[CML 019103] 「無害な放射線などない」イアン・ゴッダード分析: 低線量放射線 新しい原爆研究報告

Yasuaki Matsumoto y_matsu29 at ybb.ne.jp
2012年 8月 6日 (月) 07:39:06 JST


みなさまへ    (BCCにて)松元

Peace Philosophy のブログに、イアン・ゴッダードの分析「低線量放射線 :新
しい原爆研究報告 〜原爆被ばく生存者〜」が 掲載されましたので、紹介させ
ていただきます。日本語版、英語版ともにコピー写真で多少読みずらいですが、
貴重なデータとあわせてお読みくださ い。

=====以下、紹介分の転載=====

Thursday,August02,2012
イ アン・ゴッダード分析: 低線量放射線 新しい原爆研究報告
<http://peacephilosophy.blogspot.com.es/2012/08/blog-post.html>


当サイトに、

ベラルーシの放射線防護研究所による「農作物への放射能対策」
<http://peacephilosophy.blogspot.ca/2011/07/blog-post_22.html>

イアン・ゴッダード分析: 「福島放射線 NOT SAFE」 〜過小評価され
る乳幼児発ガンの危険性 日本語版 
<http://peacephilosophy.blogspot.jp/2012/05/ian-goddard-analysis-of-research-of-low.html>

といった福島核危機、特に放射性物質の環境、健康影響について重要 な海外論
文の和訳を提供いただいている大下雄二さんから。

    イアン=ゴッダードが発表した前回の「福 島放射線 NOT SAFE! 
    〜過小評価される乳幼児発ガンの危険性〜」に続いて、今回「?低線量放射
    線 ?新しい原爆研究報告 〜原爆被ばく生存者〜」が、 ビデオの翻訳版と
    して新たに出されました。
    前 回でイアンは、アメリカ科学アカデミーから誰にでも公開されている
    データを縦横無尽に展開し、同時に最先端の調査とも比較しつつ放射 線が
    子供や遺伝子に与える大きな影響に警鐘を鳴らしています。日本の被ばく許
    容線量20ミリシーベルトのその10分の1、2ミリシーベルトとは何を意
    味するか知って下さい。
    次 に今回の内容についてです。今年新たに発表された広島長崎の被ばくに
    ついての研究報告基づき、イアンによってひとつひとつの問題がグ ラフを
    駆使され、解か れていきます。それらのグラフを見ただけで誰もが直観的
    に低線量放射線の真実を知ることでしょう。100ミリシーベルトでも大丈
    夫と いう一部の科学者、ま た健康によい効果がある(?)という「ホルミ
    シス」とは一体何なのか。これほど分かりやすい解説は他にはあまりなさそ
    うです。
      前回の巻頭にはグラフを使用しました。今回は「Atomic-bomb
    survivor(原爆 被ばく生存者)」とイアンが記した、広島で原爆投下に取
    り残された子供の写真を巻頭に使いました。
       これまで使われたひとつひとつのグラフの冷たい直線や曲線には、罪
    のない人々ひとりひとりが埋め込まれているのです。そんな思いを 深く胸
    に受け止めていただき、イアンが文章の最後に引用した言葉をお読みください。
                                      
                    以上

全文書はここからダウンロードできます。

日本語版 <https://docs.google.com/open?id=0B6kP2w038jEAMFlmd0JvQlZjVUE>
   英語版
<https://docs.google.com/file/d/0B6kP2w038jEAWmgxY3hmTFlKdjg/edit>


(以上、転載終わり)

-- 


===================
Palestine Solidarity in Sapporo
パレスチナ連帯・札幌 代表 松元保昭
〒004-0841  札幌市清田区清田1-3-3-19 
TEL/FAX : 011−882−0705
E-Mail : y_matsu29 at ybb.ne.jp
振込み口座:郵便振替 02700-8-75538  
===================



CML メーリングリストの案内