[CML 019468] 【報告】第493日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2012年 8月 25日 (土) 07:52:59 JST


青柳行信です。8月 25日。ひろば(土・日曜・休日は閉設)

本日、下記の<緊急行動> ご参加よろしくお願いします。
<ミョンマー(ビルマ)の少数民族ロヒンギャ族(ムスリム)の救援アピール>
日時: 8月18日(土) 昼12時〜午後2時
場所: 福岡天神パルコ・コア・イズム・ソリラリア前(天神歩道)

ミャンマーの少数民族ロヒンギャ族は、ミャンマーの軍事政権下で、
今でも国民として認められず迫害を受けています。
在日ビルマ・ロヒンギャ協会は 『ロヒンギャ族への迫害をやめること』
『民主化を進めること』を求めて、日本政府に請願要請をしています。

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第493日目報告☆
    呼びかけ人賛同 8月23日現在 総数2489。
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】 8月24日6名。 
     池田和子 大谷志帆・康史・継・佳玲 匿名1名
★ さよなら原発! 9・23福岡集会  http://bye-nukes.com/fukuoka 
     チラシ・ダウンロードコピーできます。↑
★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★ 
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さま
お疲れさまでした。
あたらしいチラシができたので、あちらこちらに配布したいと思います。
とりあえず、明日の催事に配ります。

今日の 来んしゃい 金曜 脱原発 は 70数名かな?
身近なテーマのスピーチがよかったです。
「九電さーーーん、原発止めましょーーーよ!」

あんくるトム工房
来んしゃい 金曜 脱原発  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2010
チラシができました。    http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2009
    チラシの配布 よろしくお願いします

★ 橋本左門 さんから:
  無核無兵・毎日一首
☆この夏も電力消費は足りました原発無しで充分なのです(8・24−28)
 ※口語の会話が、三十一文字になっていました!

★ 坂井貴司 さんから: 
 「ルポ 原発作業員〜福島原発事故・2年目の夏〜」
 http://www.nhk.or.jp/etv21c/file/2012/0819.html

 東日本大震災による津波で破壊され、炉心溶融を起こした福島第一原発では、
今も3000人以上が事故収束作業で働いています。
その60パーセントが地元福島の人です。
大部分が地震や福島第一原発による放射能汚染などで失業した人達です。
放射能汚染で避難している人も働いています。

 被災者が、原発に雇用を求めざを得ない実態を、NHK教育のETV特集
 再放送日:8月26日(日) 放送時間:午前0時50分

★ 丸浜江里子さん からも(ぜひご覧ください) ↑
毎日ミリシーベルト単位の被ばくをしながら、福島第1原発で事故処理作業にあ
たる地元出身の作業員たちの「日常」に密着取材。
モザイクのかからない、彼らの素顔と肉声がリリカルに伝わってきます。
被ばく限度量がせまり、「使い捨て」られることにおびえて未来が描けない。
そして被ばくにより身体が蝕まれていくことへの恐怖・・・
震災前はほかの仕事をしていた若い作業員たちが、
全国の原発を渡り歩いてきたベテランの作業員が、
かつてない放射能汚染の中で働く
不安を赤裸々に語ります。
 広島局時代から企画を温めてきた池座ディレクターの執念の取材・・・、
廃炉まで40年はかかるといわれ
今後5年間だけでも、のべ4万人の作業員が必要といわれる事故処理作業の
底知れない被ばくの闇を前に、せつなさで胸がつまります。

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
昨日も官邸前では行動があったことがネットの記事にあります。
1.「脱原発市民『抗議活動やめない』首相面会に反発強く」西日本8月24日 21:01
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/320419
記事「・・・・野田首相と面会したメンバーが『私たちの主張を説明しても首相は無表情で聞いているだけ。誠意が感じられなかった。私たちは今後も粘り強く脱原発を訴えていき
ます』と報告すると、拍手が湧き起こった。」 
さて、今朝の西日本新聞では、3面に
2.「原発ゼロ目標明記へ 政府検討、工程表も 」西日本8月24日 21:06
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/320421
記事「・・・・エネルギー政策の国民論議で原発ゼロを求める声が強いことを踏まえた。政権として脱原発の方向性を示し、衆院解散後の総選挙で争点になるのを避ける思惑もあ
る。」・・・・消費税増税と同じように選挙が終わればということになりませんか。「原発0」は憲法と同等の扱いでお願いします。
すぐ下に、
3.「最終処分地の選定作業難航 放射性物質汚染土」
・・・福島第一原発の事故で汚染された土の処分地、昨夜のどこかのテレビニュースでは鹿児島県南大隈町が浮上している、とあったが、この記事中にもあります。町長は「まった
く心当たりがない」といっているようです。
11面経済欄に、昨日紹介した記事が掲載されています。
4.「関電 計画停電回避へ 節電浸透 需給ほぼ安定」
13面経済欄に、
5.「メガソーラー 唐津市と2社立地協定締結」
32面社会欄に、
6.「広島、医師ら核廃絶を議論 IPPNW世界大会が開幕 西日本8月24日 13:03
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/320326
33面社会欄、
7.きょうの「九電んでんき予報」は、90%です。
紙面では、こんな状態ですが、以下のネットの記事がありません、大事な記事が盛りだくさんなのに。それでは、避難者の生活の記事から、
8.「双葉町 旧騎西高の食事有料化 避難者『一方的』と憤り」東京新聞8月24日
⇒http://www.tokyo-np.co.jp/article/saitama/20120824/CK2012082402000141.html
記事「・・・・」家族が多く、有料になれば弁当代だけで月二十万円を超える。どうやって暮らしていくのか」「高校内には、仮設住宅などに移れない病弱な人やお年寄りが多い。
なぜ国の救済を断るのか」「旧騎西高校で暮らす町民約二百十人の中には高齢者や病気を抱える人が多く、有料化への反対は根強い。・・・・・」
・・・・・これは、ひどい。逆に仮設や遠くで暮らす町民全員に食費の援助をすればよいのに。この記事、他紙のネットに多数あるのに西日本新聞にはありませんね。
9.「原発事故 ストレス死が34人 震災関連死、避難所生活『疲労』638人 助かった命 失われた」しんぶん赤旗8月24日配信
⇒http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2012-08-24/2012082401_03_1.html
・・・・被災地全体がひどい状態だが福島県の死亡者数は異常、原発事故で死んだ人はいないというのは間違いです。
10.「被災者の検定料免除、来年も継続 大学入試センター試験」西日本8月24日 15:59
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/320344
・・・・・学費もなんとかなりませんか。次は、原子力ムラ関連記事、
11.「東電などが東大に3・8億円寄付 市民オンブズマン調査」 西日本8月24日 20:40
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/320415
記事「・・・2006〜11年度に東京電力や電気事業連合会など原子力関係の5企業・団体から17件計3億8665万円の寄付を受けていたとの中間調査結果を発表した。8割
強の3億1915万円が東電からの寄付だった。・・・・」
・・・・原発事故直後のニュース番組で解説に出ていた東大教授連の姿が浮かんできます。
12.「東海第2原発で約9メートル 茨城県が津波新想定」 西日本8月24日 21:01
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/320420
13.「2原発の断層追加調査を要求 保安院、もんじゅと美浜」 西日本8月24日 12:30
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/320314
14.「もんじゅ誤警報の原因は結露 原子力研究開発機構 」西日本8月24日 17:33
⇒ http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/320362
昨夕刊、これは面白い記事です。
15.「“非電化の家電”ずらり 栃木の発明家・藤村さん」 西日本8月24日 15:25
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/320328
・・・自然現象をうまく生活に利かして無理なく節電する生活を紹介しています。これまでの生活を見直すためのすぐそこにある知識です。
16.「“猛”残暑あと2週間か 気象庁、少雨にも要注意」 西日本8月24日 19:13
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/320396
・・・・暑い時期もあと少し、先は見えました。

★ 河内謙策 さんから:
     原子力規制委員会の人事問題が風雲急!!
 田中俊一氏らの原子力規制委員会の人事問題が、風雲急を告げています。28日の衆院本会議、29日の参院本会議での強行の可能性が大
です。
 田中俊一氏は、国会の所信表明で言い足りなかったことがあると称して「弁明書」を衆議院議院運営委員会に提出しました。そこには、「国民の安全と健康を第一に考える原子力
の規制を私の手で実現させる」と書いてあるそうです。
http://jp.wsj.com/layout/set/print/Japan/Politics/node_499422
  除染基準や食品の安全基準の切り下げに反対した自分の過去を不問に付して、きれいごとを言って国民の支持をかすめとろうという醜い意図が透けて見えます。絶対にこのような
人物を原子力規制委員長にしてはなりません。

 民主党は、23日、環境部門・原発事故収束対策プロジェクトチーム合同会議を開きました。田中俊一氏につき「ふさわしくない」の意見が相次いだそうですが、最後には「前原政
調会長に一任」となりました。議論を十分につめないで最後はボスに一任というのは、封建時代の意思決定システムではないでしょうか。前原は賛成ですから、これで民主党は、党
としての体制を整えたことになります。
http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2012082300705

 いよいよ、田中俊一氏らの人事問題は、最終局面を迎えました。
私は、全国の脱原発を願う人々に訴えます。最後まで、阻止のために全力を尽くしましょう。“私一人ぐらい、反対といわなくても”とか“うちの団体は、今回はちょっと”とか"私
は反対だが、上部団体の方が何も言ってこないから ”とか“これは東京の問題で、地方の人間が言っても仕様がない”と思っている人がいたら、ぜひ考えを変えて反対の意思表示・
行動をしてください。よろしく、御願いいたします。
 
 杉原浩司(福島原発事故緊急会議)さん、満田夏花(FoE Japan)さんの行動提起のメールを、以下に貼り付けます。参考にしてください。私も弁護士の仕事の合間に、なんとか、
少しでも国会に駆けつけたいと思っています。
-------------------------------------------
政府は、28日・29日の衆・参の本会議への強硬採決に向かっています。
最後の力を結集しましょう。市民パワーで、人事案を撤回させましょう!

1)今日[24日]、20時半から、環境省前ヒューマンチェーンを行います。
こうなったら直接、私たちの「ノー」を形で示しましょう!
18時半から経産省別館前でも抗議アピールやっています。
http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/817-384d.html

2)8・27 みんなで国会に行こう!→国会議員に大量の署名を提出し、反対票を投じるよう、よびかけます。
※人事案撤回署名、締切27日朝9時

3)国会議員に呼びかけよう!〜カギ握る公明党幹事長、井上義久議員にも!
----------------------------------------
8・27みんなで国会をまわろう!人事案撤回署名を議員に届けよう!
〜市民500人で国会に行こう〜
http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/post-da41.html
----------------------------------------
27日の月曜日に、みなさんにご協力いただいた人事案撤回要求署名を提出したいと思います。いま、約3万7,000筆集まっています。
署名は政府と全国会議員宛です。またみなさんと議員会館をまわって、
国会議員一人一人に撤回をよびかけながら提出しましょう! 初めての方も既に回られた方について回りますので安心です。議員に直接会えるかもしれません。是非ご参集くださ
い。
■8月27日(月)13:00〜16:00 参議院議員会館講堂
・12:30〜      参議院議員会館ロビーにて通行証配布
・13:00〜13:45 情報共有集会     参議院講堂
・13:45〜14:00 議員回り説明     参議院講堂
・14:00〜15:00 議員回り&署名提出  衆参各議員会館
・15:00〜15:30 チームごと報告の整理 参議院講堂
・15:30〜16:00 報告集会(各チームから報告を受けます)
★国会議員への働きかけも継続してください!
国会議員アンケートの最新情報はこちらから。
http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/post-7039.html

<呼びかけのポイント>
・アンケートに答えてください。
・日弁連から、この人事案は違法という声明が出されています。
・田中俊一氏は、原子力委員会の秘密会議に参加していました。
 これを問うてください。
・規制委員会設置法の趣旨は、「国民の信頼の回復」「規制と利用の
 分離」「原子力ムラの影響排除」であったはず。この原点にたちかえ
 ってください。
・議運に、この人事案の違法性を指摘し、異議をとなえている弁護士
 や有識者、市民団体を呼んで、意見聴取して下さい。
・国会事故調の報告書の下記の提言に従ってください。
「委員の選定は第三者機関に1次選定として、相当数の候補者の選
定を行わせた上で、その中から国会同意人事として国会が最終決定
するといった透明なプロセスを設定する。」
どうぞよろしくお願いいたします。

★ 前田 朗で さんから:
原発民衆法廷ブックレット第3弾のお知らせです。まもなく発売。
http://31shobo.com/?p=1539

2月の東京公判を収録したブックレット1、4月の大阪公判を収録し たブック
レット2に続いて、今回は、5月の郡山公判の記録です。
中身は刑事責任の追及で、東京電力会長、社長らに対する有罪判決(決定第3号)を収録。
*******************************
開  廷
第3回公判・開会挨拶 伊藤成彦 駒崎ゆき子
意見陳述 若松丈太郎 渡辺ミヨ子 吉沢正巳 井上利男
意見陳述書を受けての判事所見 岡野八代、鵜飼哲、前田朗
証人尋問 佐藤武光 山本英彦
論告(要旨) 原発民衆法廷検事団
弁論(要旨 アミカスキュリエ
原子力発電所を問う民衆法廷・決定第3号84
あとがきにかえて プロフィール
A5判 ソフトカバー 128P ISBN978-4-380-12802-8 定価:本体1000円+税

○−−−−−集会のお知らせ−−−−−○ 

● さよなら原発! 9・23福岡集会実行委員会 ●  
日 時: 8月29日(水)18時30分〜21:00
場 所:福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)交流室
   http://jinken.city.fukuoka.jp/shisetsu/access.html
   福岡市博多区下川端町3番1号
   博多リバレイン リバレインオフィス10階

● チェルノブイリ・ドイツ・フクシマ ●
   真実はどこに…?
日 時  9月1日(土)18:30〜
会 場  福岡市民会館 小ホール福岡市中央区天神5-1-23
  地図 http://tinyurl.com/8cyqfyz
資料代  500円
第1部 現地調査報告
    飯舘村や浪江町、南相馬市や郡山市など視察、現地の被害者や営農者た
ちの生の声。
第2部 「チェルノブイリ・ドイツ・フクシマ」真実を求めて
         ドイツの理学博士でドイツ放射線防護協会会長を務めるセバスティア
ン・プフルークバイルさんの話。
         「3.11」以降数回にわたり福島を訪れ、精力的に調査。この日も福島
での調査後の講演。
主 催  原発なくそう!九州玄海訴訟
協 賛  さよなら原発!福岡集会実行委員会、 核・ウラン兵器廃絶キャン
ペーン福岡 
連絡先(近藤)E-mail kondouh-y at f-daichi.jp
詳細: http://tinyurl.com/8q86jzs

● さよなら原発! 9・23福岡集会 ● 
日 時:9月23日(日)
    14:00 集会開始 15:00デモ出発
場 所:福岡市・冷泉公園 
 さよなら原発! 福岡  http://bye-nukes.com/fukuoka 

● 元原発労働者の梅田隆亮さんの労災認定を求める裁判 ●
    第3回口頭弁論期日
10月10日(水)14:30 福岡地方裁判所303号法廷。

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○ 
     ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば★☆
 twitter フェイスブック ミクシー等で拡散よろしくお願いします。
    ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば ★☆
           8月は昼12時から6時。(土・日曜・休日は閉設)
     ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
   場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1−82 
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
      ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211) ☆★
************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
       青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内