[CML 019556] 【報告】第498日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2012年 8月 30日 (木) 07:45:21 JST


青柳行信です。8月 30日。
ひろば、8月は昼12時から。(土・日曜・休日は閉設)

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第498日目報告☆
    呼びかけ人賛同 8月29日現在 総数2491。
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。  
     
★ さよなら原発! 9・23福岡集会  http://bye-nukes.com/fukuoka 
     チラシ・ダウンロードコピーできます。↑
★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★ 
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さま
おつかれさま でした
台風の影響で、昨日まで テントは お休みでした。

あんくるトム工房
再び オスプレイ    http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2023

★ 橋本左門 さんから:
  無核無兵・毎日一首
☆横須賀の原子力空母が粗相せりジョージは律儀な少年なりしに(左門 8・29−33)
 ※プロテスタンティズムの禁欲倫理を捨てて以来、粗相どころでない迷惑=
  国家主権の侵害までやらかしているのだから。空母・原潜で原発が数基になる。 

★ 宮崎 Small Brian (スモール、ブライアン) さんから:
青柳様、
 体に気をつけて頑張ってください。
ぜひ体にいいもの、環境と社会にもいいものをテント・ひろばの皆さんと分かち合ってください!
いつから土呂久ででもお話できたらいいですね。
 ぜひ、原発なし! 公害なし!の暮らしをめざしていきましょう。
 またよろしくお願いします。

★ 音成(ねしげ)さんから:
お疲れ様です。
一般人で、原発擁護してなくても、反対と言えない方の多くは、
「原発をとめると、経済が打撃を受ける。Co2排出が多くなる。
自然エネルギーでは賄えない」などの脅しに、心が揺れているのだと思います。
彼らを原発反対に動かすためには、原発がなくても十二分に経済や環境は安定
するということを立証することが必要です。
それには送電線分離が不可欠です。
原発再稼働反対運動と同時に送電線分離の運動も展開しましょう。

★ 崔 勝久 さんから:
投稿:原発を告発することは、この負の政策・歴史の流れ全体に、ノーということ ー福井の中野さんより
http://www.oklos-che.com/2012/08/blog-post_29.html

福井で反原発の運動をしながら日本社会のあり方を模索する中野さんから、ご自身のことに
に触れながら、再稼働反対の運動のあり方について書かれています。みなさんにご紹介します。

★ 諸留(モロトメ)能興(ヨシオキ) さんから:
広瀬隆氏の
〜最重要・関西電力と全電力会社の2012年夏の電力需給実績〜
と題する、以下のURL 「日々雑感」
http://hibi-zakkan.net/archives/15300209.html

で、【電力が足りないから原発が必要だ!】の主張が
大嘘だったことを、グラフ・各種統計資料を駆使して
広瀬隆氏も詳細に証明しています。

 電力会社の複雑な電力需給データを
手際よく整理し、いわゆる「電気が不足するから原発はやむを得ない」
といった電力会社や政府、自治体、マスコミ、エセ学者や評論家たちの
一方的なデマ情報や、科学的実証的根拠の無い
「電力不足論」の主張を、軽々しく「鵜呑み」する前に、
 広瀬隆氏のこの力作の一読を、是非お奨めします。

 なお、広瀬隆氏のこの資料は「転載・引用・配布すべて自由」
となっております。共感できる方は、拡散複写配布も大歓迎。
      ********
自分自身のことでも、
自分の世代のことでもなく、
来るべき世代の、私たちの孫や、
まだ生まれてもいない大地からやってくる
新しい生命に思いを馳せる。
(アメリカ先住民インディアンの古老の言葉)

★ 木村 さんから:
プフルークバイル講演会と討論会のお知らせ
―チェルノブイリとフクシマ、そして未来世代を考えよう―
     どなたでも歓迎
講師:セバスチャン・プフルークバイルさん
通訳:ミヒャエラ・マンケ(西南学院大学教授)
日時:2012年9月2日(日曜)午後3時00分より
場所:日本バプテスト福岡基督教会(福岡市西公園登り口の右側手前)
主催:福岡地方バプテスト連合社会委員会
問い合わせ:興津(おきつ・090-1974-2614)
入場カンパ;500円

セバスチャン・プフルークバイルさんの経歴
セバスチャンさんはドイツ放射線防護協会会長で医療分野の物理学者です。
昨年10月と今年の3月にも来日して、チェルノブイリ事故による欧州各地と
福島原発事故による低線量被曝の比較研究を精力的に進めています。
1946年生まれ、インゲさんらとの共著に、核戦争防止国際医師会議(IPPNW)
ドイツ支部刊の『チェルノブイリ原発事故がもたらしたこれだけの人体被害
(松崎道幸監訳、矢ケ崎克馬解題、合同出版、2012年3月)』があります。

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
きょうは、よい天気になりそうです。
昨夜、テレビのニュースで九電が「再稼働の必要」をどこかの団体に回答した旨を伝えていたのが気になります。今朝の西日本新聞朝刊では、九電関連の記事が多数あり、そこから
紹介していきます。次の記事、九電は、さてはこうした情報が背景にあって先のような態度を表明したかな、と。
一面に、左隅下に、
1.「玄海一号機『健全』 保安院 原子炉劣化で報告書」
・・・大事な記事だが、ネットには見出せない。原子炉の材料が経年劣化しているもっとも危険と指摘されてきたことに対して、「十分健全である」と議論を打ち切った、と。3面
に、
2.「評価する談話 佐賀知事発表 玄海一号機報告書」
・・・こういうときの反応は早い、知事が「運転開始から58年まで健全」という報告書を評価した、とあります。
28面社会欄に、
3.「九電、計画的廃炉へ 『政策踏まえて対応』 申入れに回答」
・・・・・・テレビでのニュースはこれです、「玄海」と「川内」の計画的廃炉を求めていた原水爆禁止九州ブロック連絡協議会や佐賀、鹿児島両県の市民団体に対して、「国の新
たなエネルギー政策を踏まえて対応する」、「廃炉は考えていない」と(強気の)回答した、と。早速、先の保安院の報告を引用しているようです。すぐ横に、これはネットにもあ
りましたが、
4.「原発協定案 『事前了解』なし 九電と唐津市」、ネットでは、
5.「立地自治体並み」及ばず 佐賀・唐津市の原子力協定 」西日本8月29日 19:58
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/321174
・・・・紙面の記事には、「市幹部は『脱原発の風潮の中で、将来的な新設や増設は考えられず、事前了解まで求める必要はない』と語ったとありますが、ほんとうにそんなこと
言っていいのか、と思います。まだ、政府は「脱原発」とは言っていないのに。すぐ下に、
6.「市町職員向けに原子力研修 佐賀県」 西日本8月29日 21:01
記事「・・・九州電力玄海原発(佐賀県玄海町)がある佐賀県は29日、県内の市町や出先機関の職員を対象とした原子力に関する研修会を佐賀市で開いた。東京電力福島第1原発
事故後、住民から放射線などへの問い合わせが相次いでいるため企画した。」
・・・・くれぐれも、微量の線量は問題ないと言わないでください。
7.きょうの「九電のでんき予報」は、86%とあります。もう十分に足りています。
きょうの社説は、6面に、
8、社説「脱原発 堂々巡りを断ち切るには」
・・・・・・「脱原発」と「脱原発依存」の違いについて、触れ、「脱原発依存」という言葉の曖昧さを指摘しています。詳しくは、明日次のところで確認してください。
社説検索⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/column/syasetu/

さて、きょうの一面のトップは、次の記事です。他のページも関連記事がたくさん、
9.「南海トラフ死者最大32万人想定 30都府県、津波犠牲が7割」 西日本8月29日 18:07
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/321136http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/321137http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/321135
・・・・・3面に、「19メートル波 浜岡原発襲う 建設中の防潮堤を越える」という見出しが見えます。浜岡は、ほんとうに早く何とかしないいけない、使用済み核燃料の保管も危
ないです。
以下、ネットにあって紙面にない記事を紹介します。
10.「被ばく年1ミリシーベルト以下に=ノーベル平和賞団体が勧告−東京」時事ドットコム08/29-12:22
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2012082900430
記事「・・・子どもや妊婦の被ばく線量を年間1ミリシーベルト以下に抑えることなどを日本政府に勧告した。・・・」「さらに、『原子力ムラの腐敗した影響力が広がっている』
と指摘。放射線の健康影響について、正確な情報の公開が妨げられているとの懸念を表明した」
11.「原発事故・宮城集団賠償請求 『2億円被害』に支払い3万円」河北新報 8月29日(水)6時10分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120829-00000005-khks-l04
12.「東電答弁書、争う姿勢 福島の不動産会社損賠訴訟」福島民友8月29日 
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/0829/news3.html
13.「東電賠償による税負担増回避へ 一括払いで経産省方針 」西日本8月28日 21:03 
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/321005
記事「・・・東電は7月、避難指示区域の事業者の営業損害は3〜5年分、サラリーマンが働けない損害は2年分を一括で支払う方針を公表。賠償金を一括で受け取れば、法人税や
所得税の納税額が増える恐れがあったため対策が必要と判断した。」
・・・・・アメ・ムチ織り交ぜて対応してますが、もとは「原発の人為ミスによる事故」です、もっと誠意をもって手厚い対応をしてください。
14.「大飯原発再稼働訴訟で口頭弁論 大阪地裁、国は争う姿勢」 西日本8月29日 12:54
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/321113
15.「福井県内原発準立地も事故補償へ 関西電力など自治体側に改定案」福井新聞8月29日午前7時23分
⇒http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/nuclearpower/36590.html
記事「・・・関西電力など3電力事業者が原発準立地の福井県小浜市、若狭町、越前町、南越前町と結んでいる原子力安全協定をめぐり、新たに事故時の補償などを盛り込むことが
28日分かった。9月14日にも事業者が自治体側に改定案を示す見通し。」
16.「島根原発で安全協定締結を要求 30キロ圏内の3市長 」西日本8月29日 13:26
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/321090
18.「四国電、4〜9月期で赤字転落へ 中間配当見送り 」西日本8月29日 19:32 
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/321164

昨日の訂正です。5.の記事の中で「・・・早く霞ヶ関周辺の行動をオアさえ込もうという意図・・・」⇒「・・・早く霞ヶ関周辺の行動を押さえ込もうという意図・・・」の間違
いです。

★ 河内謙策 さんから:
 緊急ニュースです。
昨日午後5時から開催された参議院本会議で、只今、首相問責決議案が可決されました。
首相問責決議案可決→首相の居直り→野党の審議拒否→国会の事実上の休会、が予想されています。もしそうなれば、田中俊一氏らの原子力規制委員会の人事案件は、国会で審議で
きなくなりますから、原発推進派のたくらんでいた田中俊一氏らの原子力規制委員会人事の国会同意可決の陰謀は粉砕されたことになります。
 
もちろん、原子力規制委員会の人事を原発推進派に有利なものにして、
原子力規制委員会のお墨付きのもとに原発再稼動へ突撃するというのは、原発推進派の戦略ですから、今回の勝利は最終の勝利ではありません。今後も、いろんなことが起こりうる
と思います。休会中でも国会が開かれることはないか、原子力規制委員会設置法に抜け穴がないか等を調査し、判明次第またお知らせいたします。

今回の勝利は、国民的議論のもとに新エネルギー戦略を策定するといっていた政府の陰謀が粉砕されたことに続く画期的な勝利と思います。暑い中を奮闘された皆さん、本当にご苦
労様でした。私たちの周囲には、「脱原発の運動をやってもダメではないか」とか「私が意思表示をしても世の中は変わらない」とペシミスティックな見解をもっている人や、自分
たちの運動の前進面はあまり問題にしないで、原発推進派の陰謀や手口を過度に心配する人もいます。そのような人たちに、今回の勝利を知らせ、大きな輪を作って、おおらかに前
進しましょう。                     

★ 田島 さんから:
【規制委員会人事案】国会議員アンケート速報(現在回答71名)、8月28日朝現在(衆参別、回答順)
http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/post-7039.html

[CML 019548]
<テント日誌 8/26(日) ――経産省前テントひろば 351日目――>から
現在、前述の団体とeシフト、Shut泊、美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会らが呼び掛け団体となって、国会議員に対して規制委員会人事案への態度を問うアンケートが行われ
ています。
回答結果が随時「避難の権利ブログ」http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/post-7039.html?に掲載されますので、人事案を通さないように、皆様の地元の国会議
員、政党への働きかけを積極的に行って下さい。国民をないがしろにした原子力規制委員会人事案を撤回させましょう! 

★ 歌野 さんから:
脱原発の動きが流動的です。意見聴取会や官邸前行動が政府・政治屋どもを動かしているのは間違いないですが、中途半端に決められていけば、虎視眈々と狙っている推進派のシナ
リオが図太く残る可能性が高いでしょう。ここはひとつひとつの再稼働を精一杯阻止していくしかないと思います。
夏の陣から秋の陣へ。まだまだ手が抜けません。

★ 黒木 さんから:
<原発ゼロ、簡単に言えぬ=野田首相「安保絡む」時事通信 8月28日(火)23時36分配信>
 野田佳彦首相は28日夜、都内の焼き鳥店で衆院当選1回議員15人と会食した。原発依存度を将来ゼロにすべきだとの意見が出たのに対し、首相は「安全保障の問題が絡むので、簡単
に原発ゼロとは言えない」と否定的な見解を示した。
 また、先に自民党の谷垣禎一総裁と会談した際、衆院解散時期をめぐって密約を交わしたのではないかとの見方があることについては「密約はしていない」と重ねて強調。その上
で「やるべきことを淡々とやっていく」と述べ、9月の党代表選での再選に意欲をにじませた。 

<東電、会議映像を提出…原発事故の株主代表訴訟 読売新聞 8月30日(木)0時7分配信>
 東京電力福島第一原発事故を巡り、同社の個人株主が旧経営陣の責任を追及している株主代表訴訟の進行協議が29日、東京地裁(垣内正裁判長)であり、東電が事故直後に記録
したテレビ会議の映像のコピーを地裁に提出することで合意した。原告側は「映像が消去される恐れがある」として証拠保全を申し立てていたが、この日の合意を受け、申し立てを
取り下げた。
 原告側によると、提出されたのは、昨年3月11日〜31日に初期対応を検討していたテレビ会議の映像で、東電本店や福島第二原発に残っていたもの。DVDなど150枚分
で、一部の映像や音声が欠落しているとされる。

 原告側は「記録の分析で経営陣の責任を明らかにできる」としており、今後は、原告側が立証に必要な部分を特定して東電に開示を求め、同社が提供した記録について、地裁が保
管しているものと比較して改ざんの有無などを確認する。

 東電が開示を拒否した場合は、原告側が地裁に対し、東電に提出命令を出すよう申し立てる。地裁が命令しても東電が従わない場合は、20万円以下の過料に処せられる。
 原告側代理人の河合弘之弁護士は協議後に記者会見し、「煩雑な手続きだが、国民の共有財産である記録を東電が消去・改ざんできなくなったのは大きな成果だ」と語った。

 テレビ会議映像を巡っては、東電が社内資料だとして公表を拒否。枝野経済産業相の指示で報道機関に公開されたが、対象は11〜16日の延べ約150時間分に限られ、音声や
映像が加工されるなど、「不十分な情報公開だ」と批判されていた。

★ 中田 さんから:
◆◇-------------------------------------------------------------------------------------------------◆◇
  報道ステーション 2012.8.27。■作家・浅田次郎に聞く “原発と日本人” - デイリーモーション動画
  久しぶりに、ことばの持つ力のひとつ、ひとつのすごさに、胸がふるえ、涙がこぼれそうになりました。
◆◇-------------------------------------------------------------------------------------------------◆◇
  感動します。 浅田氏:「子どもは、”未来”そのものだ。だから目に見える未来がそこにある。」と。
  話のやりとりを追うなかで。古館氏の、今までのイメージと違う、何かみごとな脱皮、変容にも気づかされました。 
  深く考えさせられる、全体がほんと、いい内容です。お薦めです。放送を見逃した方はお早めに
********************************************************************************************
■作家・浅田次郎に聞く “原発と日本人” - デイリーモーション動画
■http://ceron.jp/url/www.dailymotion.com/video/xt3f0x_yy-yyyyyyy-yyyyyy_news (紹介ブログ・動画)http://www.dailymotion.com/video/xt3f0x_yy-yyyyyyy-yyyyyy_news)
報道ステーション 2012.8.27。日本ペンクラブが「私は原発に反対します」という本を出した。ペンクラブ会長で作家の浅田次郎さんに、お話をきいた。今年4月、浅田氏はチェル
ノブイリに行った。石棺となっているチェルノブイリを、浅田氏は灰色のマトリョーシカだと言う。もっと表示 閉じる ニュース&政治 福島第一原発, 原発事故27-08-2012c 2005 - 
2012 Dailymotion ...[続きを読む]

★ 新田秀樹(ピースリンク広島・呉・岩国)  さん:
下記講演会を開催します。ぜひご参加ください。
------
〜伊方原発は廃炉!再稼働は許さない〜
「伊方原発と瀬戸内海洋汚染」
=豊かな海を毒壺にするな=

2011年3月11日の東日本大震災による東電福島第一原発事故は
広大な地域を放射能で汚染しました。現在でも16万人もの人が避難
生活を余儀なくされ、多くの人々が被曝線量限度を一方的に引き上げ
られた中での生活を強制されています。さらに史上初めて放射能汚染水
が直接、海に流入し、太平洋沿岸、とりわけ世界三大漁場の一つを
広範囲に汚染しました。

この原発事故の十分な検証もないまま、大飯原発を再稼働させ、次の
ターゲットは愛媛県の伊方原発だと言われています。伊方原発は広島
から約100キロ、しかも国内最大の閉鎖性の強い瀬戸内海に建つ原発
です。仮に伊方で福島と同じことが起こればその被害は想像を絶するもの
だと容易に想像がつきます。また、原発は正常運転時でも微量であっても
放射性物質や化学物質を含む排水を出しています。

伊方原発による瀬戸内海の海洋汚染について、福島事故に伴う海洋
汚染を踏まえながら、専門家の立場から検証していただきます。海を毒壺
とみなす人類の行為に対する生命の母・海からの警告を受け止めようとの
観点からお話してもらいます。

日時:2012年 9月15日(土) 17:00〜19:30
講師:湯浅一郎さん(NPO法人ピースデポ代表、環瀬戸内海会議顧問)
場所:広島市市民交流プラザ北館6F・マルチメディアスタジオ
   (中区袋町6−36 袋町小学校となり)
特別報告:福島からの避難者「全国福島原発事故告訴団から」
参加費:1000円 
主催:入れるな核艦船!飛ばすな核攻撃機!ピースリンク広島・呉・岩国
(連絡先 090−3373−5083 広島世話人新田秀樹)
共催:伊方原発の再稼働を許さない市民ネットワーク・広島
  :上関原発止めよう!広島ネットワーク

○−−−−−集会のお知らせ−−−−−○ 

● チェルノブイリ・ドイツ・フクシマ ●
   真実はどこに…?
日 時  9月1日(土)18:30〜
会 場  福岡市民会館 小ホール福岡市中央区天神5-1-23
  地図 http://tinyurl.com/8cyqfyz
資料代  500円
第1部 現地調査報告
    飯舘村や浪江町、南相馬市や郡山市など視察、現地の被害者や営農者た
ちの生の声。
第2部 「チェルノブイリ・ドイツ・フクシマ」真実を求めて
         ドイツの理学博士でドイツ放射線防護協会会長を務めるセバスティア
ン・プフルークバイルさんの話。
         「3.11」以降数回にわたり福島を訪れ、精力的に調査。この日も福島
での調査後の講演。
主 催  原発なくそう!九州玄海訴訟
協 賛  さよなら原発!福岡集会実行委員会、 核・ウラン兵器廃絶キャン
ペーン福岡 
連絡先(近藤)E-mail kondouh-y at f-daichi.jp
詳細: http://tinyurl.com/8q86jzs

● さよなら原発! 9・23福岡集会 ● 
日 時:9月23日(日)
    14:00 集会開始 15:00デモ出発
場 所:福岡市・冷泉公園 
 さよなら原発! 福岡集会  http://bye-nukes.com/fukuoka 

● 元原発労働者の梅田隆亮さんの労災認定を求める裁判 ●
    第3回口頭弁論期日
10月10日(水)14:30 福岡地方裁判所303号法廷。

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○ 
     ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば★☆
 twitter フェイスブック ミクシー等で拡散よろしくお願いします。
    ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば ★☆
           8月は昼12時から6時。(土・日曜・休日は閉設)
     ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
   場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1−82 
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
      ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211) ☆★
************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
       青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内