[CML 021477] 原発問題で姫路環境局長が問題発言

泥憲和 n.doro at himesou.jp
2012年 12月 11日 (火) 15:43:58 JST


BCCで一斉送信いたします。

先日、原発問題に関して保守の議員から関電姫路支店前行動を批判する質問がなされました。

それに対する環境局長の答弁が公務員の立場を顧みない度はずれてひどいものなので、ご紹介いたします。

選挙情勢を受けて、自民党復帰間近という期待に後押しされての傲慢発言ではないでしょうか。
選挙最終盤、ますます脱原発候補の勝利をめざさなくては。

なお本日、日本共産党市会議員から、この発言の撤回を求める質問がなされていることも、合わせてお知らせいたします。

【環境局長答弁】

 原発の問題でございますが、何度も申し上げております。
 ただ使用済み燃料の問題については、私個人的には、この原発問題があって、この問題が提起されたとは思っておりません。
 日本国内で従前からこの問題はあったと思います。
 それがありながら、原発は従前より稼働していたということを考えれば、これと、核燃料を、使用済み核燃料の問題を同一視するのはいかがなものかと考えておりますし、また原発の問題で心配される方、昨年来官邸前とか国会議事堂前でいろいろ脱原発を騒がれておられた方がおられますが、私個人としましたら、ああいうものを大きな電源設備を持った音響施設で叫ばれるぐらいなら、肉声で叫んでいただきたいというぐらいの気持ちで取り組んでいただきたいというような気はしてございます。



CML メーリングリストの案内