[CML 019099] 明日8/7(火)堤未果さん講演:アメリカの失われた10年からの警告「政府は必ず嘘をつく」〜暮らしを守るために、今私たちができること〜(日本の医療を守る市民の会 第49回勉強会)

pkurbys at yahoo.co.jp pkurbys at yahoo.co.jp
2012年 8月 6日 (月) 04:12:06 JST


紅林進です。

「日本の医療を守る市民の会」の第49回勉強会のご案内を転載させて
いただきます。

今回の講師は、『ルポ・貧困大国アメリカ』などの著作のあるジャーナリスト
の堤未果さんです。今アメリカで起こっていること、そして、それがたんに
アメリカ一国にとどまらずに世界中の人々の暮らしに影響を与えている
ことをお話しいただきます。

事前申込が必要で、申込は主催団体「日本の医療を守る市民の会」の
下記ホームページの「第49回勉強会 参加申し込みフォーム」からお願い
致します。http://iryo-mamorukai.com/?page_id=23


(以下、転載、転送・転載歓迎)

日本の医療を守る市民の会 第49回勉強会のご案内

アメリカの失われた10年からの警告「政府は必ず嘘をつく」〜暮らしを守るために、
今私たちができること〜

今回は8月7日(火)。ジャーナリストの堤未果さんに、今アメリカで起こっていること、
そして、それがたんにアメリカ一国にとどまらずに世界中の人々の暮らしに影響を
与えていることをお話しいただきます。ぜひ、ご参加ください。

【講 師】 堤 未果 (つつみ みか)氏
●プロフィール● ジャーナリスト
東京生まれ。ニューヨーク市立大学大学院国際関係論学科修士号修得。国際婦人
開発基金(UNIFEM)等を経て、米国野村証券に勤務中に「9.11 同時多発テロ」に
遭遇。以後、ジャーナリストとして各種メディアで発言、取材・執筆・講演活動を続ける。
おもな著書に「報道が教えてくれないアメリカ弱者革命〜なぜあの国にまだ希望が
あるのか」(海鳴社)(2006年、日本ジャーナリスト会議黒田清新人賞受賞)、「ルポ・
貧困大国アメリカ」(岩波新書)(2008年、日本エッセイストクラブ賞受賞、新書大賞
2009受賞)、「ルポ・貧困大国アメリカ供廖粉簀反圭顱法◆屮▲瓮螢から〈自由〉が消える」
(扶桑社新書)、「政府は必ず嘘をつく―アメリカの『失われた十年』が私たちに警告
すること」(角川SSC新書)など多数。

【講演内容(予定)】
1. 9.11後のアメリカの10年が示す日本の近未来は?
2. 3.11  9.11  TPP  原子力村  アラブの春はすべて同一線上にある!

【日 時】 2012年8月7日(火) 18:30〜20:30
【場 所】 中野サンプラザ8階研修室 (中野区中野4−1−1) 
      ※JR中野駅北口徒歩2分
      アクセス・地図http://www.sunplaza.jp/access/
【参加費】 一般1500円・学生800円(いずれも税込) 
      ※勉強会当日、受付にてお支払いただきます。
【申込み】下記ホームページの「第49回勉強会 参加申し込みフォーム」から
      お願いいたします。http://iryo-mamorukai.com/?page_id=23
      FAX03−3383−6030 でも受けつけます
【主 催】 日本の医療を守る市民の会
      http://iryo-mamorukai.com/ 
【お問い合わせ】 TEL03−3383−1018
           (「日本の医療を守る市民の会」 担当/内藤眞弓) 


CML メーリングリストの案内