Re: [CML 021571] お願い:下地氏逮捕を伝えた海外メディアの翻訳をお願いします

藤谷英男 fujithid at yahoo.co.jp
2012年 12月 16日 (日) 10:42:47 JST


浜田さん


相模原の藤谷です。


この記事は「放射能拡散に反対する市民を支援する会 」が署名を呼び掛けるサイト

http://keepcivicactivity.jimdo.com/

に掲載している日本文を「Fukushima Voice」が英訳したものではないでしょうか。

英文は、元の日本文の前半、「しかし、「駅構内を通り抜けた」行為が行われたのは
2か月近くも前のことであり、今になって逮捕するというのは非常に不自然です。
意図的な市民活動への弾圧であると考えざるを得ません。   」までを訳し、残りは
省略されているようです。

念のため、原文を上記サイトから切り取って貼り付けます。


 12月9日、阪南大学経済学部の下地真樹准教授が、大阪府警によって逮捕されました。この逮捕は、形式上も内容上も大変不当なものであり、市民の活動に対する明らかな弾圧です。   下地准教授らは、震災がれきに含まれる放射性物質やアスベストなど、本来焼却してはいけない有害物質を全国に拡げて焼却・埋立しようとする「震災がれき広域処理」政策に反対していました。大阪市は2月から焼却・埋立を開始しようとしています。  逮捕の経緯は次のようなものです。  10月17日、大阪市の震災がれき試験焼却に反対する市民有志(下地准教授含む)は、午後3時
 、大阪駅・東北角の歩道上に集まり、大阪市役所にむけて三々五々歩いて移動しました。その際に、大阪駅構内の東コンコースを北から南へ通り抜けており、この行為を根拠に逮捕されたようです。逮捕容疑は「鉄道営業法違反」「威力業務妨害」「不退去」です。  しかし、「駅構内を通り抜けた」行為が行われたのは2か月近くも前のことであり、今になって逮捕するというのは非常に不自然です。意図的な市民活動への弾圧であると考えざるを得ません。 
 下地准教授ら市民有志は、小さな子どもを持つお母さんたち、とりわけ福島・東北・関東から関西に避難移住して来られた人たちの不安な気持ちに寄り添い、放射能汚染の拡散を阻止するために活動をされてきました。福島原発事故は、膨大な人々の心身の健康と財産に被害を及ぼしました。適切な安全対策を行わず原発の運転を強行し続けた国と電力会社・原発メーカーなどの責任こそが問われなければならないはずです。 
 ところが、これら放射能を拡散させた国や企業の刑事責任は一切問われないままに、今回のように、放射能汚染の拡散に反対して声を上げることが刑事弾圧の対象にされているのです。このようなことは決して許されることではありません。既に大阪だけでも震災がれきの広域処理に反対した市民5名が逮捕され、長期にわたって拘留され、起訴されている人もいます。  私たちは、今回の不当逮捕に対し、厳重に抗議すると共に、即時釈放と謝罪を求めます。  2012年12月10日  放射能拡散に反対する市民を支援する会 

(文字化けしないかちょっと心配です)



----- Original Message -----
>From: "hiko-1956 at h.zaq.jp" <hiko-1956 at h.zaq.jp>
>To: CML <cml at list.jca.apc.org>
>Date: 2012/12/16, Sun 06:18
>Subject: [CML 021571] お願い:下地氏逮捕を伝えた海外メディアの翻訳をお願いします
>
>浜田です。
>
>下地さんの逮捕について、海外メディアが「国際的な市民運動への弾圧」?として報道してくれました。
>しかし、僕は英語は辞書片手でしか読めないので
>どなたか、ちゃちゃっと翻訳していただけないでしょうか?
>お願いしますm(_ _)m
>
>ENENews
>http://enenews.com/crackdown-japanese-professors-arrest-extremely-unjust-publicly-oppossed-burning-radiaoctive-debris
>
>Crackdown: Japanese professor’s arrest “extremely unjust” ? Publicly opposed burning of radioactive debris
>
>Title: Unjust Arrest of a Professor Opposing Debris Incineration in Osaka
>Source: Civic Activity (Organization supporting citizens opposing spread of radiation)
>Translation: Fukushima Voice
>Date: December 14, 2012
>
>[...] On December 9, 2012, Masaki Shimoji, an associate professor of economics at Hannan University was arrested by the Osaka Prefectural Police. This arrest is extremely unjust in form and content. It is clearly a crackdown on citizens’ movement.
>
>Professor Shimoji and others are opposing the “areawide management of the disaster debris” measure, which intended to spread, incinerate and bury harmful substances in the disaster debris all over Japan that should not be incinerated, such as radioactive material and asbestos. Osaka-city is trying to begin regular incineration and burial beginning in February 2013.
>
>The following is the timeline for the arrest:
>
>At 3 pm on October 17, 2012, voluntary citizens opposing to test incineration of disaster debris in Osaka-city, including associate professor Shimoji, gathered on the sidewalk outside the northeast corner of Osaka station. They began to walk towards Osaka city hall, walking through the east concourse inside Osaka station from north to south. This act was considered a “violation of Railway Operation Act,” “forcible obstruction of business, “ and ”non-withdrawal,” and used as charges for the arrest.
>
>However, this act of “walking through the station” was conducted nearly two months ago, and it is extremely unnatural for them to arrest him for it now. We can’t help but consider it as an intentional crackdown on citizens’ movement. [...]
>
>*******************
> 浜田守彦 hiko-1956 at h.zaq.jp
>    携帯 090-1915-0083
>        hiko-1956 at ezweb.ne.jp
>   ブログ http://ameblo.jp/hiko1956/
>   「ひこぱぱ」で検索
>   ツィッター @hiko1956
>*******************
>
>
>
 * * * * * * * * * * * * * * * * * *

藤谷 英男
FUJITANI, Hideo
e-mail: fujithid at yahoo.co.jp
* * * * * * * * * * * * * * * * * *


CML メーリングリストの案内