである。それができないようなら、この会議を
中止すべきである。さもなければ、チェルノブイリ事故で犯した IAEAの犯
罪 を福島でもくり返すことになり、日本政府と外務省は自らも「人道に対する
罪」の犯罪者として国際刑事裁判所で裁かれるべき被告人の席につくことを 覚
悟すべ きである。

(※)2001年、IAEAとWHOが主催したキエフ国際会議における
IAEA代表(A.ゴンザレス)の発言(ドキュメンタリー「真実はどこに?」から)
☆http://www.youtube.com/watch?v=oryOrsOy6LI

我々は現在何を知っているのか?
実は新たな情報など何も無いのです
ここで賞金100万ドル級の難問を一つ
予想できない影響は測定もできないのに、本当にあると言えるのか
よくある質問です
私の回答はこうです
これは解決不能な科学認識論の問題で、直接理解する術はない
私達は知らないのです

★ 浜田守彦 さんから:
獄中の下地さんからの手紙です。
<11.13弾圧 救援会>
http://blog.goo.ne.jp/garekitaiho1113
本当に本当にありがとうございます。中では(想像していたより)快適に過ごしています。
スケジュールに管理された生活ですが、もともと、毎朝だいたい決まった時間に起きていたので、特に問題ありません。部屋では主に書き物。なので、本を読む時間は意外に短いか
も。あと、いつだか本を差し入れてくれた大阪市内の方、ありがとうございました。(でも、村上春樹は少し苦手かも<笑>)
取り調べは毎日あります。これは国家権力と対峙する瞬間、やはり緊張します。一人ではとても闘えない。でもたくさんの人が僕を支援してくださっているとのことで、そのおかげ
で闘える。本当にありがとう。
ごはんはベクしてますが(多分)、まあ我慢して食べてます。ヤバそうなのは、少し残します。そんな感じ。間食できないのは全然気にならないです。
中でも感じるのは、不当な逮捕、不当な勾留、そんな不当な仕事に従事すること、そのこと自体が残酷なことです。若い警察官たちを解放して,まっ当な仕事に専念できる世の中に
したい。そんな思いです。
大事なときに、ガレキのこと手伝えなくてごめん。でも皆さんを信じています。
2012.12.14 下地真樹 獄中にて
手紙現物:https://dl.dropbox.com/u/62615348/121214mojimojiletter.pdf

18日(火)拘留理由開示公判15:30〜大阪地裁604号法廷(本館6F)
多分、傍聴券配布は1時間前からです。
支援カンパとともに、傍聴できる人は是非結集して下さい。
傍聴券がなくとも、法廷の外の廊下にいてくれれば、誰かが交代してくれます。
まあ、それを許してくれればの話ですが・・・前回はOKでした。

○−−−−−集会等のお知らせ−−−−−○ 

●さよなら原発!福岡 例会●
日 時:12月20日(木)18:30から
場 所:福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)交流室
   http://jinken.city.fukuoka.jp/shisetsu/access.html
   福岡市博多区下川端町3番1号
   博多リバレイン リバレインオフィス10階
☆12・9 脱原発キャンドル・ウォークの振り返り
☆今後の活動

● 原発労災・梅田隆亮さん第4回口頭弁論 ●
日 時:12月26日(水)
場 所:福岡地方裁判所 (福岡市中央区城内1-1赤坂駅から徒歩5分)
    裁判開始:14:30 (301号大法廷)
支援カンパ: 郵便振替口座 01700−1−125911 
加入者名: 原発労働裁判・梅田さんを支える会
銀行振込:ゆうちょ銀行 一七九店(179)当座0125911

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○ 
     ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば★☆
 ツイッター フェイスブック ミクシー等で拡散よろしくお願いします。
    ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば ★☆
           午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設)
     ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
   場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1−82 
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
      ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211) ☆★

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
       青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内