[CML 019409] NATO射爆場での環境汚染を問う「サルディニアの致命的秘密」:今週末、ドイツで放送

Kazashi nkazashi at gmail.com
2012年 8月 22日 (水) 01:07:52 JST


[転送・転載歓迎。重複受信される方、ご容赦ください]

NATO最大の射爆場があるイタリア・サルディニア島では様々な砲弾の実験・解体処理が行われてきていますが、1980
年代から、牧畜を営む住民や家畜に多発するがんや先天性障害が問題となり、2005
年には、地元法律家によって射爆場の閉鎖を求める訴訟が起こされるに至っています。

劣化ウランがどの程度関わっているのか定かでありませんが、自然が豊かなリゾート地として知られる地中海の島での汚染問題はヨーロッパでは広く知られるところとなりつつあり、
ドイツでは今週日曜日、ドキュメンタリー「サルディニアの致命的秘密」が放送される予定です。 ご参考までに。 嘉指信雄、NO DU ヒロシマ・プロジェクト

http://icbuw-hiroshima.org/

 *  **

Sardiniens tödliches Geheimnis

Sonntag 26.08.2012, 13:30 - 14:00 Uhr

VPS 26.08.2012, 13:30 Uhr



http://bit.ly/TPEeef


CML メーリングリストの案内