[CML 019104] 【報告】第474日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2012年 8月 6日 (月) 08:34:52 JST


青柳行信です。8月6 日。
ひろば・テント 日時 昼12時から18時 火・水・木・土(月・金・日・祝日はお休み)

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第474日目報告☆
    呼びかけ人賛同 8月5日現在 総数2458
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。 
  さよなら原発! 福岡  http://bye-nukes.com/fukuoka     

★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★ 
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>

★ 横田つとむ さんから:
  青柳様
お疲れさまです。
今日は思い切って、福間の海岸まで 釣りに行きました。
キスが2匹、ハゼが1匹でした。塩焼きにして食べました。

あんくるトム工房
2年ぶりの釣り    http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/1987
夏はスイカにかぎる  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/1986

★ 橋本左門 さんから:
☆原水爆禁止世界大会の宣言に「非核の世界」明白に光る(8・6−9)
※「明日では遅すぎる」が「今日なら遅すぎない」。
 連帯が広まり・深まるように祈りつつ読む。

★ 土井正美(別府市) さんから:
青柳行信様
 毎日メールありがとうございます。
 毎日開けてみています。特に小出氏など原発に関してのビデオはお気に入りに入れてよく見ています。
 中身が深く、専門的な面も分かり、本を読むよりも学習になります。
 私は大分市の官邸集会に呼応した集まりに2週間前に参加し、そのあと時間が取れなくでいっていませんが
 行くつもりであります。だれでも関心のある人は一緒に原発なくせを叫ぶことがだいじですね。

★ 医師の音成(ねしげ)(久留米市) さんから:
みなさんの努力に敬服しています。
私は、先週、公民館で女性の会の方に認知症のお話をしました。
最後に原発問題を質問しました。20年後に原発ゼロが10人、15%も8人いました。
これは何を意味しているのかを考えました。
現在、原発に大賛成の方はいないにもかかわらず、8人は容認しています。

つまり、今の生活を壊したくない、原発がないと日本経済は冷え込み、ただでさえ就職難なのにさらに悪化する、
あれほどの地震と津波は私が生きているときには起きないだろう、などと考えてる人でしょう。
その人たちを脱原発に賛成させないと脱原発の実現は極めて困難でしょう。
彼らを脱原発に賛成させるには、自然エネルギーで原発を代用できることを示さなければなりません。
現在できることは、送電線分離を完全なもにすること。
送電線分離も電力会社を存続させるために、官僚が巧みに言葉を使いごまかしているそうです。
それと、脱原発を心から推進する首長と国会議員を当選させることでしょう。
元官僚が知事になるようでは先が見えません。
 
★ 小野進一 さんから:
 <ひろば・テント一周年祝賀会で朗読「詩」紹介>
潮流詩派の丸山由美子さんの「海から見えたもの」が収録されています。
あの時、ビールが美味かった。
脱原発・自然エネルギー 218人詩集
コールコサック社
「フクシマのあとに声を発しないことは野蛮である」と。
音楽家 坂本龍一
残念ながら僕の詩は載っていません。
まだまだ、ビールが飲み足りないようです。

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
きょうは、広島に原爆が投下された日、原発・原爆ともに、はやくこの世のなかから消し去りたいものです。
ところで、きょう午後にも「福島原発事故で東京電力がテレビ会議映像公開(午後)東京電力は6日、福島第1原発事故の直後から本社と同原発などを結んで行われたテレビ会議の
録画映像を報道関係者に公開する。」「公開されるのは約150時間分だが、うち約100時間には音声がない。」・・・果たして、新事実が公開されるのか、注目です。
さて、西日本新聞のなどネットで公開されている記事は以下の通り、
1.「新型世調」の2日目討論終了 新たなエネルギー・環境政策へ 」西日本8月5日 13:50 
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/316795
「・・・・将来の原発比率などをめぐり、約280人が4日と同じく、小グループでの討論と専門家を含めた全体会議をし、最後に参加者へのアンケートを行い終了した。」
2.「討論型世論調査、原発の安全懸念 『ゼロ案』優位か 」西日本8月5日 19:37
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/316867
記事「・・・共同通信が参加者の約3割にあたる88人に聞いたところ、約7割がゼロ案を支持すると回答。」
3.「今冬、北海道に節電要請も 政府、5〜10%案浮上」  西日本8月5日 18:23 
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/316854
記事「・・・・・北海道電力泊原発の再稼働が年内に可能かどうかを見極めて判断する。」 「泊原発の再稼働は、9月の発足を目指す原子力規制委員会が安全性を検討し、政府が
決める。」
・・・・・こんな言葉が記事に並んでいます。泊、伊方、川内、・・・・ねらわれています。
4.「福山氏、事故情報不足を反省 原発対応で新書 」西日本8月5日 17:37
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/316838
記事「・・・・東京電力福島第1原発事故当時、官房副長官を務めていた民主党の福山哲郎参院議員」「東電の撤退問題に関しては、申し出を『全面撤退』と受け止め、『一部撤退
だった』と主張する東電に反論している。」
5.「トルコ原発計画、10基に拡大も 『有望市場』後手にまわる日本」産経新聞 8月5日(日)7時55分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120805-00000062-san-bus_all
記事「・・・・7月中旬、九州ニュービジネス協議会がトルコを視察。大成建設が参画するボスポラス海峡横断鉄道トンネルの建設現場などを訪問した。同協議会の松尾新吾会長
(九州電力相談役)は『経済発展に伴って鉄道や電力、道路などインフラ整備の需要が高まれば、日本企業が協力できる余地は大きい』と語った。」
・・・・なんと、こんな記事に松尾元九電会長の名前がでています。原子力ムラでちゃんと役割を発揮しています。脱原発の方向をはっきりさせ、こうしたビジネスからも撤退すべ
きです。
世界の方向が原発依存からの脱却の動きの中で東アジアのフクシマを経験を持つ日本と中韓の名前がビジネスの中心に出てくるのも複雑な思いがあります。
6.「原発報告書 質疑の見通し立たず」NHK8月5日 4時50分
⇒http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120805/t10014082971000.html
記事「・・・具体的な調整は進んでおらず、報告書が国会に提出されて1か月となる今も質疑が行われる見通しはたっていません」・・・・せっかくの報告書が埋もれてしまう懸念
があります。
届いた今朝の朝刊はどうなっているか。
6面、きょうの社説は、
7.「フクシマが促す非核への歩み 広島原爆の日」 ・・・・3.11を担う日本の責務について論じています。明日ネットで確認してください。
社説検索⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/column/syasetu/
2面に1.と2.の紙面での記事が掲載されています。そのすぐ横に識者の声の囲み記事として、
8.「政府のいいとこ取り懸念」とあり、政府が導きたい根拠として都合のよいところだけのいいとこ取りをして政策を結論付けることを懸念しています。
他の記事は紙面には、ないですね。
28面社会欄、
9.「広島きょう『原爆の日』」・・・・平和宣言では、『脱原発依存』の議論を見守るとして原発の是非は直接示さない」と言うことのようです。
10.きょうの「九電のでんき予報」は90%とあります。十分に足りています。
官邸前の動きが伝えられる中、大阪はどうなっているかな、と思っていましたが、しんぶん赤旗に関電の本店前の動きを伝えています。
11.「膨れあがる「原発NO」大阪 『ナツダツゲンパツ!2012』」
⇒http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2012-08-05/2012080515_01_1.html
記事「・・・・参加者が関西電力本店前で「原発いらない」と唱和すると、300人余のイベント参加者の隊列に市民が次々に加わり、みるみる数倍にふくれあがりました。」

★坂井貴司 さんから:
 隠された「黒い雨」 NHK総合 NHKスペシャル
 8月6日午後8時00分〜8時49分
 「黒い雨〜被爆者調査67年目の真実〜(仮)」
 http://www.nhk.or.jp/special/detail/2012/0806/index.html
 
 井伏鱒二の小説「黒い雨」で描かれているように、原爆が投下された直後の広
島・長崎に放射の姓物質を含んだ「黒い雨」が降りました。この雨を浴びた人々
の多くが放射能障害で死亡、または後遺症に苦しみました。
 にも関わらず、この「黒い雨」の存在は公式には認められてきませんでした。
 データはないとされてきました。
 
 ところが昨年暮れ、長崎の医師の問い合わせをきっかけにデータが公表されま
した。これはアメリカの研究機関ABCCが集め、研究を引き継いだ放射線影響
研究所(放影研)が保管していたものでした。 
 なぜ67年間も隠されてきたのか。NHKスペシャルが「黒い雨」の実態に迫ります。

★ 内富 さん:
【8・6「原発も原爆もゼロに」特別企画】『Hibakusha〜広島から福島へ続く原子力ビジネス〜』上映&増山麗奈さんのお話
http://www.facebook.com/events/260950854016653/declines/?notif_t=group_activity
http://d.hatena.ne.jp/byebyegenpatsukyoto/20120805/1344145124

★ 杉原浩司 さんから:
阪上武さん(フクロウの会)のメールを転送します。
なお、今週10日金曜も環境省ヒューマンチェーンを行うことになりました。
---------------------------------------
原子力規制委員会人事案撤回を求めて各種アクションがあります!
■国会議員声明記者会見
8月6日(月)の午後5時から、国会議員声明について記者会見を行います。
どなたでも参加できます。人事案に反対する議員を応援しましょう。
http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/86-6a4c.html

◇原子力規制委員会人事をめぐる国会議員声明についての記者会見
◇8月6日17時〜18時
◇参議院議員会館B107(16時半よりロビーにて通行証配布)
◇問合せ:国際環境NGO FoE Japan 満田(みつた):090-6142-1807
     福島老朽原発を考える会 阪上:090-8116-7155
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■国会議員声明賛同募集
国会議員声明の賛同は、8月6日9時締め切りです。地元選出の民主・自民・公
明の国会議員にぜひ働きかけて下さい!
国会議員の検索は → http://seiji.yahoo.co.jp/giin/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■緊急署名…「原子力規制委員会」のムチャクチャ人事に異議あり!
〜二次締め切りを8月6日(月)午前9時に延長しました〜
★オンライン署名はこちらから
https://fs222.formasp.jp/k282/form2/
★こちら補助フォームです。
https://pro.form-mailer.jp/fms/d75df4fc31929
★紙の署名はこちらから
https://dl.dropbox.com/u/23151586/120729_jinji_shomei_1side.pdf
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■市民500人で国会へ行こう!原子力規制委員会人事にNo!
…手分けをして議員事務所を回ります
http://e-shift.org/?p=2220

◇日時
 8月6日(月) 14:00 参議院議員会館ロビー集合
 8月7日(火) 14:00 参議院議員会館ロビー集合
◇呼びかけ:eシフト(脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会)、
      原発ゼロパブコメの会
◇連絡先:FoE Japan 吉田 (080-5173-0136/ 03-6907-7217)
 みんなで決めよう!「原発」都民投票/国民投票 丸子(090-6543-9900)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■衆議院第二議員会館前でのアピール
◇8月7日(火)
◇8月8日(水)
◇朝9:00〜10:00
◇衆議院第二議員会館前にて
◇マイクアピールとチラシ撒き等
どなたでもご参加できます。飛び入り大歓迎!
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■金曜日の経産省別館前アピール・環境省ヒューマンチェーン
→10日もやります!
★金曜日18:30〜20:00 原子力規制委員会人事・大飯原発再調査問題
 経産省別館前…おおいホレホレコールが大好評!!
◇日時:8月10日(金)18:30〜20:00
◇場所:経済産業省別館前(保安院・エネ庁・新規制庁)
◇主催:国際環境NGO FoE Japan、福島老朽原発を考える会
    原発を考える品川の女たち、プルトニウムなんていらないよ!東京
★8月10日(金)20:15〜21:00 環境省(合同庁舎5号館)前にて
原子力規制委員会人事撤回を求めて、集会とヒューマンチェーンが行われます
◇主催:再稼働反対!全国アクション、国際環境NGO FoE Japan、
    福島老朽原発を考える会、原発を考える品川の女たち、
    プルトニウムなんていらないよ!東京、経産省前テントひろば
[当日連絡先] 090-6185-4407(杉原)、090-8116-7155(阪上) 
☆---------------------------------------- ☆
【大緊急!】
「原子力規制委」人事案の行く末を決める衆参議運理事メンバーと
鍵を握る 菅直人、輿石東、斉藤鉄夫、細野豪志 の4人に
大至急ファックス、電話で働きかけてください。
      ☆ -------------------------[転送・転載歓迎/重複失礼]
東京の杉原浩司(福島原発事故緊急会議/緑の党 Greens Japan)です。
「原子力ムラ」まみれの危険な「原子力規制委員会」人事案ですが、市民
や心ある国会議員たちの努力によって、民主党内の異論が公然化して
きました。本日6日(月)15時に行われる衆院議院運営委員会などにおい
て、今週中の同意採決日程を決めさせないことが重要です。採決を先延
ばしさせれば、内閣不信任案提出の動きの波及などによって、人事案手
続きが大きく揺らぐ可能性が高まります。

今週が大きなヤマ場です。人事案の行く末を決める議運理事メンバーと、
採決の動向の鍵を握る、菅直人(人事案反対の態度を明確にしていない)、
輿石東(党議拘束を示唆し民主党議員に圧力をかけようと画策)、斉藤鉄
夫(公明党の人事案への態度決定に影響力)、そして、人事案の責任者
である細野豪志大臣に、大至急ファックス、電話で働きかけてください。
(後半に要請先一覧)
【参考:要請のポイント】 ※なるべくご自分の言葉で書いてください。

・「原子力ムラ」まみれと政府与党内からさえ異論の出る人事案を、そのま
ま拙速に採決するなら、議運もまた責任を問われる。まずは細野大臣に白
紙撤回を促すべき。

・人事案は、設置法の大義名分で、細野大臣の答弁にもあった、「利用と
規制の分離」「公正中立」「原子力ムラとの決別」「国民の信頼」のいず
れをも満たしていない。

・原子力委員会の秘密会合にも参加していた田中俊一氏は、東電福島
第一原発事故のまさしく「A級戦犯」とも言うべき人物であり、不適格。

・人事案は、「法の趣旨に反する」のみならず、「法そのものに反する」。
すなわち違法。更田豊志氏・中村佳代子氏は、原子力規制委員会設置
法第7条7項の、原子力事業者の委員への就任を禁じた規定に違反。

・田中俊一氏が3月まで会長を、現在は顧問を務めている「高度情報科学
技術研究機構」は、事実上「日本原子力研究開発機構」(=原子力事業者)
の関連法人であり、田中氏の委員長就任も法的に強い疑義がある。

・田中俊一氏は自主避難者への賠償に反対し、中村佳代子氏は「低線量
被ばくは子どもと大人で発ガンリスクに差がない」と公言。二人とも低線量
被ばくを軽視しており、福島切り捨てにつながる。

【衆議院議院運営委員会・理事】(注:◆印は特に。以前のものに追加あり)

◆小平忠正[委員長](民主・北海道10)(FAX)03-3597-2930 (TEL)03-3508-7261
◆糸川正晃 (民主・比例北陸信越)(FAX)03-3508-3839 (TEL)03-3508-7039
◆松野頼久 (民主・熊本1)(FAX)03-3508-8989 (TEL)03-3508-7040
◆山井和則 (民主・京都6)(FAX)03-3508-8882 (TEL)03-3508-7240
 笠浩史  (民主・神奈川9)(FAX)03-3508-7120 (TEL)03-3508-3420
 鷲尾英一郎(民主・新潟2)(FAX)03-3508-3062 (TEL)03-3508-7650
◆佐藤勉  (自民・比例北関東)(FAX)03-3597-2740 (TEL)03-3508-7408
 高木毅  (自民・福井3)(FAX)03-3508-3506 (TEL)03-3508-7296
◆太田和美 (生活・福島2)(FAX)03-3508-3318 (TEL)03-3508-7318
◆遠藤乙彦 (公明・比例北関東)(FAX)03-3508-3415 (TEL)03-3508-7224

【参議院議運の理事にも働きかけを!】
    ↓   
参院議運名簿
http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/konkokkai/current/list/l0029.htm

◆菅直人(前首相)
 ※「脱原発、原子力ムラ解体なら、人事案反対を明確に」と。
(FAX) 03−3595−0090
(TEL) 03−3508−7323 
地元(武蔵野)事務所
(FAX) 0422−55−7768
(TEL) 0422−55−7010  

◆輿石東(民主党幹事長・山梨) 
 ※「不正・違法な人事案賛成の党議拘束は許されない」と。
(FAX) 03−3593−6710
(TEL) 03−6550−0322

◆斉藤鉄夫(公明党幹事長代行・比例中国) 
 ※「公明党は原子力ムラでなく、脱原発を求める市民の側に立て」と。
(FAX) 03−3501−5524
(TEL) 03−3508−7308

◆細野豪志(環境相、原発事故収束担当相)
 ※「不正・違法な人事案を今すぐ撤回しろ」「原子力ムラのとりこになるな」と。
(FAX) 03−3508−3416
(TEL) 03−3508−7116
地元(三島)事務所
(FAX) 0559−91−1270
(TEL) 0559−91−1269

◆あわせて、
地元選出の民主・自民・公明の国会議員にもぜひ働きかけて下さい!
国会議員の検索は → http://seiji.yahoo.co.jp/giin/

★なお、衆議院は (TEL) 03−3581−5111
     参議院は (TEL) 03−3581−3111 

に電話して、議員名を名乗れば、その議員の国会事務所につないでくれます。 

○−−−−−集会のお知らせ−−−−−○ 

● さよなら原発! 9・23福岡集会  
日 時:9月23日(日)
    14:00 集会開始 15:00デモ出発
場 所:福岡市・冷泉公園 

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○ 
     ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば★☆
 twitter フェイスブック ミクシー等で拡散よろしくお願いします。
    ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば ★☆
   昼12時から午後6時 火・水・木・土(月・金・日・祝日はお休み)
     ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
   場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1−82 
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
      ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211) ☆★
************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
       青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内