[CML 019543] ■新城市が来年度から「こども園」 保育無償化(中日新聞【愛知】)

M.nakata gukoh_nt at yahoo.co.jp
2012年 8月 29日 (水) 12:58:19 JST


M.nakata です。重複おゆるしください。

●統合で、保育無償化  すごい!

<拡散歓迎>
      
(貼り付け開始)
*****************************************************************
 中日新聞【愛知】
■http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20120829/CK2012082902000042.html
■新城市が来年度から「こども園」 保育無償化

2012年8月29日

●新城市は二十八日、来年度から市内の幼稚園二カ所と十七保育所の名称を「こども園」に統一し、三〜五歳児の平日昼間の保育料を無料にすると発表した。九月議会で関連議案を提案する。保育の無償化は県内市町村で初の試み。
● 国が幼稚園と保育所の機能を一体化する総合こども園の創設を断念する中、市は独自に「幼保一体化」を目指す。穂積亮次市長は記者会見で「子育てしやすい市をアピールしたい」と話した。
 
市こども未来課によると、三〜五歳児の平日昼間(午前八時半〜午後三時)の保育料は月額二千〜二万数千円かかっていたが、来年度から無料にする。平日の時間外と土曜の保育料はこれまで通り有料。
無償化で二億円ほどの減収になるが、一般財源から繰り入れる。
  
 市内の幼稚園のうち、八名幼稚園(富岡)は来年度から三歳未満児を受け入れ、新城幼稚園(東入船)はこども園移行後も受け入れは三〜五歳児だが、半径二キロ以内に三歳未満児を受け入れるこども園が二カ所ある。
 こども園移行が可能な理由について、市は大半の職員が幼稚園教諭と保育士の資格を持ち、市内の全幼稚園と保育所が市営で意思決定がしやすく、待機児童がいないことを挙げた。
 (沢田佳孝)

****************************************************************************


CML メーリングリストの案内