[CML 021458] 【12・10防衛省緊急抗議行動】

FURUSHO furusho at mail.hinocatv.ne.jp
2012年 12月 10日 (月) 12:06:33 JST


古荘です。

Bccで送ります。

いつも緊急でスミマセン。


(拡散希望)
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
【12・10防衛省緊急抗議行動】
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
北朝鮮の「人工衛星打ち上げ」を
口実にした沖縄・南西諸島への
自衛隊の強行配備に断固反対
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
<日時>12月10日(月)18時30分〜
<場所>防衛省正門前集合
地下鉄・JR「四ツ谷」「市ヶ谷」駅10分
http://www.mod.go.jp/j/profile/mod_sdf/access.html
★各個人団体で抗議要請文を持ち寄ってください。
防衛省へ申し入れをします。
プラカードなど用意してアピールしましょう!
<呼びかけ>
 日本政府は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の
「人工衛星打ち上げ」を口実として、前回4月同様、沖縄
4ヶ所にPAC3を強行配備しました。空自那覇基地、
空自知念分屯基地、空自宮古島分屯基地、石垣島新港
地区の各地にPAC3、与那国島、多良間島には「災害
救援」と称して部隊を配備。また、迎撃ミサイル(SW3)を
装備したイージス艦3隻を沖縄周辺海域と日本海に配備
しました。
 これは、沖縄に自衛隊と米軍をさらに配備増強するため
の有事の恒常化であり、いわゆる、新防衛大綱でいう
「島與防衛・南西諸島防衛」の強化です。そして、与那国
島への陸上自衛隊沿岸監視部隊配備に向けた地ならし
でもあるでしょう。
 今与那国では自衛隊基地建設に反対して、予定地の
防衛省への売却の取り消しを求めて住民監査請求をし、
誘致派議員の指名リコールへ向けて新たな運動を展開し
ています。
 与那国改革会議の闘いに呼応して、北朝鮮の「人工
衛星打ち上げ」を口実にした自衛隊の強行配備に断固
反対し、防衛省へ緊急抗議します。
 ぜひ、参加を!
***************
沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック
http://www.jca.apc.org/HHK/
電話090-3910-4140
***************

-- 
FURUSHO <furusho at mail.hinocatv.ne.jp>



CML メーリングリストの案内