[CML 019451] <テント日誌 8/21(火)――経産省前テントひろば 346日目>

Kimura-m kimura-m at ba2.so-net.ne.jp
2012年 8月 24日 (金) 09:22:24 JST


<テント日誌 8/21(火)――経産省前テントひろば 346日目>
     近づくテント1周年 
     〜福島とつながり、脱原発の意志をさらに固く〜

8月21日(火) 晴れ
 昨夜、伊方からテントに帰ってそのまま泊り番だった。朝、東京新聞を見ると、19・20日の全国ネット相談会の記事が大きく載っている。来る人来る人に伊方の話をする。尚、一面にはテントひろばの国会議員意見聴取プロジェクトの意見聴取活動のことが取り上げられている。
 午前中に、何人かでテント1周年を記念するイベント&行動について相談する。明日のテント全体会議に提起するものであるが、ここで一足先に骨格を報告しておこう。
 9月11日は、午後1時から準備やプレイベントとしてライブやかんしょ踊りのワークショップやさらに国会議員意見聴取の結果発表のイベントをおこなう。
 午後4時頃から1周年記念集会を開催。テントひろばやとつきとおかアクションからのメッセージ、福島原発告訴団や1000万人アクションからの特別アピールのあとは、1分間メッセージをたくさんの人からしていただく。途中休憩タイムもあり、お茶・ところてんを用意。またライブタイムも設定。そして手編みロープを丸めた地球(いのち)をいくつかの原発現地に送るべく小分け作業も。こうしてテントの前から両翼へと広がっていく。
 集会のあとは、みんなでカンショ踊りで経産省を包囲。
 7時からは、再稼働反対全国アクションとの共催で経産省包囲ヒューマンチェーン。
 尚、この1周年行動については、これまでテントを来訪された全国の人々に案内を送ります。
 他に、こういうことをやってみれば・・・というご提案があれば、お寄せ下さい。

9月22日(土・休)に「3・11から学ぶ〜脱原発のうねりの中で、福島ー首都圏交流の集い〜」と題する福島と首都圏の一大交流集会を企画。福島の中通り、浜通り、会津各地の方々、いろいろな活動団体の方々をお招きして、様々な報告と提起をしていただき、首都圏の人たちがもう一度学び直し、<福島に立ち、福島を知る>一助にしたい。

テントの1周年までにやるべき事は山積しており、今週も金曜日(24日)には以下のような行動が取り組まれる。
17時〜20時   文科省前(主催:福島集団疎開裁判)
18時〜20時   官邸前・国会議事堂前(主催:首都圏反原発連合)
18時半〜20時   経産省別館・保安院前(主催:Foe JAPAN、フクロウの会他)
18時半〜21時   経産省前(主催:火炎瓶テツさん、296デモ有志)
20時〜21時15分 環境省抗議集会&ヒューマンチェーン(主催:Foe JAPAN、フクロウの会、テント他)
20時〜21時     財務省上(主催:福島集団疎開裁判)

やるべきことを着実にやりながら、9・11一周年を準備したい。
提案やご意見があればお寄せいただきたい。                      ( Y・T )   

(追記)
金曜日(24日)行動には下記もあります。
18時15分〜20時45分 官邸「裏」行動(主催:梶野・木村)
   ( K.M. )


CML メーリングリストの案内