[CML 021307] TPPに関するヒラリー・クリントンの演説

泥憲和 n.doro at himesou.jp
2012年 12月 3日 (月) 13:04:35 JST


アメリカのねらいが極めて率直に語られています。
翻訳は自信ないので、どなたか改善してください。

TPPに関するヒラリー・クリントンの演説
(於シンガポール 2012.11.17)
http://m.state.gov/md200664.htm

The third major area of focus for economic statecraft is commercial
diplomacy that boosts US exports, opens new markets, and levels the playing
field for American businesses.
 国の経済政策の焦点である第3の主要エリアは、米国の輸出を後押しする商業外交であり、新たな市場を開くことであり、アメリカ企業が活躍する場のレベル(を高める)ことである。

It's about rebalancing the global economy so Americans export more, Asians
import more, and we avoid financial crises and build middle classes.
  それは世界経済のバランスの組み替えであり、もっとアメリカは輸出し、アジアは輸入し、金融危機を回避して中産階層を増やすことである。
 

So, the United States is stepping up our game, using our network of more
than 270 embassies and consulates to advocate for American firms, and help
achieve President Obama's goal of doubling US exports in 5 years.
 合衆国は、270以上の大使館と領事館という我が国のネットワークを活用して、アメリカ企業を擁護する体制を強化し、5年間でアメリカの輸出を倍増させるというオバマ大統領の目標実現を推進する

Back in Washington, we have convened conferences bringing together business
leaders and government officials from more than 100 countries.
We're proud to go to bat for the Boeings and Chevrons and General Motors and
so many others.
 ワシントンに戻り、私たちは、世界100カ国以上のビジネスリーダーや政府関係者を集めた会議を招集した。
 私たちはボーイングやシェブロンやゼネラル・モーターズや他の多くの企業のために戦うことを誇りに思う。

As Ambassador Adelman said, "I've been in the business of advancing American
leadership for a long time now. I've seen the ups and downs firsthand, our
greatest triumphs and our wrenching heartbreaks. And through it all, I've
only grown more convinced that our global leadership depends on our economic
strength, and more confident that the United States has what it takes to
keep leading in the 21st century."
 大使エーデルマンが語ったように、
"私は長い間、アメリカのリーダーシップを推進することを仕事にしてきた。
私はじかに浮き沈みを、偉大な勝利と胸の張り裂ける(出来事)を目撃した。
そしてそれらすべてを通して、私は我々の世界的なリーダーシップが私たちの経済力に依存していることをより確信し成長してきた。
そして米国は、21世紀をリードし続けるために必要なものを持っていることをより確信する。"



CML メーリングリストの案内