[CML 019221] 先生は軍の工作員だった

donko at ac.csf.ne.jp donko at ac.csf.ne.jp
2012年 8月 12日 (日) 22:53:36 JST


 坂井貴司です。
 転送・転載歓迎。
 
 再放送です。
 
 最初の放送は九州・沖縄限定でしたが、今回は全国放送です。
 
 太平洋戦争末期の沖縄・久米島に、日本本土から若い小学校教師が赴任しまし
た。礼儀正しく紳士的なその教師は、島の子ども達から慕われ、尊敬されました。
 
 やがてアメリカ軍の侵攻が近づきました。するとその教師は陸軍の軍服を着て
島の人達の前に現れました。
 
 「私は軍の工作員ある。来るべきアメリカ軍との戦いに備えて準備をしてきた。
島民は私の命令に従ってもらう。玉砕するまでアメリカ軍と戦うのだ!」
 
 彼は、情報収集や住民監視、ゲリラ戦誘導の工作活動を行う「残置工作員」で
した。
 
 最近になってやっと全貌が解り始めた「残置工作員」の実態を描きます。
 
 NHK総合
 
 九州沖縄特集「終わらない戦い〜戦後67年 もう一つの沖縄戦〜」
 http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=501&date=2012-08-15&ch=21&eid=59731
 
 放送日:8月16日
 放送時間:午前0:50〜午前1:40
 
坂井貴司
福岡県
E-Mail:donko at ac.csf.ne.jp
======================================
「郵政民営化は構造改革の本丸」(小泉純一郎前首相)
その現実がここに書かれています・
『伝送便』
http://densobin.ubin-net.jp/
私も編集委員をしています(^^;)
定期購読をお願いします!
購読料は送料込みで1年間4320円です。
 


CML メーリングリストの案内