[CML 019158] 【報告】第477日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2012年 8月 9日 (木) 07:39:24 JST


青柳行信です。8月 9日。

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第477日目報告☆
    呼びかけ人賛同 8月7日現在 総数2467
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】8月8日2名。 
     松岡紘一  橋本左内
★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★ 
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>

★ 横田つとむ さんから:
  青柳さま
お疲れさまでした。 
フクシマの事故直後のTV会議では、緊迫した状況と、東電本部がいかに原発について
無知であったかということが如実にわかります。
それと同時に 稼いでも稼いでも飽き足りないという資本主義の背骨を見せてくれます。
経団連の米倉某の発言は まさにそのモデルケースです。 
 たくさんの内部留保をつかえば、日本の国はもっともっと豊かになるはずです。
そろそろ政権交代の時期ですよ。

あんくるトム工房
上層部はあたまが 固い   http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/1990

★ 橋本左門 さんから:
    <無核無兵・毎日一首>
☆この年も遅く少なき蝉の声表土の中にて被曝したるか(左門 8・6−12)

○「呼びかけ人賛同」のつもりでしたが、申し込まねばならないのですね。
 仲間に加えてください。行信さんの1000日修行に声援を送ります。 

★ ギャー さんから:
おれたちは、つくづく、ひとつながりの生きものだなあと思う。
自分が手をぬけば、そのしわよせが、必ず他におよぶ。
そんなことを実感しています。
たった一度だけの人生の重さみたいなものを、この年になって、やっとこ味わっていますよ。(苦笑い)

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
きょうは、長崎に原爆が投下された日ですが、紙面は、昨日の政争のことばかり、何か変ですね。九州の地西日本新聞の紙面でも、わずかに一面の下方の「春秋」が長崎原爆関連の
話題です。
2面に、
1.「電力各社は値上げならリストラを 経産相が要求 」西日本8月8日 17:33 
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/317420
2.九電に計1000億円融資 地銀融資団と政策投資銀 上期」
・・・・・原発停止で膨らむ火力発電の燃料費や社債償還費用にあてる、とあります。人件費の圧縮などの手立てなしには・・・ということ声もあると。
3.「川内1次評価判断せず 保安院が審査結果」
・・・・川内1、2号機、泊1、2号機のストレステストの妥当かどうかの判断を報告書案に明記しなかったとあります。規制庁発足へ先送りか。
34面社会欄、
4.きょうの「九電のでんき予報」は89%となっています。
紙面にあるのはこれだけです。以下、ネットにある記事、
5.「福島県が汚泥保管費19億円請求 東電に11年度分」 西日本8月8日 11:41 
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/317384
記事「・・・・東京電力福島第1原発事故で放射性物質を含む下水汚泥を処理できず保管を余儀なくされているとして」、要求するそうです。
6.「規則改善まで原発認可せず 米原子力規制委員会」 西日本8月8日 18:41 
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/317433
7.「『菅氏、官邸前デモ「高く評価』 東電会議映像を批判」西日本8月8日 18:41 
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/317432
記事「・・・・日本記者クラブで講演し、原発再稼働に反対する官邸前のデモについて『組織化されていない市民の参加が多い。国民の意思表示として高く評価している』と述べ
た。」
8.「長崎原爆目撃で心理的被ばく 半世紀後でも」  西日本8月8日 10:37
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/317365
9.「もんじゅ落下事故復旧完了 理事長ら給与返納処分」 西日本8月8日 22:27
 ⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/317467
他紙でも、
10.「装置落下の復旧完了=もんじゅ、費用21億円―原子力機構」時事通信 8月8日(水)19時58分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120808-00000130-jij-soci
・・・・・稼働しないでもお金はかかりますね。
おまけで紹介します。
11.「『核のない世界へ貢献」』ルース米大使が福岡訪問 」西日本8月8日 13:42
⇒ http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/317399
・・・・「核のない・・・・」、どこまで本気なんでしょね。
・・・・・ネットにこれだけの記事があるのですが、・・・・活字にあらわされている紙面の伝わり方とずいぶんな違いがありますね。パソコンなどを立ち上げ、ネットを開き、ク
リックして検索しない限り目にしないわけですから。
最後に、この記事をしっかり読んでおきましょう。
12.「大飯原発断層調査 不備指摘も… 同じ会社(三菱系)が再調査 志賀・敦賀でも受注か」8月8日配信しんぶん赤旗
⇒http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2012-08-08/2012080815_01_1.html
記事「・・・関西電力大飯原発(福井県おおい町)の敷地内にある断層の再調査を経済産業省原子力安全・保安院が指示した問題で、この調査業務を関西電力が三菱グループ系の地
質調査会社「ダイヤコンサルタント」に委託したことが7日までにわかりました。同社は、調査の不備を指摘された同原発内の地質調査を30年前に受注しており、再調査を同社に
再委託した関電の姿勢に批判が集まりそうです。」

★ さとう さんから:
福岡・青柳さま、広島・哲野さま、みなさま
 <岩国付近新幹線内で高線量>
ベルギー在住で夏休み帰省中の大分出身環境ジャーナリスト川崎陽子さんから、今晩電話があり、
以下を広めてくださいと言われました。岩国ー徳山間の線量の高さに驚いたそうです。
新幹線内なのですが、何でしょう。
彼女は昨夏の帰省時にも測定していました。
大分でも昨夏よりあがっているそうです。(大分のご実家では、昨年0.08くらい → 今年 0.1μSv/hくらい ) 
.........................................................
http://199.16.156.8/ecoyoko
8月6日新幹線内で、相生―岡山間>21,新岩国―徳山間>545! 新下関―小倉間>200 (μSv/h)
で、線量計が3度もアラーム。 飯舘村でもならなかったのに。1日平均0.65。 7月28日名古屋―小倉間新幹線内では
アラームに気づかず1日平均0.54だったので故障かと思っていた。何かがありそう。 
..........................
前のツィートの線量計のアラームについて。.......7月から日本滞在中、福島以外ではほぼ1日平均0.1~0.2μSv/hだった。
相生から小倉間新幹線に乗った2日間の高線量は偶然とは思えない。
.....................................................

★ 安間 武(化学物質問題市民研究会) さんから:
  ◆大震災・原発の問題/デモ・集会
▼国際シンポジウム  福島の原発事故と人々の健康〜教訓と課題 8月27 日(月)18:15〜20:30 日比谷コンベンションセンター
▼8.26反原発デモ@渋谷・原宿 原子力規制委員会人事を撤回せよ!8月26日(日) 
15:00集合 16:00出発 宮下公園北側
▼8.10緊急!大飯原発を停止せよ!首相官邸前抗議 8月10日(金)18:00〜20:00 首都圏反原発連合有志
▼原子力規制委員会人事案撤回!アクション!8月10日(金)18:30〜20:00 経済産業省別館前
▼20:15〜21:00 環境省前(合同庁舎5号館)

▼8月5日(日) 講演会の動画 http://www.youtube.com/watch?v=HtaEsOdkFV8
 「1号機は津波前に壊れていた」国会事故調委員・調査員が語る福島原発事故の真相 

 ・伊東良徳氏(国会事故調調査員、弁護士)「非常用電源は津波前に停止した」
 ・田中三彦氏(国会事故調委員、科学ジャーナリスト)「津波前に重要配管は損傷していた?」
http://www.ne.jp/asahi/kagaku/pico/nuclear/nuclear_master.html
---------------------
脱原発関連情報
---------------------
■広瀬隆氏が、規制委員長候補の田中俊一氏を告発
ある原発の溶融貫通(メルトスルー) Aug 7, 2012 by OPTVstaff
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/6516716.html

■環境省が瓦礫の件でITとマスコミに払うお金
災害廃棄物の広域処理に係る広報について(Yahoo!Japan、ソトコト、J-WAVEとの協力) 

ある原発の溶融貫通(メルトスルー) 8月
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/6518409.html

■Chris Busby(YouTube日本語訳・字幕)
▼封印された放射能の恐怖
http://www.youtube.com/watch?v=QwhyHKNonEo&feature=relmfu
▼東京の放射能汚染値
http://www.youtube.com/watch?v=s8yDI9h1kxQ&feature=player_embedded

■大阪の子どもを福島県へ−福島ステークホルダー調整協議会の黒い霧
http://onodekita.sblo.jp/article/57285153.html

■なぜ、ふくしまで集団疎開が実現しないのか/知っておくべき「隠された福島の真実と現実」
http://mirainet.exblog.jp/18436920/
-------------------------
東京新聞を読もう!
-------------------------
■8月8日
こちら特報部
▼原発事故記録は誰のものか
 全面公開 なお拒む東電 TV会議視聴 制約だらけ
 真相解明に消極姿勢 一般向け「検討ない」
▼国会事故調査文書保存を
 非公開部分も歴史的価値 後世に検証余地残して
 秘密文書でも米は一定期間後公開
▼疑われる首相の本気度?
 慎重一転「原発ゼロ」言及 「世論による変化」 「信用できない」の声も
 ============================================================================
化学物質問題市民研究会メールサービス 
http://www.ne.jp/asahi/kagaku/pico/tsuushin/pico_shoukai.html
============================================================================

★ 松岡 さんから:
 <book12-54『「僕のお父さんは東電の社員です」』(森達也他)>
毎日小学生新聞編+森達也著『「僕のお父さんは東電の社員です」』(現代書館)
を読んだ。昨年暮れに発行された本だが、小学校の教員の友人より薦められてい
たが、やっと本屋で見つけ、読んだ。震災からそうたたない頃に「毎日小学生新
聞」に寄せられた「僕のお父さんは東電の社員です」という小学校6年生の投書
から始まった小学生の議論、中学生・高校生・大学生・大人を巻きこんだ討論を
ドキュメンタリー作家の森達也さんの「僕たちのあやまちを知ったあなたたちへ
のお願い」でまとめた本であった。子どもたちの討論が「みんなに責任がある」
という堂々巡りにおちいりがちなところを、森達也さんが「原発問題の本質」を
きっちり押さえた本だった。さすがだと思った。

<目次>
<ゆうだい君の手紙>
僕のお父さんは東電の社員です
東電は人々のことを考えているのか 北村龍行
<ゆうだい君への手紙>
小学生・中学生・高校生・大学生。おとなからの手紙
僕たちのあやまちを知ったあなたたちへのお願い 森達也
出版に際して 毎日小学生新聞編集長 森忠彦

★ 内富 さんから:
 <原発輸出(促進)ではなくこうしたこと(途上国での再生可能エネルギー普及)にこそODA(政府開発援助)を使うべき!>
 たったの58万円?でマイクロ小水力発電が!こういったものをアジア中に広めましょう!アジアでは計画停電が普通の国が多いです。ですが、こういったものを広めて、エネル
ギーを地域で。そして熊本独自の水質浄化技術で水を改善する。水とエネルギーがあれば、あとはその土地で海産物や農産物で平和に生きて行けます。戦争が激減するんですよね。

 特にベトナム。米国の嫌がらせに勝利したベトナムですが、今度は親日的感情を利用して、原発を入れて、ウラン経由での富を吸い取ろうとしています。今度はエネルギー戦争が
米国から仕掛けられています。小さな電力発電は、地域で部品製作やメンテの需給が生じるので地域で幸せになるんですね。

 日本中からアジア中に水質浄化とミニ発電を広めましょう!

以下、中日新聞記事
http://www.chunichi.co.jp/article/nagano/20120730/CK2012073002000016.html

【長野】マイクロ小水力発電機 飯田の5社激安に開発 2012年7月30日
飯田の5企業が開発したマイクロ小水力発電機=飯田市のマルヒで

 飯田市の企業五社が自前の機械部品や製造設備を共有することで、相場の約五分の一という一基五十八万円の「マイクロ小水力発電機」を開発した。最大出力は三キロワット。設
置工事を含めた費用は百五十万円以下を見込む。水力発電は安定した電力供給が見込めることから注目されるが、コストの高さが課題となっている。八月から実証実験を始め、低コ
ストを武器に全国発信を狙う。

 小水力発電は河川や水路に水車などを設置し、タービンを回して発電する。発電規模は千キロワット以下で、マイクロ小水力は一〜十キロワット。地形をあまり変えずに設置で
き、使用水量も少ないため、環境への影響が小さいのが利点とされる。

 開発は二月、科学技術振興機構が、同市のビジネスネットワーク支援センター「ネスクイイダ」(代表幹事・クロダ精機山本学社長)に「三年で収益が出る機械を」と依頼した。
ネスクは中小企業が競争力を高めるために共同で受注、製品開発、販売を行う組織。三月から、モーター製造会社マルヒはじめ、サンリエ、シンワ工機、テクロン、矢崎製作所の会
員五社が開発に乗り出した。

 三年で収益を出すという条件は厳しく、同機構から同じ依頼を受けた二カ所が断念した経緯がある。ネスクのオーガナイザー木下幸治さん(63)は悩んだが「構造はモーターと
同じ。専用設備を導入せず、各社の部品、設備を活用しては」と思い付いた。各社の量産部品を組み合わせてマルヒで製造したところ、二百〜三百万円という市場価格より大幅に安
い価格を実現した。

 発電機はパイプ部分が全長六〇センチ、直径一四センチ、プロペラ部分は直径三〇センチ。重さは三十五キロ。最大出力の三キロワットは、一般家庭が屋根に設置する太陽光パネ
ルと同規模だ。七月下旬から四機が順次完成し、八月から九州大、群馬大、岩手県釜石市、飯田市で実証実験される。

 木下さんは「日本のマイクロ小水力発電のナンバーワンを目指したい」と夢を描く。マルヒの後藤大治社長(45)は「効率の良いシステムを創り、節電や省エネに役立てたい」
と話している。(石川才子)
http://www.chunichi.co.jp/article/nagano/20120730/CK2012073002000016.html 

○−−−−−集会のお知らせ−−−−−○ 

● さよなら原発! 9・23福岡集会  
日 時:9月23日(日)
    14:00 集会開始 15:00デモ出発
場 所:福岡市・冷泉公園 

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○ 
     ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば★☆
 twitter フェイスブック ミクシー等で拡散よろしくお願いします。
    ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば ★☆
   昼12時から午後6時 火・水・木・土(月・金・日・祝日はお休み)
     ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
   場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1−82 
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
      ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211) ☆★
************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
       青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内