[CML 021565] Re: 脱原発選挙は改憲選挙のマヌーバー?

OHTA, Mitsumasa otasa at nifty.com
2012年 12月 16日 (日) 00:18:37 JST


ちゃらんけ(アイヌ語で「話し合い」の意味ですね?)さん

神奈川などでの取り組み、お疲れ様です。

私は告示後も拡声器を使って街頭で自民に入れるな、とアピールしています。

私が言いたいのは、当選できる脱原発候補の数が同じなら、核燃料サイクルを主張しない脱原発候補、憲法などの民主主義インフラを守る候補が断然マシだ、ということです。

脱原発候補があとギリギリで過半数を超え、脱原発の道が確実だ、とは言えない状況で、脱原発だけを争点にするのは、あまりにも危険です。

比例区定数の削減がなされれば、脱原発候補の当選はますます難しくなります。憲法、選挙制度などでもしっかりした国会活動をしてくれる議員が必要です。脱原発、憲法、選挙制度…いずれの課題でも議員の数で安泰だとは言えず、より確かな議員の言論が、市民運動の味方となります。

このような情勢なので、どうぞご理解ください。自民党支持者に対する訴えと脱原発派に対する訴えの2つが必要だと思います。

太田光征

(2012/12/15 22:18), Masa. wrote:
> 太田さん
> 
> 脱原発政党のネガティブキャンペーンを行うより、
> 原発や改憲推進の自民党をたたいた方が良いのではないですか?
> 
> 内ゲバ体質には、吐き気がします。
> 
> ちゃらんけ
> 
> (2012/12/15 12:48), OHTA, Mitsumasa wrote:
>> [転送・転載歓迎します。重複受信の際はご容赦ください。]
>>
>> 皆さん
>>
>> https://twitter.com/mitsu_ohta/status/279578715971809282
>> #東京都知事選 と #衆議院選挙 の争点(35)脱原発選挙は改憲選挙のマヌーバー? 原発破壊で自分が死ぬのはダメ、米国の戦争に日本が加担して他人を死なせるのはOK。憲法、地方自治(道州制・大阪都法=中央集権化)、選挙制度(平等な主権)…民主主義インフラの破壊はどうでもいい?
>>
>> 共産・社民の比例区擁立数より未来の獲得議席数が下回るかもしれない状況で、共産・社民を素っ飛ばして、核燃料サイクル派もいる未来を比例区で優先する意義は、ないだろうと思います。
>>
>> 法案提出権の観点から言っても、未来が40議席、共産・社民0(あり得ませんが)より、未来20議席、共産・社民計20議席の方が、断然に意義が高いと確信します。
>>
>> 以下も関連ツイッターです。
>>
>> 忌野清志郎「目覚まし時計は歌う-選挙ソング」http://goo.gl/8FI2m タイマーズ「メルトダウン」http://goo.gl/XVKaL 忌野は共産党に投票していたという。http://goo.gl/tvO4R
>>
>> @zinjoutarou #日本未来の党 の候補の中には核燃料サイクル継続を主張している人がいるので注意です。http://goo.gl/oz0au 改憲、集団的自衛権、比例区定数削減=主権格差拡大を主張する候補もズラリ。
>>
>> #東京都知事選 と #衆議院選挙 の争点(31)社民党は近畿ブロックに3人を擁立。市民と共に脱原発運動に取り組んできた服部良一氏の名簿順位は3位。比例区で未来などに票が集中し過ぎると、服部氏の当選確率は低くなる。
>>
>> #東京都知事選 と #衆議院選挙 の争点(30)#日本未来の党(3)近畿ブロック立候補者(小選挙区との重複含む)14人中、「改憲反対」「集団的自衛権の解釈見直さず」を両方とも満たすのは2人しかいない。毎日新聞ボートマッチhttp://goo.gl/2vtTn
>>
>> #東京都知事選 と #衆議院選挙 の争点(29)#日本未来の党(2)核燃料サイクル継続については各アンケで質問しきれていない。未来のなんちゃって脱原発候補の比例区復活が一番悲しい。比例区ではほかに当選できる脱原発政党があるのに。
>>
>> #東京都知事選 と #衆議院選挙 の争点(28)#日本未来の党(1)愛知13区の未来・小林興起氏(比例重複)は使用済み核燃料サイクルの継続を主張。中日新聞アンケhttp://goo.gl/YrkSQ 青森の横山北斗氏、中野渡詔子氏も。http://goo.gl/xgdeh
>>
>>
>> 太田光征
>> http://otasa.net/
>>
> 
> 


CML メーリングリストの案内