[CML 019110] 8.23 学習会  侵害される言論・表現の自由

maeda at zokei.ac.jp maeda at zokei.ac.jp
2012年 8月 6日 (月) 14:58:31 JST


前田 朗です。
8月6日

転送

 <転送歓迎>
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 8.23 学習会
 侵害される言論・表現の自由 
   
 ■とき
 2012年年8月23日(木)18:30〜
 ■ところ
 かながわ県民センター708号室
 (横浜駅西口下車徒歩5分、ヨドバシカメラ裏)
 ■お話
 山下幸夫さん(弁護士)
 「侵害される表現の自由…コンピュータ監視法、
 ダウンロード処罰、共謀罪、新たな捜査手法導入」
 ■報告
 角田富夫さん(盗聴法に反対する市民連絡会)
 「施行後12 年間の盗聴法の適用状況と問題点」 
 ■参加費 500円
 ■主催
 盗聴法に反対する市民連絡会
 TEL:090-2669-4219
 ネットワーク反監視プロジェクト
 TEL:070-5553-5495
  
   民主党政権になって以降、市民の表現の自由等の人権を侵害する法律や
 法案が目白押しです。
 昨年のコンピュータ監視法、本年のダウンロード処罰、今国会で制定を策
 す共通番号法、さらに三度廃案になった共謀罪の創設を図る動き、取調べ
 の録画・録音と引き替えに盗聴法の大改悪や司法取引など新たな捜査手法
 の導入を狙う動きなど、数えればきりがありません。
 私たちは、いま市民の表現の自由等、人権がどういう状況にあるのかを正
 しくつかみ、今後どうしていくのかを考え、行動していかなくてはならな
 いと思います。そのための学習会を開きます。
 ぜひ、ご参加ください。 





CML メーリングリストの案内