[CML 019299] 【集会】李容洙(イヨンス)ハルモニ 今を語る ~被害者として名乗りでてから20年~@川崎市・エポック中原

pkurbys at yahoo.co.jp pkurbys at yahoo.co.jp
2012年 8月 16日 (木) 20:25:02 JST


紅林進です。

 「慰安婦」被害者への日本政府の謝罪と賠償を求めて、毎週水曜日に
韓国・ソウルの日本大使館前で続けられているいますが、昨日8月15日は、
その第1035回(これだけ続けても日本政府は、その訴えを無視してきた!)
韓国水曜デモに連帯する世界同時アクションの一環として、東京でも、
集会と「ちょうちんデモ」が行われ、私も参加しました。
 
9月12日(水)には、川崎市(武蔵中原)で、「慰安婦」被害者でこの間、
精力的にこの問題の解決を訴え続けてきた李容洙(イヨンス)ハルモニ 
を韓国から迎えて、下記の集会が開催されます。
 
主催は、「川崎から日本軍「慰安婦」問題の解決を求める市民の会」
(略称:求める会・川崎)です。
 
以下、そのご案内を転載させていただきます。
 

【集会】李容洙(イヨンス)ハルモニ 今を語る ~被害者として名乗りでてから20年~

と き:9月12日(水)開会午後6時30分(開場午後6時)~午後8時30分
ところ:エポック中原・第3会議室(JR南武線「武蔵中原駅」下車徒歩1分)
        地図http://www.sfc-kawasaki.jp/contents/hp0007/index00030000.html
[http://www.sfc-kawasaki.jp/contents/hp0007/index00030000.html]
資料代:500円
主 催:川崎から日本軍「慰安婦」問題の解決を求める市民の会(略称:求める会・川崎)
連絡先:070-6641-7850(佐藤)

求める会・川崎は、「慰安婦」問題解決のための意見を川崎で採択するために、
2008年に結成されました。これまでに市民委員会で4回の審議が行われました
が、8月1日の市民委員会では、「慰安婦」問題は「日韓協定で解決済み」という
自民党の論陣を大きく論破する議論が行われ、「あと一歩で採択か」というところ
まで来ています。

この「日韓協定解決済み」論を覆す大きな役割を果たしたのが、昨年8月の韓国・
憲法裁判所での決定であり、この発端をつくったのは、2002年の「慰安婦」被害
者、原爆被害者100人の原告団による「日韓請求権協定関連文書の公開を求め
る行政訴訟」です。イヨンス・ハルモニは、この闘いの先頭に立ちました。訴訟は
2004年に勝訴判決を勝ち取り、韓国政府は2005年に日韓会談に関する外交
文書を全面公開しました。そして官民共同委員会は、「日本軍慰安婦問題など日
本政府・軍など国家権力が関与した反人道的不法行為については請求権協定に
よって解決したと見なすことはできず、日本政府の法的責任は残っている」と判断
しました。日韓両政府を動かす闘いはいまだ困難を極めていますが、ハルモニた
ちの一歩一歩の闘いの積み重ねの上に、いま希望の扉が開かれようとしています。

本集会では、1992年に名乗りをあげてからのイヨンス・ハルモニの苦渋にみちた
闘いをお聞きします。

詳細=>http://blogs.yahoo.co.jp/tocka_jikkoi/63860674.html


(以下、転送・転載大歓迎)             


CML メーリングリストの案内