[CML 019494] 【報告】第494日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2012年 8月 26日 (日) 08:14:02 JST


青柳行信です。8月 26日。ひろば(土・日曜・休日は閉設)

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第494日目報告☆
    呼びかけ人賛同 8月25日現在 総数2491。
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】 8月25日2名。  
       和田峰 暢浩 永田勝美
★ さよなら原発! 9・23福岡集会  http://bye-nukes.com/fukuoka 
     チラシ・ダウンロードコピーできます。↑
★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★ 
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さま
お疲れさまです。
きょうはツイッターデモに参加しました。
暑かったし、ほかでもイベントがあったりして、人数は前より少なかったです。
しっかり 歩きました。
夜は 博多の夏祭りを見にいきました。
大浜流の灌頂(かんじょう) 施餓鬼供養です。

あんくるトム工房
ツイッターデモ    http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2016
大浜の武者絵     http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2015
博多の夏祭り     http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2014
  大浜の路地は とても賑やかだったです。

★ 橋本左門 さんから:
  無核無兵・毎日一首
☆討論型世論調査は「原発ゼロ」コモンセンスと言ふべかりけり(左門 8・25−29)
 ※情報伝達と討論の公平と選挙の公正が確立すれば、コモンセンスは多数派です。 

★ 金野奉晴 さんから:
脱原発ウォーク「甲府でもやるじゃん」
皆さん。
7月末にスタートした脱原発ウォークも5回目を迎えました。
ドラム隊が7人になりましたので、少し賑やかになりました。
YOU TUBEに動画をアップしましたので、よろしければご覧下さい。
http://www.youtube.com/embed/SZK9dQzYTaU

小さくてもいい、こうした行動が全国に広まってほしいと願っています。
甲府市は19万人と県都としては小さい都市ですが、20万以上の都市は
全国に100くらいはあるんじゃないでしょうか?
現時点でこのような毎週金曜日の脱原発行動は全国60カ所くらい行われ
ているようです。「目指せ100カ所!」

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
昨日、玄海町に住む「玄海原発対策住民会議」副会長 中秋喜道さんの演題「原発依存の繁栄は『一炊の夢』」というお話を聞く機会がありました。「原発なくそう!九州玄海訴
訟」の第一回口頭弁論で発言した4人のうちの一人でもあります。この運動を続けて40数年、82歳という高齢ですが、最近の運動の高揚に元気を取り戻されて活動されている様子が印
象的でした。
さて、ネットにあるしんぶん記事を追っていきます。
1.「規制委人事案を閣議決定 政府案変えず 来週中議決狙う 」しんぶん赤旗
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2012-08-25/2012082501_02_1.html
・・・・なんとして、方針を変えないまま、押しすすめようとする政府、とんでもない行動です。
2.「<秘密会議>原子力委員長が主導 依存度「コントロール」毎日新聞」 8月25日(土)2時32分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120825-00000007-mai-pol
記事「・・・内閣府原子力委員会が原発推進側だけを集め「勉強会」と称する秘密会議を開いていた問題で、近藤駿介原子力委員長が有識者会議「新大綱策定会議」を巡り昨年12
月8日、原発依存度について「最後はコントロールできる」と自ら原発維持の方向で取りまとめる方針を明らかにしていたことが分かった。毎日新聞の情報公開請求に対し、経済産
業省資源エネルギー庁が24日開示した職員作成の議事メモに記載されていた。近藤委員長の発言内容が明らかになったのは初めて。」
・・・・当初は否定していたというから、許せません。後ろめたさがあったんでしょう。委員会は平気でうそつくような人で構成されているんですね。
次は福島県内での話題です。
3.「福島でコメ全袋検査開始 県産米の安全性確認へ」 西日本8月25日 13:08 
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/320518
他紙にも、
4.「福島米、25日から全袋検査 『秋商戦、間に合うか』」産経新聞 8月25日(土)7時55分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120825-00000114-san-soci
5.「ろうそく2万本で復興願う 光と音楽で福島被災者応援」 西日本8月25日 20:32
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nsp/item/320565
記事「・・・・東京電力福島第1原発事故に苦しむ福島県の被災者を光と音楽で応援しようと、約2万本のろうそくに灯をともすイベント「ふくしまアカリトライブ」が25日、福
島市の福島競馬場で行われた。」
次に、節電のしくみも社会実験のこと、
6.「賢く楽しく節電の街 八幡東区・東田地区『スマートコミュニティ事業」』西日本8月26日 01:27 
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/320611

さて、今朝の西日本新聞には、先の記事はひとつも見当たりません。6.の記事では、わざわざ「2012/08/26付 西日本新聞朝刊」とまで記されているのにありません?
・・・・紙面の編集は、不思議ですね。
6面にきょうの社説は、
7.「原発報道 中立の建前が揺らいでは」というタイトルです。
記事「・・・・原発の維持・推進方針を掲げる幾つかの新聞・・・」の記事について論じています。果て、西日本新聞はどういう立場に立っているのでしょう?記事内容は次のとこ
ろで明日検索してください。
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/column/syasetu/
31面福岡ワイド欄に、
8.「全国政策研究会で福島・双葉町長 国や東電の対応批判」
・・・・福岡市で開催されている地方自治体の議員や首長経験者らでつくる「自治体議員政策情報センター」の研究会で、役場ごと埼玉県に避難している「難民」状態の今を語った
ようです。
38面社会欄の下方に小さく、
9.「放射線の専門医師ら核廃絶訴え」
・・・広島で開催されている医師の世界大会で「健康影響を未然に防ぐ一次予防は核兵器廃絶だ」と呼び掛けた、あります。
すぐ横に、
10.きょうの「九電のでんき予報」は、87%です。
10面、11面の全面を使って、
11.「『フラガールズ甲子園』福岡の高校生福島へ」という特集があります。
・・・・「あなたの旅が日本を元気にする 九州 東北プロジェクト」という特集の一環のようです。

★ 石垣敏夫 さんから:
<脱原発制定全国ネットワーク案は問題です 質問状を送りました>
みなさんご検討の上ご意見を
脱原発制定全国ネットワークにおよせ下さい。(下段に記載)2012.8.25

脱原発法制定全国ネットワーク 御中
みなさんお世話様です。
貴ネットワークの趣旨はわかりましたが、この案文は現在いつ第2第3のフクシマが起こるか、
という国民・市民の不安の解消になっていません。

下記質問に対し回答をお願いします。( アンダーラインは貴ネットワークの見解です)
●(3)脱原発基本法案の概要
この法案では脱原発は、遅くとも2020年度ないし2025年度までのできる限り早い時期に実現されなければならないことを基本にしています

質 問1
菅直人前首相発言によって、浜岡原発は止まりました。
現野田佳彦首相が原発を止める、と発言すれば原発は止まります。
この案では 2020年度までは再稼動しても良い、という解釈になりますが。
大飯原発は明日にでも大地震が起きフクシマと同じようになるかもしれません。
現在全国各地のデモ集会に参加されている人々の危機感、母親、子どもの視点が全く感じられません。
野田首相に私たちが質問しているように、明日にでも大地震が起きて第二のフクシマが起きたら誰が責任をとるのですか。
みなさんはとれるのですか。

●発電用原子炉の運転を廃止するまでの間は、最新の科学的知見に基づいて定められる原子炉等による
災害防止のための基準への適合性が確認されない限り発電用原子炉の運転(運転の再開を含む。)をしてはならないこと。  

質 問2
科学的知見とは誰が判断するのですか。これまでも科学的知見として、私たちは騙されてきた経緯があります。
新しくできる、原子力規制庁ならそのことが実現できるとお考えですか。

●今夏、原発なしで日本の電力は賄えたという事実が生まれました。
大飯原発を再稼動している関電は火力発電を停止させています。

質 問3
現在原発を止めても日本の電力は賄える、ということが証明されました。
 なぜ稼動を許す必要があるのですか。

●未だに放射性廃棄物の最終処理が確立できておらず、仮に確立できたとしても、10万年以上の長い管理が必要とされるものです

質 問4
ここに記載されていますように核燃料廃棄物(死の灰)の処理方法が未定であるのに、科学的知見の下にと、
死の灰製造を2020年度まで続けることは許されることでしょうか。

至急文書で回答をお願いします。
〒337-0032さいたま市見沼区東新井866−72 石垣敏夫 048−686−7398
                        (原発から命と安全を守る連絡会 世話人)

連絡先
○ さくら共同法律事務所 (弁護士 河合 弘之)
03−5511−4400 FAX 03−5511−4411
03−5511−4386(脱原発法制定全国ネットワーク事務局)
○ 東京共同法律事務所 (弁護士 海渡 雄一・只野 靖)
03−3341−3133 FAX 03−3355−0441

こちらにQ&Aなども載っています。年度は廃炉ではなく運転停止の「遅くとも」の時期です。
脱原発法制定全国ネットワーク 脱原発法制定全国ネットワーク設立
http://datsugenpatuhounet.blog.fc2.com/blog-entry-1.html

「遅くとも2020年度から2025年度までのできる限り早い時期までの各原子炉の運転の廃止」

--------------------------------------------------------------------------------
脱原発法について考える院内集会
日時: 8月29日(水) 午前11時45分から午後1時15分まで
場所: 衆議院第2議員会館 多目的会議室(一階奥)
 国会周辺図 http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index_kokkaimap.htm

内容
 制定運動の設立に至る経緯について
 法案要綱の趣旨説明
 国会議員のみなさんからの質疑、意見

   ※この集会が具体的な法案提案のための協議のキック・オフとなることを
    期待しています。
出席予定
 河合弘之(脱原発弁護団全国連絡会)、木村結(脱原発・東電株主運動)、
 海渡雄一(事務局長)ほか。

どなたでも参加できます。
多くの方にこの法案の意義について知っていただき、全国へ広めていきたいと考えています。
もっとも、国会議員への趣旨説明がメインとなるため、参加人数によっては
議員の参加が優先する場合もございます。ご了承ください。 
--------------------------------------------------------------------------------

★ 木村-m さんから:
<テント日誌 8/24(金)――経産省前テントひろば 349日目>
      金曜行動は官邸前〜国会前〜霞ヶ関一帯で続く
            坂本龍一さん テントへ
8月24日(金) 晴れ
 4時頃テントに着く。今日は恒例の金曜行動の日とあってテントの前はもう賑わっている。
すると街宣右翼が街宣車4台でやってきた。例によって大音量で口汚く罵っている。車から降りて言いがかりをつけてくるのも何人かいる。構うことなく毅然として対応。その間も
テントの前はどんどん人は増え続けていたが、1時間たつと引き上げた。あたかも時給制にでもなっているかの如くに。
 恒例となった金曜行動は、今日もまた多くの人が参加した。官邸前はやはり人々の列が長く続き、官邸裏でも多くの人が声を上げる。国会正門前も女性議員の参加も含めて盛り上
がり、霞ヶ関では文科省前、経産省正門前、別館前といつもの行動が続く。
 今日は午後8時以降に、緊迫する規制委人事問題で民主党への抗議行動、そして環境省包囲行動が取り組まれた。
 尚、官邸前でスピーチされた坂本龍一さんは、翌日の土曜日テントに来訪されたそうだ。

★ 立川の岩下 さんから:
首都圏反原発連合有志の呼びかけによる毎金曜日の首相官邸前デモ
については、多々、毀誉褒貶の議論があります。新しいスタイルの行動
であり、何万もの人々を現に結集しているのだから、当然といえば当然です。
大飯原発のバリケードでも「再稼働反対!」のコールが繰り返され、
松村しほさんは「・・・それはまるでマントラのような念仏のような/よろこびの
歌のような。/解放のあいず。/心の叫び/魂のさけび」と書いています。
(パンフ『オキュパイ大飯の乱―ドキュメント2012.6.30〜7.2』)
その「念仏」ということについて考えてみました。
この文章は、固い「Gさんの政経問答問答ブログ」でも、年に一度くらいは
我が家の議論を対話形式で載せて、肩をほぐそうというもの。
よろしければご一読を。Blog:
yo3only.cocolog-nifty.com/blog/ 

★ 高橋 さんから
【8月脱原発アクション】関西
28日(火)【大阪】緊急!猛烈抗議デモ(市役所)17時http://bit.ly/QVP2aW
29日(水)【大阪】大飯運転停止行政訴訟・第1回法廷にも集まろう(大阪地裁)11時集合
30日(木)【滋賀】県庁前座り込み16時http://bit.ly/N5dQf8
       【大阪】ちょっと待って!放射能ガレキin中之島http://bit.ly/P8Dz4r
31日(金)【大阪】市役所前・関電前行動8時半〜http://bit.ly/OUj23o
       【大阪】関電前座り込み11時http://bit.ly/M4ikP9
       金曜デモhttp://bit.ly/NrhWjk
1日(土)【大阪】原発いらん!燃やすなガレキ!あべのデモ!!11時集合http://bit.ly/P8DsFU

▼▼情報サイト▼▼
・脱原発系デモ拡散
http://demojhks.seesaa.net/
・脱原発系デモ情報拡散
https://twitter.com/demo_jhks
・デモ日程別一覧
http://www47.atwiki.jp/demomatome/
・脱原発系イベントカレンダー
http://datugeninfo.web.fc2.com/
・【大飯原発‐放射能汚染シミュレーション】
http://iohome.web.fc2.com/osenmap/

●原発のリスク評価は正しく行われているのか? 「ハインリッヒの法則」は重大事故の危険性を警告している(2009年)
http://ihope.jp/cp-bin/blog/index.php?eid=351

★ 金信明 さんから:
<福島の子ども達のための署名>
 以下、拡散よろしくお願いいたします。
 http://www.avaaz.org/jp/save_the_fukushima_children_1/?vc

署名の返信。
 福島の女性を支援し、日本全体の弱い立場にある人々が高汚染地域から脱出できるようにする抗議行動にご協力くださいまして誠にありがとうございます。今度は、このキャンペー
ンの影響を拡大化するためにご協力ください。すでに13万人が署名をしていますが、12月1日までに20万人の署名を集めることを目指しています。下記のEメールを友人・知人に転送
し、フェイスブックのウォールにこのリンクを貼り付けてください。http://www.avaaz.org/jp/save_the_fukushima_children_1/?ttaご支援をありがとうございます。AVAAZチーム一
同------------------日本の皆様4日後に福島在住の母親たちが子供たちの健康を守るために抗議活動を開始します。12月1日から政府の支援対策を求めて十月十日(とつきとおか)
の抗議活動を開始します。私
達市民は、この活動を広め、目的達成のために協力することができます。すさまじいレベルの土壌・食料の放射能汚染を示す証拠が毎日のように続出しています。福島県全体で30万
人の子供たちが依然として危険にさらされています。勇敢な母親たちは助けを求めて叫び声を上げているにもかかわらず、信じがたいことに、政府はマスコミの沈黙の壁に隠れてそ
の叫び声を無視しています。そこで、この勇気ある抗議活動の開始前に、20万人が共に立ち上がれば、政府は大多数を無視し続けることは不可能となり、行動に出ざるをえなくなり
ます。野田首相が国民の意見に敏感なのは周知の事実です。この抗議行動が開始される前に20万人の署名を集めることができれば、経済産業省前に皆の名前を張り出し連帯感を示
す巨大な壁を建てることができます。そうなれば、マスコミが押し寄せることでしょう。この請願メールに今すぐ署名し、既に署名している場合は友人・知人に転送してください。
私達それぞれが10人ずつ署名を集めることができれば、目標を達成することができ、首相は反応せざるをえなくなります。
> 
 http://www.avaaz.org/jp/save_the_fukushima_children_1/?tta放射能汚染及び市民の命へのリスクの全容が明らかになりつつあります。これは恐ろしい状況です。文部科学省の発
表によると、日本全土の8%にあたる3万平方キロメートルという広範囲に影響が及んでいるとのことです。政府は福島第一原発から半径30km以内の住民に避難支援を提供していま
す。しかし、警戒避難区域外に暮らす何千もの世帯(子供や妊婦も含まれる)が高レベルの放射能にさらされており、より安全な地域に移りたいと願っています。嘆かわしいこと
に、そのような世帯を支援するための具体策は、向こう3年間の間に一度の健康診断(その後2年おき)を除いて、何ら支援策が定まっていません。こういった実態は、政府にとって
非常に不利なでもので、
またマスコミも報道していません。しかし、勇敢な福島の母親たちは、自らの声が届き、子供たちが守られ、正義が認められるまで戦いを続ける決意をしています。20万人という大
規模な署名を集めるまで4日しかありません。苦しみの中で戦っている女性たちを支援しましょう。我々の連帯感を示す壁を建ててマスコミの注目を集めましょう。そうすれば、家族
を守り安全な場所で生活の建て直しを求める彼女たちの要求を野田首相が無視できなくなります。福島の子供たちを救うために本メールを友人・知人に転送してくださ
い。http://www.avaaz.org/jp/save_the_fukushima_children_1/?tta私たちの請願署名が10万人に達したとき、政治家に最初の警鐘を鳴らすことができました。そこで今、「私達が
依然として注意深く政府の動き
を監視しながら、福島を含めた放射能汚染にさらされている他の地域の母親・子供たちを支援している」、というメッセージを伝えなければなりません。福島の女性たちが当然得る
べき支援を獲得できるまで、私達は正義を求めて叫び続けます。危険にさらされているのは、他ならぬ、私たちの子供の将来なのです。希望と決意を胸に...ルイス、キア、ベ
ン、アントニア、イアン、アリス、ローラ、パスカル、他アバーズ・チーム一同詳細情報:女性達の反核デモ。http://www.nipponnews.net/news/womens-anti-nuke-demonstrationフェースブックページ 福島女性たちの座り込み。http://ja-jp.facebook.com/notes/namida-project/fukushima-womens-sit-in/214560515280077特集ワイド:女たちの脱原発 座
り込み集会ルポ (毎日新聞)http://mainichi.jp/select/weath
ernews/news/20111102dde012040025000c.html全国女たちの座り込み! (市民社会フォーラム)http://civilesociety.jugem.jp/?eid=11124
> 
> AVAAZについて
> Avaaz.orgは世界の人々の声や価値観が政策決定に反映されるよう世界規模でキャンペーンを行う非営利団体です(Avaazは様々な言語で「声」を意味します)。Avaazは政府や企業
から一切資金援助を受けず、ロンドン、リオデジャネイロ、ニューヨーク、パリ、ワシントンDC、そしてジュネーブを拠点とするスタッフにより運営されています。 +1 888 922 
8229 
> FacebookとMyspaceもチェックしてみてください!

★ 前田 朗 さんから:
転送です。
> 転送大歓迎! ■□■□■□■□■□■
 【脱原発世界ニュース!! vol.9】
>   http://npfree.jp/
>  
> ★ 8月27日(月) 国際シンポジウム「福島の原発事故と人々の健康 〜教訓と課題」  
>    http://fukushimasymposium.wordpress.com/

1985年にノーベル平和賞を受賞した国際組織「核戦争防止国際医師会議(IPPNW)」共催で下記日時にてシンポジウムが行
われ> ます。ぜひご参加ください。
>  
>  日時: 8月27日(月) (開場 18:00) 18:15〜20:30
>  会場: 日比谷コンベンションセンター(大ホール)
>  言語: 日英同時通訳あり
>  参加費:1,000円(海外からご参加の方は無料)
>  事前登録のお願い:参加ご希望の方は下記をお書きの上 、下記メールアドレスへ
   登録締切日(8月26日)までにご連絡下さい。fukushima.symposium at gmail.com
>   ○氏名 ○所属 ○連絡先(電話番号またはメールアドレス)

○−−−−−集会のお知らせ−−−−−○ 

● さよなら原発! 9・23福岡集会実行委員会 ●  
日 時: 8月29日(水)18時30分〜21:00
場 所:福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)交流室
   http://jinken.city.fukuoka.jp/shisetsu/access.html
   福岡市博多区下川端町3番1号
   博多リバレイン リバレインオフィス10階

● チェルノブイリ・ドイツ・フクシマ ●
   真実はどこに…?
日 時  9月1日(土)18:30〜
会 場  福岡市民会館 小ホール福岡市中央区天神5-1-23
  地図 http://tinyurl.com/8cyqfyz
資料代  500円
第1部 現地調査報告
    飯舘村や浪江町、南相馬市や郡山市など視察、現地の被害者や営農者た
ちの生の声。
第2部 「チェルノブイリ・ドイツ・フクシマ」真実を求めて
         ドイツの理学博士でドイツ放射線防護協会会長を務めるセバスティア
ン・プフルークバイルさんの話。
         「3.11」以降数回にわたり福島を訪れ、精力的に調査。この日も福島
での調査後の講演。
主 催  原発なくそう!九州玄海訴訟
協 賛  さよなら原発!福岡集会実行委員会、 核・ウラン兵器廃絶キャン
ペーン福岡 
連絡先(近藤)E-mail kondouh-y at f-daichi.jp
詳細: http://tinyurl.com/8q86jzs

● さよなら原発! 9・23福岡集会 ● 
日 時:9月23日(日)
    14:00 集会開始 15:00デモ出発
場 所:福岡市・冷泉公園 
 さよなら原発! 福岡集会  http://bye-nukes.com/fukuoka 

● 元原発労働者の梅田隆亮さんの労災認定を求める裁判 ●
    第3回口頭弁論期日
10月10日(水)14:30 福岡地方裁判所303号法廷。

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○ 
     ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば★☆
 twitter フェイスブック ミクシー等で拡散よろしくお願いします。
    ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば ★☆
           8月は昼12時から6時。(土・日曜・休日は閉設)
     ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
   場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1−82 
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
      ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211) ☆★
************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
       青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内