[CML 021324] 12/8(土)韓国の民主化と在日韓国人元良心囚の再審裁判の現状と課題(第28回社会運動ユニオニズム研究会)

pkurbys at yahoo.co.jp pkurbys at yahoo.co.jp
2012年 12月 4日 (火) 06:58:12 JST


紅林進です。

12月8日(土)に法政大学市ヶ谷校舎で開催されます下記研究会の
ご案内を転載させていただきます。

要参加申込みのようです。(下記参照)

参加申込み:資料準備の都合上、12月5日までに研究会事務局・高須宛に
ご一報下さい。h_takasu(a)jca.apc.org
(a)を半角の@に置き換えて送信下さい。

 
(以下、PARC会員MLより転載)
==============================
第28回社会運動ユニオニズム研究会
  
http://socialmovementunionism.blogspot.com/


日 時:2012年12月8日(土)13:30 – 17:00
場 所:法政大学市ヶ谷校舎80年館7階角会議室(図書館のある建物)
地 図:http://www.hosei.ac.jp/gaiyo/campus/ichigaya/index.html
共 催:法政大学大原社会問題研究所
    一橋大学大学院社会学研究科フェアレイバー研究教育センター
    明治大学労働教育メディア研究センター
    Labor Now

テーマ:韓国の民主化と在日韓国人元良心囚の再審裁判の現状と課題
報 告:金元重さん(千葉商科大学教員、Labor Now会員)

参加申込み:資料準備の都合上、12月5日までに研究会事務局・高須宛に
ご一報下さい。
h_takasu(a)jca.apc.org
(a)を半角の@に置き換えて送信下さい。
  

金元重さんは1975年、韓国ソウル大大学院に母国留学中に、「留学生学園浸透
スパイ団事件」の一人として中央情報部によって拘束され、起訴されて懲役7年の
有罪判決を受け大田刑務所で服役、1982年12月刑期を終え出所しました。事件
から36年後の2011年4月再審申請をし、今年(2012年)3月29日ソウル
高等法院で再審無罪判決を受けました。

今回の研究会では、1970年代朴正煕(パクチョンヒ)政権の維新体制期に生じた
在日韓国人留学生スパイ事件の背景や経緯、裁判と獄中での生活、今回再審を
受けるようになった金元重さんの体験を語ってもらうと同時に、2000年代に入って
韓国で急速に進んだ「過去の出来事の真実究明と清算・和解」をめぐる一連の
民主化の動きについて報告してもらいます。ご関心ある方のご参加を呼びかけます。

参考文献:木村貢「韓国『民主化』のなかの在日韓国人:スパイ捏造事件-
四半世紀のときを超えて」『世界』2012年10月号

当日はUstreamによる中継と録画保存を予定しています。
http://www.ustream.tv/channel/labor-now-tv

==============================


CML メーリングリストの案内