Re: [CML 019112] 「総合知としての芸術の可能性 グランサコネ通信120806」

大山千恵子 chieko.oyama at gmail.com
2012年 8月 6日 (月) 20:32:14 JST


総合知の前田朗さん

(これが実は半世紀前の話というのは最高機密なのだが)
小学生のとき、モンブランというのは...ラーメンの上に栗が載ったケーキだと思っていた。
西洋のひとは、なんでこんな変なもん食べるんだろうと不思議だった。

その後...フランス語で「白い山」だと知り、違うじゃんと。

ジュネーブの有名な橋の名前でもあるのですね。

大きい山より

2012年8月6日 16:12 <maeda at zokei.ac.jp>:

> 前田 朗です。
> 8月6日
>
> 「総合知としての芸術の可能性 グランサコネ通信120806」をブログにア
> ップしました。
> http://maeda-akira.blogspot.ch/2012/08/blog-post_6.html
>
>
>
>


-- 
大山千恵子
ブログ「千恵子@詠む...」毎日更新http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama


CML メーリングリストの案内