Re: [CML 019402] Re: 専門の弁護士制度構想は 顧客ねらうも前途多難か

大山千恵子 chieko.oyama at gmail.com
2012年 8月 21日 (火) 21:16:42 JST


“ブラック・ジョーク” 前田 朗 お兄さま

1) ブラック・ジョークで済まない怖さがありますねー。

2)  「10件+20時間の研修」だけで「お墨付き」もらえるって実態を知らないで...弁護士会認定だからと妄信するひとは自己責任ということかしらね。

3) 「ブラック企業大賞」ならぬ...「ブラック弁護士大賞」なる市民認定制度を創設するとか?

千恵子@うそうそ、かわうそ、冗談ですよ~

2012年8月21日 14:53 <maeda at zokei.ac.jp>:

> 前田 朗です。
> 8月21日
>
> さそり座の千恵子姉様
>
> いいんじゃないですか。
>
> たとえば、以下のような効果があります(笑)。
>
> 1)「専門弁護士」がいるということは、「ほかは素人弁護士ですね」とジョー
> クを言える。これまでも「ジョーク」ではなく、真実だったりしたから、怖い。
>
> 2)10件+20時間の研修で「専門弁護士」になれるということは、運転免許並み
> ということが世間にわかるようになる。
>
> 3)最初は控えめに5分野でスタートするが、将来的には、たとえば、「恫喝」
> 「裏取引」「着手金詐欺」「利害相反常習」「権力御用弁護士」など、さまざま
> な専門を認定していく。
>
>
>
>
>


-- 
大山千恵子
ブログ「千恵子@詠む...」毎日更新http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama


CML メーリングリストの案内