[CML 021538] 取調拒否権の思想(1)−−不当逮捕とたたかう黙秘権の理論と実践

Maeda Akira maeda at zokei.ac.jp
2012年 12月 14日 (金) 11:48:02 JST


前田 朗です。

12月14日

転送歓迎

各地で脱原発を求めるデモや集会に対する弾圧が続いています。


中心メンバーを狙い撃ちにした無法不当逮捕も起きています。

何もしていなくても、現場にいただけで言いがかり逮捕する時代です。


でっち上げ、不当逮捕、不当捜索、自白強要の不当取調べ、嫌がらせ目的の無法
取調べがなされます。

不当逮捕された場合の、でっち上げ防止、冤罪防止のためには黙秘権行使が大切
です。


黙秘権行使のためには、黙秘権の思想を学び、取調拒否権を知り、出房拒否とい
う方法もあることを知ることが重要です。

そのための基礎知識を数回にわたってブログにアップします。

「無 法不当逮捕とたたかう黙秘権と取調拒否権のために」

http://maeda-akira.blogspot.jp/2012/12/blog-post_13.html

「取 調拒否権の思想(1)」

http://maeda-akira.blogspot.jp/2012/12/blog-post_1549.html



CML メーリングリストの案内