[CML 021557] 取調拒否権の思想(2)

Maeda Akira maeda at zokei.ac.jp
2012年 12月 15日 (土) 17:56:48 JST


前田 朗で す。

12月15日



転送歓迎

「取調拒否権の思想(2)」をブログにアップしました。

http://www.maeda-akira.net/

http://maeda-akira.blogspot.jp/2012/12/blog-post_15.html

少し法律用語 が多くて、読みにくいかもしれません。

しかし、脱原 発潰しの不当逮捕は誰に襲いかかるかわかりません。中心的活動
家だけが逮捕されるとは限りません。市民の自己防衛のために、黙秘権を知っ
ておくことは重要です。

黙秘権を行使 するか、行使しないかは、具体的な状況で判断できます。しか
し、黙秘権を知らなければ、選択の余地がありません。

代用監獄を利 用して取調べとセットになった密室・人質司法の現実は、数々の
冤罪事件で明らかな通りです。

代用監獄実態 のアンケートは下記をご覧ください。

http://maeda-akira.blogspot.jp/2009/11/blog-post_6617.html

http://maeda-akira.blogspot.jp/2009/11/blog-post_4456.html

http://maeda-akira.blogspot.jp/2009/11/blog-post_6144.html



CML メーリングリストの案内