[CML 021488] Fw:【ニャーグさんセミナー変更】⇒【IAEAがやってくる!~IAEAとは? 日本に適用される被ばく基準とは?】

杉原浩司(Koji Sugihara) kojis at agate.plala.or.jp
2012年 12月 12日 (水) 00:54:35 JST


東京の杉原浩司(福島原発事故緊急会議/緑の党 Greens Japan)です。
直前ですみませんが、転送します。[転送・転載歓迎]

-----------------------------------------------

みなさま(重複失礼します。拡散希望)

FoE Japanの満田です。
12/12、12/13に予定していたセミナー「チェルノブイリ事故後のウクライナ:現
場の医師は警告する」は、講師のアンゲリーナ・ニャーグさんの急病のために中
止となりました。たいへん申し訳ありません。なお、12/15-16の脱原発世界会議
2への参加については現在調整中です。
12/14のアレクセイ・ヤブロコフ博士講演会は予定通り実施します。

かわりに同じ日時と場所で、下記の緊急セミナーを開催します。
こちらもたいへん貴重なセミナーです。ぜひご参加ください。
--------------------------------------
「IAEAがやってくる!~IAEAとは? 日本に適用される被ばく基準とは?」
http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/post-06bf.html
(12/12@東京、12/13@福島)
--------------------------------------

12月15日17日にIAEAと日本政府共催で、原子力安全に関する福島閣僚会議が開催
されます。IAEAとはそもそもどんな組織なのでしょうか?チェルノブイリでの多
くの疾患がIAEAによって切り捨てられてきましたが、その実態はどのようなもの
だったのでしょうか?
長年オーストリアでIAEAに対峙してきたラインハルト・ウーリヒさん、WHOのあ
るべき姿を追求してきたIndependent WHOのクリストフ・エランさんにお話しを
うかがい、原子力規制委員会が持ち込もうとしているIAEAのとんでもない被ばく
基準について、フクロウの会の阪上武さんが報告します。

<東京>
日時:2012年12月12日(水) 18:30-20:30
会場:会議室 内海 2F教室 (千代田区三崎町3-6-15)
http://www.kaigishitsu.co.jp/company/access.html
最寄駅:水道橋駅、飯田橋駅、九段下駅、神保町駅など
参加費:500円(申込み不要)

<福島>
日時:2012年12月13日(木) 18:30-20:30
場所:福島テルサ あぶくま (福島市上町4-25)
http://www.f-shinkoukousha.or.jp/terrsa/access.html
参加費:無料(申込み不要)

プログラム<共通>

「IAEAとは?-チェルノブイリで果たした役割」
 ~ラインハルトウーリヒ/FoEオーストリア
 ~クリストフ・エラン/Independent WHO
「IAEAの被ばく基準とは?」
「うやむやにされた内部被ばくと尿検査~福島県県民健康管理調査」
 ~阪上武/福島老朽原発を考える会

主催:福島ぽかぽかプロジェクト、FoE Japan、福島老朽原発を考える会
問合せ:FoE Japan 渡辺  Tel: 03-6907-7217 Email: finance at foejapan.org

↓↓↓こちらは予定通り実施します!↓↓↓
----------------------------------
12/14 アレクセイ・ヤブロコフ博士講演会
「低線量被ばくの健康影響:国際機関の放射線安全概念を問う」
http://www.foejapan.org/energy/evt/121214.html
12月14日(金)18:30-20:30@水道橋
----------------------------------
脱原発世界会議2も、引き続きよろしく!
12/15・16 Nuclear Free Now
脱原発世界会議2
2012年12月15日(土)~16日(日)
会場:東商ホール、イイノカンファレンスセンター(ルームA)(日比谷)
http://www.npfree.jp/global-conference2/program.html
テーマA.原子力を規制する
 ポール・ガンター(アメリカ)原子炉専門家。  ビヨンド・ニュークリア 他
テーマB.チェルノブイリに学ぶ  
 アレクセイ・ヤブロコフ(ロシア)ロシア科学アカデミー
           『チェルノブイリ 大惨事が人々と環境に与えた影響』編著者
  アンゲリーナ・ニャーグ(ウクライナ)「チェルノブイリの医師」協会(調整中) 




テーマC.脱原発社会のつくり方  キム・へジョン(韓国)環境運動連動/FoE韓国
  アンドレイ・オザロフスキー(リトアニア)国民投票運動
 モニカ・ゾッペ(イタリア)国民投票運動
  ミランダ・シュラーズ(ドイツ)ベルリン自由大学  独エネルギー倫理委員会メンバー
ご参加いただくには、チケット(有料)が必要です。事前チケットがオンラインで購入可能。
詳しくは脱原発世界会議のウェブサイトをご覧ください。  ⇒http://npfree.jp 



CML メーリングリストの案内