[CML 019404] IK原発重要情報(166)

河内謙策 kenkawauchi at nifty.com
2012年 8月 21日 (火) 16:10:44 JST


        IK原発重要情報(166)     [2012年8月21日]

  私たちは、原発についての情報と脱原発の国民投票をめざす市民運動についての情報を発信しています。よろしく、お願いいたします。(この情報を重複して受け取られた方は、失礼をお許しください。転送・転載は自由です。)

       弁護士 市川守弘、弁護士  河内謙策

連絡先  [1月1日より新住所です。御注意ください。]
〒170-0005 東京都豊島区南大塚3丁目4番4-203号
河内謙策法律事務所内(電話03-6914-3844、FAX03-6914-3884)
Email: kenkawauchi at nifty.com

脱原発の国民投票をめざす会
http://2010ken.la.coocan.jp/datsu-genpatsu/index.html

―――――――――――――――――――――――                          
 原子力規制委員会の人事  節電 伊方原発 地方での活発な動き

 田中俊一氏らの原子力規制委員会の人事問題で、野党7党が、20日、人事案の採決を行わないようにと衆議院議院運営委員長に申し入れをしました。民主党の中でも、プロジェクトチームは反対を表明しているので、野田内閣は、またもや追い込まれた形になっています。モウひと息です。反対声明を出していない個人・団体は急いで態度を表明し、申し入れなどをしてください。自分たちの団体ぐらい沈黙していても影響はないよ、と考えないで下さい。よろしく、御願い致します。
http://www.ytv.co.jp/press/politics/TI20084563.html

 7月の家庭向け電力販売が、前年割れになりました。オフィスや商業施設の電力需要も、前年実績を下回っています。企業や家庭の自家発電に奨励金を出せば、もっと減るといわれているのに、政府は何ら対策をとりません。政府は、国民が脱原発にならないように、とるべき対策を怠り、問題になると原発が必要だ、と叫んでいるのです。このデマ宣伝の仕組みを徹底的に国民に広める必要があると思います。
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD200IL_Q2A820C1TJ0000/

  伊方原発再稼動反対の運動が前進しています。19日には500人の人々が悪天候の中を反対の声をあげました。愛媛大学の有志が、中村知事に要望書を提出しました。学生の反対は全国的にも珍しいと思います。反対運動が大きく広がりつつあることを示していると思います。
http://mainichi.jp/area/ehime/news/20120820ddlk38040296000c.html
http://www.ehime-np.co.jp/news/local/20120724/news20120724148.html
 
 東京で見ていると、地方での原発再稼動反対の運動が新たな形と規模で拡大しているようです。知らない都市の名前が出てきます。毎週金曜の官邸前デモに刺激を受けたと語る人たちもいます。ネットで分かった、富山、松本、松江、鹿屋、の動きを紹介します。
http://www2.knb.ne.jp/news/20120818_33523.htm
http://www.chunichi.co.jp/article/nagano/20120812/CK2012081202000004.html
http://mainichi.jp/area/shimane/news/20120818ddlk32040470000c.html
http://mainichi.jp/area/kagoshima/news/20120812ddlk46040384000c.html

―――――――――――――――――――――――――――――
                        以上



 





 
 



CML メーリングリストの案内