[CML 019393] 8/26(日)もう一つの道はある~経済危機とオルタナティブ~怒れる経済学者トーレスさんとの交流会

pkurbys at yahoo.co.jp pkurbys at yahoo.co.jp
2012年 8月 21日 (火) 06:57:19 JST


紅林進です。

『もう一つの道はある~スペインにおいて雇用と社会福祉を創設するための提案』
の著者の一人であるフアン・トーレス・ロペスさんが来日され、8月26日(日)に
文京区民センターで交流会がもたれるとのことです。

以下、ご案内を転載させていただきます。

(以下転載)
======

【8・26】もう一つの道はある~経済危機とオルタナティブ~怒れる経済学者
トーレスさん来日

attacスペイン科学評議会のメンバーら3人による著書『もう一つの道はある~
スペインにおいて雇用と社会福祉を創設するための提案』の翻訳が進んで
いますが、著者の一人であるフアン・トーレス・ロペスさんと交流の機会を
持ちます。

日時 8月26日(日)14:00~16:30
場所 文京区民センター3階D(定員36)
交通 地下鉄「春日」「後楽園」など
地図 http://www.b-academy.jp/faculty/c04_01_j.html?area=mainColumn
会費 500円
主催 ATTAC Japan(首都圏)

スペイン経済の状況やそれに対するattacスペインの立場、社会運動の現状など
を聞ければと思っています。昨年5月から始まり、その後の政権交代と緊縮財政
に抗する社会的運動の出発ともなった15-M(5月15日)運動やスペイン経済危機
についても振り返ります。

著書『もう一つの道はある』についてスピーチしているトーレスさんの映像があり
ましたので、紹介しておきます。10分少々の映像です。(たぶん)スペイン語です。

http://vimeo.com/34553824

また、トーレスさんと共に、おつれあいのリナ・ガルベスさんもご一緒されます。
リナガルベスさんは、スペインや欧州でも活躍されている経済学者で、ちらっと
ウェブサイトをみたところ、ジェンダーと経済に関する著者多数、という感じの方
のようです。

トーレスさんのウェブサイト
http://juantorreslopez.com/
リナ・ガルベスさんのウェブサイト
http://www.linagalvez.com/

こちらにもわかりやすい案内があります。

★怒れる経済学者トーレス氏訪日
http://ramonbook.wordpress.com/2012/08/19/juan-torres-vista-a-japon/

以下、翻訳中の書籍の紹介です。

『もう一つの道はある-スペインにおいて雇用と社会福祉を創設するための提案』

【著者】 
Vicenç Navarro López(ビセンス・ナバロ・ロペス)
Juan Torres López (フアン・トレス・ロペス)
Alberto Garzón Espinosa(アルベルト・ガルソン・エスピノサ)

【出版社】 Sequitur

【PDF版ダウンロード】
http://www.sequitur.es/wp-content/uploads/2011/10/hay_alternativas.pdf 

【概 要】
経済危機の分析と解決法を扱ったもので、とりわけ2008年のスペインの経済危機
とスペインの不動産バブル崩壊に言及しながら、2008~2011年の経済危機を分析
している。危機の原因や影響を分析しながら、企業(経営者団体)や銀行(銀行家
や大銀行の経営陣)や、彼らの利益に応えるために政治家や国際機関が行う提案
とは違うもう一つの道が存在していることを示すために、可能な解決策を提案する。
スペインにおける失業者の増加と福祉国家の衰退を前にして、ここで提案される
代替案は雇用と社会福祉の創出を目指すものとなっている。

【目次】
プロローグ-ノーム・チョムスキー
イントロダクション
1:世界経済危機の原因
2:スペインの危機の特異性
3:解決しなければならないこと-より公正で効果的な経済のためのアジェンダ
4:適正な雇用創設のための条件
5:社会費の赤字という抵当
6:雇用を創設して経済を回復するためには、経済を給与を下げるべきなのか、
 上げるべきなのか
7:経済活動の資金調達のもう一つモデル
8:もう一つの欧州、もう一つの世界
9:人間の役に立ち自然と調和する経済
10:115の提案 


CML メーリングリストの案内