[CML 019136] 【報告】第476日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2012年 8月 8日 (水) 06:58:43 JST


青柳行信です。8月 8日。

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第476日目報告☆
    呼びかけ人賛同 8月7日現在 総数2465
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】8月7日6名。 
松本美佐子 伊地知七夕子 岡本 静 片山 進 宮本洋輔 匿名1名 
 
★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★ 
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>

★ 横田つとむ さんから:
 青柳さま
お疲れさまでした。
最近、また、初めての来訪者が増えてきました。
それだけ、事態は 急を要しているようです。
国会にしても、東電の事故当時のビデオにしても、ボロが
ぞくぞくと出ています。
主要な政党は 党利党略の様相で、国民のことを考えていないようです。
そんな内閣と、保管する勢力を叩きつぶしましょう。
原発はいりません。 オスプレイもいりません。 増税もさせるわけにはいきません。

あんくるトム工房
わたしにも 何かできますか?  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/1989

★ 橋本左門 さんから:
☆黒い雨を訴へるため手習ひしハル婆ちゃんの「切実」の文字(左門 8・7−11) 

※立秋「です。熱中症に留意して、涼しい日を迎えましょう!

★ とみた ちかしA.TOMI.C(長崎県大村市在住) さんから:
明日8月9日。
みなさん、すでにご存知で見られた方も多いとおもいますが
鎌仲監督の映画「内部被曝を生き抜く」の『長崎県東彼杵(ひがしそのぎ)町』での
上映会案内をさせてください。
そして、長崎県東彼杵(ひがしそのぎ)町の周辺に映画に行ってくださりそうな
友人知人がいらしたら、転送していただければうれしいです。
「メールで見ました」と言ってもらったら『前売り料金1.000円』で入れます。

映画「内部被曝を生き抜く」と「鎌仲ひとみ監督のトーク」
期日時間:2012年8月9日 午後1時開場 1時30分上映開始
場所:「東彼杵町総合会館文化ホール『グリーンハートホール』」
長崎県東彼杵郡東彼杵町彼杵宿郷706−4  電話 0957-46- 0353
料金:前売り1.000円 当日1.200円 大学生800円 小中高生無料
託児その他問い合わせは 080-8572-4176(ミツオカ)まで
higashisonogi8.9 at docomo.ne.jp
13時   開場
13時30分 上映開始
15時〜16時 鎌仲ひとみ監督トーク
16時2分 九州玄海訴訟原告団「魚住弁護士」疎開家族の話
16時30分終了
鎌仲監督作品映画DVD多数販売予定。
避難家族の手作りアクセサリーもあります。300円くらい。

映画の内容は↓こちらで
http://www.naibuhibaku-ikinuku.com/

この上映会の実行委員会は、福島原発事故による
関東からの「母子避難」「疎開家族」のお母さんたちでおこなわれています。
今まで、上映会などイベントをしたことのない、素人ばかり。

福島原発事故後、母子避難をサポートするグループが
長崎県下の市町村に受け入れの打診をして
快諾してくれたのが長崎県東彼杵郡東彼杵町だったのです。
そして昨年の夏に『東彼杵の夏休み』がおこなわれました。
その後、東彼杵町に数家族が定住しています。
その様子は下記の個人ブログにありますので見てください。

『東彼杵の夏休み』 in 九州  疎開編
http://higashisonogisokai.blog.fc2.com/

『東彼杵(ひがしそのぎ)町』
http://www.sonogi.jp/ は人口8,881人 世帯数3075世帯
なのですが、この上映会の会場の座席数は『600席』。
『600席』!!なのです。
そう、みなさんお気づきになったとおもいますが、そこで私のお願いなのです。

8月9日は長崎の平和公園に慰霊に行かれる方も多いとおもいますが、
11時02分に黙祷をされてからでも午後の上映会には間に合います。
車なら長崎自動車道 東彼杵IC出口の十字路信号を佐世保方面に直進し30秒、
緩やかなカーブの先信号機左手に道の駅、その向かい側のハコモノが上映会場です。
駐車場は無料。
公共交通機関ならJR浦上駅12:07発 佐世保行きに乗ると13:12彼杵駅着で
会場まで歩いて6分なので13:30上映開始には間に合います。
会場の真向かいが道の駅「彼杵の荘」、隣がコンビニなので便利です。

8月9日、長崎にアメリカが原子爆弾を落としたその日に思いを込めての
開催日だったのですが、平日で
「東彼杵町」で昼間に時間のあるのは高齢者と子どもだけでした。
______________________________________________________________________
*当日私は白黒ツートンのアフリカの帽子をかぶって雑用係をしています。
 なにかありましたら声をおかけください

★ 倉掛 さんから:
青柳様
 炎暑の中の活動、お疲れ様です。
テント設営妨害の話を聞き、頭にきました。何か手伝えることがあればと、思います。
さっそくですが、来る8月15日に集会とデモを行いますので、
ご案内申し上げます。
主催は、キリスト教会が中心ですが、どなたでも参加できますので、よろしく。

◆8.15平和を建設する集い2012◆
テーマ:原発と原爆 〜核の軍事利用と平和利用の境界を巡って〜
講師:木村 朗(あきら)さん (鹿児島大学教員・平和学専攻)
日時:8月15日(水)午後2時〜4時まで集会、のちデモ行進
場所:福岡渡辺通教会
    福岡市中央区渡辺通4-5-1   tel 092-751-6103
       (渡辺通り2丁目からBiviに入り河合塾手前)
  地図:http://tinyurl.com/9w4x8j9
参加費:500円
主催:反ヤスクニ福岡連絡会 連絡先 tel 092-521-7122(澤)

【講師プロフィール】
木村 朗(きむら あきら)
 鹿児島大学教員、平和学・国際関係論専攻。
 1954年8月生まれ。北九州市小倉出身。
 主な著作は、『危機の時代の平和学』、『広島・長崎への原爆投下再考−日米の視点』他。
 また、学生・院生だけでなく、社会人も参加できる「平和問題ゼミナール」
(1997年開講)を月1回のペースで開講するとともに、市民による独立した
インターネット・メディアであるNPJ(News for the People in Japan)に
2008年11月から自分の論評「時代の奔流を見据えて−危機の時代の平和学」を連載中。

★ ギャー さんから:
久しぶりに、朝のおなごみモードの中、今、テレビを見ていたら、住宅の地震の際の「100年保証」とかいう宣伝をやっていて、よく見ていないから内容は違うのかも知れないの
だけれども、先々のことを私企業が何の補償が出来るんだろうかと思ってしまったのですよね。何の補償も保証出来ないのが、資本主義という無責任体質で成り立っているこの社会
じゃないのかなあとね。そして、原発こそこうした社会が必然的に産み出した物として、利権、テク(テキトー)ノロジー、人間関係他、ありとあらゆるデタラメを詰めこんだ怪物の
卵だなあと思ったのですよね。その卵が核爆弾という怪物に孵ろうとしているのが、今の時代なのであって、この流れを変えることが出来るのも今しかないということですよね。い
のち豊かな未来より目先の金が、あるいは金や権力で他人やあらゆる生命を自分の思うがままに支配して、彼らの住む地獄に道連れにしようというのですよね。えらい迷惑なことで
すよね。原発を止める(廃止する)被曝労働なら喜んでやりますけど、こんな人たちの言いなりになって、「お国のために」命を投げ出すような恥ずかしい生き方は、
拷問で殺されたとしても、したくはありませんですよね。(笑)

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
昨日、報道された、
1.「首相に大飯即時停止要求 首都圏反原発連合 あす面会 ネットで生中継」
⇒http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2012-08-07/2012080702_03_1.html
消費税をめぐる政局の動きの中で、果たして、きょう実行されるのか注目でしたが、今朝の朝刊の3面に、
2..「脱原発団体との首相面会を延期 国会情勢理由に」、とあり、あらためて日程を調整すると。同記事の文に、次の記事も含まれています。
3..「市民団体との首相面会に反対 経産相『誤解招く』」 西日本8月7日 12:23
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/317194
ところで、一昨日公開された東電の影像に対して現地の報道では、
2.「県民の安全配慮なし 東電が会議映像を公開」福島民友ニュース8月7日
http://www.minyu-net.com/news/news/0807/news10.html
記事「・・・・原子力の専門家が取り乱すほどの事態を、県民は全く知らされなかった事実を映像は浮き彫りにした。」・・・・被災地した現地の新聞では、このように報道されて
います。現地では、影像をみて、あらためて怒りがわいているはずです。
さて、きょうの西日本新聞のネットでは、昨日と一転して、原発・電力、原爆の関連の記事のアメリカ大使の長崎の式典参加記事を加えたとしてもわずかに先の一件を除いて次の3
件でした。
3.「超党派「原発ゼロの会」75人に 選挙への影響見極めも 」西日本8月7日 19:35 
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/317251
4.「鹿児島県で11日から原子力防災訓練 20キロ圏対象 過去最大規模」 西日本8月8日 01:28 
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/317318
5.「米大使、長崎平和式典に出席へ 被爆67年で初 」西日本8月7日 12:44
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/317204
今届いた実際の紙面では、2面に、
6.「川内原発運転停止 『経営に影響』4割 薩摩川内市の事業所調査」
・・・・地元経済団体のアンケート調査への回答結果だそうです。
6面きょうの社説は、
7.「非人道性の原点に向き合おう 明日長崎原爆の日」 小見出しに「国際社会も注目」「フクシマ後の責務」ということばが並びます。明日ネットで検索ください。
社説検索⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/column/syasetu/
15面経済欄、
8.九電社債500億円 過去最大規模13日に発行」
7.「CO2排出量 九電40%増 11年度、原発停止影響」
・・・・火力発電所の稼働が増加が影響と。再生可能エネの開発を加速すべきです。
32面社会欄、
8.「原水禁世界大会長崎市で始まる」
9.「トルーマン氏の孫 長崎入り ナガサキの悲劇『心張り裂ける』 被爆者との対話、献花も」
10.きょうの「九電のでんき予報」は、90%とあります。
昨夜、玄海訴訟の原告への勧誘に行った先で聞いた話では、九電が節電の説明に来た際に、現状では不足時に調達先に予定している新日鉄の発電所等からの購入をもしなくて済んで
いるとの説明もあったとか、十分に足りているようです。
ネットに再生エネに関する興味深い記事がありましたので紹介しておきます。
11.「海外では普及が進む「地熱発電」が日本で開発されない理由とは?」週プレNEWS 8月7日(火)10時10分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120807-00000208-playboyz-soci
記事「・・・・もし日本が本気で地熱発電の開発を進めれば、2050年までに地熱だけで25%の電力を賄うこともできる。そしてほかの再生可能エネルギーを併用することで脱
原発を実現することも可能です。今世紀の終わりにはEGSも含めた地熱発電で全電力の半分を賄うことも夢ではない」
昨日の文章にミスがありました。
14.の記事紹介の行、「内容は見出し園もです。」⇒「内容は見出しそのものです。」
15.の記事紹介の次の行、「見出しが着かされています」⇒「見出しが追加されています」

★ 青木(宮崎の自然と未来を守る会) さんから:
みなさまへ
<ドイツから日本へ向けた反核・反原発デモ>
ドイツでも、日本語で「再稼働反対」です。ディッカウ市子さんからの 
メールを転送します。

> 7月29日にドイツのフランクフルトとベルリンにて日本へ向けた反 
> 原発集会&デモが行われました。
>
> フランクフルト
> http://www.youtube.com/watch?v=WJUo-gx7ZM8&feature=youtu.be
>
> ベルリン
> http://www.youtube.com/watch?v=7MeFUnU0tHQ
>
> また本日8月6日、広島の日にもフランクフルトとドルトムントで反 
> 核・反原発デモが行われます。
>
> 昨年は私たち親子もドルトムントで参加しました。http://ameblo.jp/ 
> allesklar/entry-10978172548.html
>
> ちなみにドイツでは毎年8月6日の数日前からHiroshimaとい 
> うドキュメント番組が放送されます。
>
> 私が初めてドイツに行った11年前、人と知り合うたびに
> 「日本は第二次世界大戦で原爆を投下されたけれどもその事について 
> どう思う?」
> と質問されました。私はうまく答えられず、ホームステイ先にあった 
> 百科事典や第二次世界大戦についてのビデオを見て日本の第二次世界 
> 大戦について知りました。
>
> ドイツと日本は同じ敗戦国ですが【歴史】の重みが違う事にその時に 
> 気づきました。
> 日本の歴史は、学校の試験の為に習う歴史にすぎない。。。
> 一方、ドイツでは、伝えて行く歴史であることに。
>
> 4月頃大淀川沿いを散歩していると突然話しかけられました。
> いろいろな話をしましたが第二次世界大戦の時の話を聞きました。宮 
> 崎県も第二次世界大戦中は19回も空襲があった、と。
>
> こういう事も、原発の事も自ら知ろうと調べたり聞いたりしなければ 
> 知る事の出来ない日本の現状ですが、知っている人が伝え続ける事が 
> とっても大事であると私は思っています。
> 戦争や紛争、原発のない平和な世界になります様に
> ディッカウ 市子

★ 安原 さんから:
転送です。
政府はエネルギー政策の見直しに際して、3つのシナリオを
示して、意見を求めています。
 脱「原発」へ向かって、意見を出しませんか。
 もう済ませた方、御存じの方、お許しください。
 締切は間もなく、8月12日(日)18時です。

 参考にするWebサイトでは、WWFのが判りよいと思います。
http://www.wwf.or.jp/campaign/2012pbc/

 幸福実現党は、今なお原発推進を推奨しています。
http://www.hr-party.jp/new/2012/27467.html

 ☆ オンラインで送る方は−−−−−−−−−
 内閣府−−−パブリック・コメントのフォルムから
https://form.cao.go.jp/aec/opinion-0027.html

★ m-kawa7 さんから:
こんにちは、
松田さんの代理で投稿します

【大飯原発原発再稼働止めろメッセージ集め&関電要請報告】
 
イラク平和テレビ局in Japan 松田
 
 7月27日ZENKOの呼びかけで行われた「カネより命!大飯原発今すぐ止めて関電あかんでん!1万人の包囲アクション」へ参加し、
その中で行われた関西電力への要請で東京や大阪で書いてもらった「大飯原発再稼働やめろ」のメッセージを48枚あつめて持って行きました。
以下、写真付きで報告みれますのでぜひ、↓ブログを見てください♪
http://blog.goo.ne.jp/mediastudiosana/e/ed47f8469a74422167ea8af499413293

○−−−−−集会のお知らせ−−−−−○ 

● さよなら原発! 9・23福岡集会  
日 時:9月23日(日)
    14:00 集会開始 15:00デモ出発
場 所:福岡市・冷泉公園 

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○ 
     ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば★☆
 twitter フェイスブック ミクシー等で拡散よろしくお願いします。
    ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば ★☆
   昼12時から午後6時 火・水・木・土(月・金・日・祝日はお休み)
     ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
   場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1−82 
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
      ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211) ☆★
************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
       青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内