[CML 021492] 【報告】第602日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2012年 12月 12日 (水) 08:00:49 JST


青柳行信です。12月 12日。

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!電本店前ひろば第602日目報告☆
    呼びかけ人賛同者 12月11日現在 総数2674名。
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】12月11日3名。
   木島順子 木島美幸 中嶋由香 
★さよなら原発! 福岡
  http://bye-nukes.com/fukuoka 
   
★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★ 
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>

★ 横田つとむ さんから:
 青柳さま
お疲れさまです。
選挙、各党の政策を見ていますが、中には政策を十分に語れない人、
驚くことに 新聞のアンケートに 回答できてない人もいるようです。
政策を語らずして、名前の連呼などもってのほかです。

原発 消費税、TPP、経済復興、日米安全保障など、きちんとチェックしましょう。
あんくるトム工房 
百花争鳴    http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2184

★ 橋本左門さん<無核無兵・毎日一首> から:
 ☆敗れても山河ありしを今の世は原発栄えて山河剥ぎ棄て(左門 12・11−137) 
  ※子どもらの遊ぶところ、農業・林業の場・山菜を採る山野、全てを剥ぎ取って除染
  (実は「移染」)しなければならない。この気の遠くなる膨大な作業が続く。河川も海も
  汚染しているが剥ぎようが無い。自然力の「移染」に任せるしかない。東電の犯罪の甚大
  なることまさに海山のごとし!

★ 西山進 さんから:
青柳行信様
 とうとう600日を突破しましたね。雨にも負けず風にも負けずご苦労様でした。
 まだ終わったわけではありませんが、私も「被団協」新聞に書き続けている
 連載漫画「おり鶴さん」が400回を超えました。
 月刊ですから33年を超えます。全国から励ましをいた だいて嬉しくありました。
 
 9日の須崎公園は寒かったですね、震えあがりました。
 ピースボートの人たちがが来るというので懐かしく、わくわくしながら会場に到着しました。
 
 あれは2005年でした。
 ムルロア環礁のフランスの核実験による犠牲者、ムルロアの被曝者との交流を終って、私はタヒチのパペーテからハワイのホノルルまでピースボートに乗船しました。
 船の中で「核兵器について」の勉強をしながらで8日間、若い人たちと毎日を送りました。
 私は原爆を話し、「核兵器や放射能」についてお芝居などやりながら勉強をしました。歌もありました。
 楽しかったですね。船の中で私は「アボジ、アボジ」と韓国の学生たちに親しまれ、ホノルルで下船した時、別れがつらく、彼らは言ぺ木の私にいつまでもいつまでも手を振って
 いました。

 あれから7年。舞台で「原発をなくせ」を訴えるピースボート若者に、胸がキューンと熱くなりました。
 あの日からずーつとつながっているような錯覚を抱きながら、ハングル語の「スミダ!」という語尾を懐かしく聞きました。これこそが本当の絆。
 やがて「原発いらない」「金より命」のシュプレヒコールを響かせて、パレードは、街の中へ、折からにぎあう天神界隈の人たちの熱いまなざしには見守られながら進みました。

 「未来は明るい」そう感じたのは私だけではない、そう思いました。
  企画されたスタッフのみなさん本当にありがとうございました。

★ 石川治子 さんから:
青柳さま
ご無沙汰しています。寒くなりましたがお元気で活躍しておられること、感謝しています。
絆について、タンポポ舎のメルマガで流れたものですが、大切だと思ったので、とっておいたものです。
ご参考まで。
(タンポポ舎 メルマガ編集部・注     この記事は、5月18日の東京新聞からの抜粋ですが、他に見られない文章なので掲載しました)
「絆」という言葉に思うこと
 「つながり」というよりも、むしろ何かを繋縛(けいばく)するもの     <鷲田 清一(わしだ・きよかず)>
         哲学者、大谷大教授

幽霊のように、いま、この時代に一番必要なこととして、流通している言葉がある。「絆」。
 だれがだれに向けて呼びかけている言葉なのか、わたしにはよくわからない。そうした「呼びかけ」の言葉をまわりで耳にしたこともない。とすると、東北の被災地へボランティ
アに駆けつける人々のモチベーション(やる気)を挙げるための言葉なのだろうか。(中略)わたしには、何が具体的に必要かくっきり見えているときに、人々のあいだでそのよう
な比喩の言葉を必要とするとは思えないのだが。
 比喩というのは、「絆」がもともと「馬・犬・鷹など、動物をつなぎとめる綱」(広辞苑)を意味する言葉だからである。「絆」とは「つながり」というよりも、むしろ何かを繋
縛(けいばく)するものであることは、いまはさておく。じっさい、「格差」を強く意識させられ、孤独のなかで貧困に向き合っている人たちは、それに抗う言葉を発しこそすれ
「絆」の回復を、とは口にはしないだろう。

−−−言論界などで流通
 とすれば、「絆」は、正当団体や慈善団体をもふくめ、報道メディアや出版界など言論を生業とする人たちのあいだで流通している言葉のように思えてならない。「つながり」を
否定する人はいないから、だれも表だって反対できない匿名の言葉として流通しているだけのように思えてならない。(中略)

−−−分断の認識を深めよ
 いま必要なのは、「絆」というイメージの言語でその分断に被いをかけることではなく、むしろその分断の、ひいては「格差」の認識を、さらに深めることではないだろうか。他
者とのあいだに厳然と存在する溝の深さをさらに細部にわたって知ること、これは痛い認識である。けれどもそれを通じてしか、ほんとうに必要なものは見えてこない。痛みを「分
かちもつ」ことはその先にしかありえないとおもう。「絆」という言葉の被いは、多様性の前提となる差異の存在を覆い隠すものになってはならない。

★ 日本カトリック正義と平和協議会正義と平和協議会 さんから:
2012年12月4日-7日、
原子力に関する宗教者国際会議が福島県いわき市・会津若松市で開催され、
決議文「 NO!原子力福島からの信仰宣言 2012」を発表しました。
http://www.jccjp.org/jccjp/home_files/aizu%20fukushima%202012.12..pdf

★ 崔 勝久 さんから:
◆福井から敦賀原発廃炉の報道を見て 
http://www.oklos-che.com/2012/12/blog-post_12.html?spref=tw 
福井の地で反原発運動をやる友人からは敦賀廃炉の報道はどのように
見えるのか、率直な感想を記した投稿がありました。

◆戦後日本において原発体制とはいかなるものであったのかー武藤一羊さんからの引用
http://www.oklos-che.com/2012/12/blog-post_11.html

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
一昨日、原子力規制委が踏み込んだ方向を示したが、建設時にこのようなことがあったと、昨日の夕刊は伝えています、また、こんなことが露見しました、とんでもないです、、
1.「敦賀の問題の断層、過去に調査 日本原電が2号機建設時」 西日本夕刊12月11日 06:42
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/338293
そして、矢継ぎ早に次のような動きです、
2.「日本原電、規制委に公開質問状 敦賀の活断層で」 日経12/11 17:23 
⇒http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD110BP_R11C12A2000000/
記事「・・・増田副社長は、・・・・日本原電の独自調査を『何ら考慮していない。科学的根拠を含めた説明とはいえない』と強調。追加調査を実施して、改めて規制委の判断を仰
ぎたいと主張した。」
・・・・規制委側にも廃炉まで決めて進めさせる権限がないともいうし、当事者がこのようでは先が思いやられます。このことが、次のようなことに早速影響しています、経済界は
まさに金だけで動きます、
3.「電力株が軒並み下落 関電は一時10%安」日経12/11 13:33
⇒http://www.nikkei.com/article/DGXNASGD1100I_R11C12A2EB2000/
記事「・・・廃炉なら日本原電の経営に与える影響は大きく、同社に出資する電力各社の損失につながるとの思惑が出て売りが優勢になった。」
4.「日本原電を2段階格下げ−JCR」時事通信 12/1118:03
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2012121100723
さて、被災地フクシマ 福島民友では、
5.「(大熊)町の未来、不透明 『うちのほかも帰ってくるのか』」(12/11 09:15)
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/1211/news7.html 
記事「再編初日、住み慣れたわが家に足を運び、帰るその日のために準備する町民の姿があった。」
6.「看護学部」新設へ準備 福島学院大が県内私大初」(12/11 09:15)
 ⇒http://www.minyu-net.com/news/news/1211/news10.html
7.「年間積算平均1.14ミリシーベルト 川俣・子ども線量測定」(12/11 09:15)
 ⇒http://www.minyu-net.com/news/news/1211/news11.html
・・・記述されている評価には疑問です。子供たちをモルモットにだけはしないで下さい。
8.「井戸川氏が会長辞任 双葉町村会、後任に山田広野町長」(12/11 08:45)
 ⇒http://www.minyu-net.com/news/news/1211/news3.html
9.「2地域居住制限「不可」 葛尾村要望に政府回答」(12/11 08:45)
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/1211/news4.html
・・・村が分断されても対応の困難性が増すだけ、もう勝手な線引きはやめて、帰れないと宣言してあげたほうがいいと思う。このままでは先が見えない。
他紙、
10.「全村避難の飯舘村、帰村宣言『2014年秋頃』」読売新聞 12月11日(火)20時43分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121211-00001217-yom-soci
・・・気持ちは痛いほど分かりますが・・・・?
11.「原発事故で妻が欧州に帰国 避難費など170万円賠償」河北新報2/11 06:10
⇒http://www.kahoku.co.jp/news/2012/12/20121211t63015.htm
12.「双葉病院の震災関連死遺族提訴へ 東電に慰謝料求め」 西日本12月11日 23:41
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/338422
・・・避難中に50人の亡くなったという病院です、その後もこのことが影響して死期を早められた人もいるはずですが・・・。
13.「1号機も近く見解=敦賀原発の活断層−規制委」時事通信12/1116:39
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2012121100629
14.「浜岡5号機、『再稼働禁止を』=777人が仮処分申請−静岡地裁」時事通信12/1118:26
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2012121100757
15、「九電グループの地熱発電所 インドネシアで2基稼働」西日本電子版12月12日 03時00分 更新
⇒http://qbiz.jp/article/9536/1/ ←有料ページ
記事「九州電力グループの西日本技術開発(福岡市)は11日、コンサルタント業務を受注しているインドネシア・スマトラ島のウルブル地熱発電所2基が完成し、運転を始めたと
発表した。出力は計11万キロワットで、大分県九重町にある国内最大の九州電力八丁原発電所と同規模。」
16.「九電など値上げで 専門調査会始動西日本電子版12月12日 03時00分 更新
⇒http://qbiz.jp/article/9519/1/ ←有料ページ
記事「内閣府の消費者委員会は11日、九州電力と関西電力の電気料金値上げ申請の妥当性を消費者目線で検討する専門調査会の初会合を開いた。両社の担当者から経営状況や値上
げ申請の理由を聞いた委員からは「一般消費者により分かりやすく説明すべきだ」などの指摘が相次いだ。
今届いた朝刊では、一面左上ににシリーズ「九電 九州 考」として、
17.「『衆院選動けぬ』九電経営陣 もたれ合い厳しい目」西日本電子版12月12日 03時00分 更新
⇒http://qbiz.jp/article/9524/1/   ←有料ページ
記事(経営側だけでなく労組も)、「・・・・・脱原発労組も冷める」・・・・「九電労組はこれまで、上部組織の連合と歩調を合わせて九州内の民主候補をほとんど推薦してきた
が、今回の推薦数は前回から約3割も減った。推薦している候補でも、エネルギー政策への考え方などを踏まえ、組合員への投票呼び掛けや、事務所へのボランティア派遣といった
支援に濃淡が出ている。根底には、『電力業界を目の敵にした』(関係者)民主党に対する強い不信感がある。」「選挙戦も終盤。民主党に強い逆風が吹く中、連合や推薦する陣営
側からもう一段のてこ入れを要請されることもある。「組合員にはお願いはするが、動くかどうかは分からない。盛り上がりがない」。労組幹部の表情は、どこか冷めていた。」 
すぐ下に、
18.「九電、複数不動産売却へ 値上げ申請委 きょう報告 城南クラブなど」
5面に
19.社説、「原発の活断層 科学的な判断を評価する」
14.15面経済欄に、3.と15.の記事、32面社会欄に14.の記事、33面に17.の関連記事として、
20.「九電労組『再稼動』で候補選別 鹿児島県内与党の4人 容認の2人のみ推薦」

★ 金子 譲 さんから:
【Oneness TV:環境ジャーナリスト青木泰氏 北九州瓦礫問題質問書提出・記者会見】
2012年12月10日北九州市役所での、環境ジャーナリスト青木泰氏による瓦礫問題質問書提出、
およびその後の記者会見の中継アーカイブです。
http://t.co/jO84QYTc

★ 久留米の中村さんから:
ご無沙汰してます
敦賀の件がいろいろ書かれてますが、スケープゴートにならないか心配ですね。
日本原子力側のコメントさえ演技に思えてなりません。

★ 石垣敏夫 さんから:
みなさん、青柳 行信 さん
お世話様
福井敦賀原発、活断層は
自民党歴代の国民ダマシの一端、
騙し続けた自民党、再稼動の民主党
の責任追及と議員の辞職を要求しましょう。
                      
<私たちはもうダマされません>
☆原発神話で  国民ダマした     自民党
フクシマで  謝罪をしない     自民党
原子力ムラ  張本人の      自民党
命より    原発進める      自民党
人道上の罪  理解できない  自民党
米国に    物が言えない    自民党
米国の    手足にされてる   自民党
沖縄を    踏み続けている   自民党
貧富格差   拡大させた     自民党
9条なくし   改憲狙う        自民党
国防軍へ   徴兵制へと    自民党
軍拡重税   生活破壊の     自民党

☆消費税   主権者ダマした  民主党
消費増税  自公と手を組む    民主党
消費税   弱者をイジメル   民主党
再稼動   コリズに続ける    民主党
被災者の  心わからぬ       民主党
TPP   農・医・保・破壊の        民主党
米軍基地  撤去できない          民主党

☆戦争の   悲惨さ知らず    維新の党
 核保持と   改憲狙う           維新の党
 米国へ   自立を言えない    維新の党
 TPP    民主と変わらず    維新の党
 脱原発   ゴマカシ続ける    維新の党
 アジアとの  対立あおる       維新の党
2012.12.10 市民が求め創るマニフェストの会 
048−686−7398 (石垣) 0798−20−5450 (池邊)

★ 太田光征 さんから:
広瀬隆『原発ゼロ社会へ!新エネルギー論』(集英社新書)より。
米国では2009年、原発はLNG(液化天然ガス)より高かった(マサチューセッツ工科大学)。
卸電気事業者の日本原子力発電の単価は石炭・水力発電のJパワーの単価より高い(2012年4月、同志社大学・室田武教授)。
一般用エンジン発電機(自家発電機)の生産量(経済産業省)は2012年6月までの1年半で1062万kW、原発10基分を超える(→少なくともピーク時対策としては十分)。
*
【広瀬隆さんから】最重要・関西電力と全電力会社の2012年夏の電力需給実績 : 日々雑感
http://hibi-zakkan.net/archives/15300209.html
http://ok-life.sakura.ne.jp/sblo_files/hibi-zakkan/image/09E69C8808E697A5E996A2E99BBBE99C80E7B5A6E78AB6E6B381.pdf
関電は7月6〜9日にかけて火力発電所を8基384万キロワットも休止して、供給力を故意に落とした。
関電は8月3日に今夏の最大需要2689万kWを記録。供給力は2763万kW(火力供給力を1470万kWから1433万kWに落としているので、37万kWを加えると、実際は2800万kW)。
当日にほかの電力会社が関電に融通したのは160万kW。関電を除く西日本5社の余裕は計669万kWもあった。つまり、さらに669-160=509万kWも増やせた。
東電の最大需要は8月30日の5078万kWで、供給力は5771万kW。余力は693万kW、12%となる。東北電、北電に十分な量を融通できる(本州と北海道の間は60万kWを融通可)。

○−−−−−集会等のお知らせ−−−−−○ 

●さよなら原発!福岡 例会●
日 時:12月20日(木)18:30から
場 所:福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)交流室
   http://jinken.city.fukuoka.jp/shisetsu/access.html
   福岡市博多区下川端町3番1号
   博多リバレイン リバレインオフィス10階
☆今後の活動

● 原発労災・梅田隆亮さん第4回口頭弁論 ●
日 時:12月26日(水)
場 所:福岡地方裁判所 (福岡市中央区城内1-1赤坂駅から徒歩5分)
    裁判開始:14:30 (301号大法廷)
支援カンパ: 郵便振替口座 01700−1−125911 
加入者名: 原発労働裁判・梅田さんを支える会
銀行振込:ゆうちょ銀行 一七九店(179)当座0125911

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○ 
     ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば★☆
 ツイッター フェイスブック ミクシー等で拡散よろしくお願いします。
    ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば ★☆
           午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設)
     ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
   場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1−82 
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
      ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211) ☆★

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
       青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内