[CML 021379] ●詳報・韓国大統領選TV討論

kenju watanabe nrc07479 at nifty.com
2012年 12月 6日 (木) 22:23:05 JST


日韓ネット@渡辺です。  BCCおよび複数のMLに送ります(重複ご容赦)

さる4日に韓国大統領候補による第1回TV討論会が開かれましたが、韓国インターネットニュースサイト「統一ニュース」で紹介されているその詳報を日韓ネットのブログにアップしましたのでぜひご覧ください。

http://nikkan-net.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/124tv-e385.html

大統領TV討論に出席したのは文在寅(ムン・ジェイン)民主統合党候補、朴槿恵(パク・クネ)セヌリ党候補、そして李正姫(イ・ジョンヒ)統合進歩党候補の3人です。

*朝日新聞などは写真からわざわざ李正姫さんをカットし、記事もムン、パクの2人しか立候補していないかのように報じられていました。

確かに事実上、ムン候補とパク候補の一騎打ちの大統領選ですが、今回イ候補は、労働者・民衆が置かれている状況を明らかにし、その立場に立つ進歩政治をアピールしつつパク・クネ候補を絶対に大統領にしないという決意で立候補したといいます。今回のTV討論でも「外交の基本は主権を守ることだ。 忠誠血書を書いて日本軍将校になった高木正雄、誰のこと 
かみんなが知っている。 韓国名、朴正熙。 軍事クーデターを起こし屈辱的な韓日協定を押しつけた張本人」であり、パク候補も父・パク・チョンヒを継承しているのではないかと鋭く迫りました。ホータルサイトの検索では「李正姫」、「高木正雄」が1位、2位になるなど大いにインパクトを与えています。

このTV討論で出た「高木正雄」の反響についてはハンギョレ新聞などでも報じています。 

ハンギョレ新聞日本語版 http://japan.hani.co.kr/arti/politics/13483.html

イ候補は、公式のTV討論などで自らの主張を訴えることで進歩勢力への支持の再結集を図りながらも、政権交代の実現のため最終的にはムン候補に一本化するものと私たちは見ています。元々野党圏連帯の提唱者ですから。
*****************************************
日韓民衆連帯全国ネットワーク
東京都文京区小石川1-1-10-105
TEL・FAX  03-5684-0194
E-mail  nikkan_net_japan at yahoo.co.jp
blog  http://nikkan-net.cocolog-nifty.com/blog/
*****************************************


CML メーリングリストの案内