[CML 019572] 明日9/1(土)「国際水映画祭2012」特別シンポ『水俣と福島―水・海・魚の放射能汚染とどう向き合うか』@国連大学

pkurbys at yahoo.co.jp pkurbys at yahoo.co.jp
2012年 8月 31日 (金) 03:40:29 JST


紅林進です。
 
明日9月1日(土)に東京・青山の国連大学において「国際水映画祭2012」
が開催されますが、その中の特別シンポジウムとして、『水俣と福島―
水・海・魚の放射能汚染とどう向き合うか』が開催されます。
 
なおこの)「国際水映画祭2012」http://www.parc-jp.org/mizu_eiga/
では「水」をめぐる様々な環境・社会問題を取り上げた各国の映画が
上映されます。詳しくは上記サイトをご覧ください。
 
そのご案内をアジア太平洋資料センたー(PARC)の会員MLより転載
させていただきます。
 
(以下転載)
===============================
【転載・転送歓迎!】
 
○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○。o○
○o。国際水映画祭2012・特別シンポジウム
○o。 
○o。   『水俣と福島』
○o。      水・海・魚の放射能汚染とどう向き合うか
○o。
○o。       http://www.parc-jp.org/mizu_eiga/movie/detail_22.html
○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○ o。.。o○。o○
 
【『水俣と福島』概要】
■日時:9/1(土)18:00-20:00
■場所:国際連合大学(UNU)
■入場料:映画祭の入場料のみ
 
★パネリスト
高岡 滋(神経内科リハビリテーション協立クリニック)
花岡和佳男(グリーンピース・ジャパン 海洋生態系問題担当)
★コーディネーター
細川弘明(アジア太平洋資料センター代表理事)
 
3月11日に起こった東日本大震災による福島第一原発事故によって、
放射線汚染物質が河川・海に流れ出るという事態が生じてしまいました。
いったいどれくらいの量が流れ出たのか、どこまで到達しているのか、
そして、健康や環境への影響はどのようなものになるのか。
海に流れ出た放射能汚染の実態はまだまだ明らかではなく、私たちは
計測を続け、実証的なデータに基づいて行動していく必要があります。
一方で、私たちは水俣病などの「公害」を経てきました。時を隔てて異なる
企業が引き起こした災害の皮肉な共通点から学ぶことができるものは
何でしょうか。国際水映画祭・特別シンポジウム『水俣と福島』では、
長年、水俣病の臨床と研究に取り組んできた神経内科医の高岡滋さんと、
グリーンピースで福島第一原発事故に由来する海洋生態系および魚介類
の放射能汚染問題に取り組む花岡和佳男さんをパネリストに迎え討論を
行ないます。コーディネーターはアジア太平洋資料センター共同代表の
細川弘明さんに務めていただきます。みなさんの来場をお待ちしています。
※特別シンポジウムは、国際水映画祭2012の一環として開催されます。
 
【国際水映画祭 概要】
●日時:2012年9月1日(土)10:00~20:00
●会場:国際連合大学(UNU)
     アクセス・地図 http://www.parc-jp.org/mizu_eiga/access.html
●参加費:当日券:2500円 (25歳以下:2000円)
        前売券:2000円(高校生以下:無料)    
  ※当日券・25歳以下の方は年齢が証明できるものをご提示ください。
  ※前売券・高校生以下は事前申込のみに限ります。
 
●チケットお申込み&お問い合わせ
国際水映画祭実行委員会
〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町1-7-11 PARC気付
TEL.03-5209-3455  FAX.03-5209-3453
E-mail: office at parc-jp.org
http://www.parc-jp.org/mizu_eiga/
Twitter : mizu_eiga
 
●主催:国際水映画祭実行委員会
(NPO法人アジア太平洋資料センター〈PARC〉/NPO法人メコン・ウォッチ
/国際有機農業映画祭運営委員会)
●後援:国際連合大学(UNU)
●協力:有限会社アップリンク/ラテン・ビート映画祭
 
【上映作品】※詳しい作品紹介・上映時間帯はウェブをご覧ください。
■雨さえも―ボリビアの熱い一日 (2010年/スペイン・フランス・メキシコ)
■クルード―アマゾンの原油流出パニック (2009年/米国)
■今日はよき日 (2011年/インドネシア)
■川を継ぐ者 (2010年/インド)
■未来への診断書―水俣病と原田正純の50年 (2010年/日本)
 
【特別シンポジウム】
■水俣と福島 ―水・海・魚の放射能汚染とどう向き合うか
★高岡 滋(神経内科リハビリテーション協立クリニック)
★花岡和佳男(グリーンピース・ジャパン 海洋生態系問題担当)
★コーディネーター:細川弘明(アジア太平洋資料センター代表理事)
【先行プレミアム上映会+スペシャルトーク@UPLINK】
「水は誰のもの?―民営化に揺らぐボリビア先住民の暮らしから考える」
●日時:2012年8月31日(金)19:00~22:00(予定)
●会場:アップリンク
●チケット:1500円
●上映作品:『雨さえも―ボリビアの熱い一日』
      (2010年/スペイン・フランス・メキシコ)
●トーク:太田昌国さん(民族問題研究家)
===============================
以上です


CML メーリングリストの案内