[CML 019089] ふくしま集団疎開裁判は、低線量被曝をめぐる本格的な科学論争へ

Yasuaki Matsumoto y_matsu29 at ybb.ne.jp
2012年 8月 5日 (日) 07:30:51 JST


      みなさまへ   (BCCにて)松元

ふくしま集団疎開裁判が、低線量被曝をめぐる本格的な科学論争を迎えることに
なりそうです。
案の定彼らは「証拠」として昨年12月の、終始ICRPのリスク基準を参照・追認す
るだけの「低線量被ばくのワーキンググループ報告書」を採 用しています。内
部被曝を考慮に入れないICRP基準を「国際的合意」として国民に強制しようとし
ています。

以下、ブログから紹介いたしますが、科学者氏名および準備書面のリンク先が出
ない場合は下記のブログから参照してください。

●ふくしま集団疎開裁判ブログ
http://fukusima-sokai.blogspot.jp/


      =====以下、転載=====


      【速報】郡 山市から反論書面が提出(8.2) 裁判はロスタイムへ。勝負
      は低線量被ばくの安全神話をめぐって50年以上続く国内・国際原子力ムラ
      対 アリス・スチュアート、ゴフマン、フェルネクスらとの対決
      <http://fukusima-sokai.blogspot.jp/2012/08/8250.html>

8月2日、郡山市から2回目の反論の書面が提出されました。
二審の現状をサッカーの試合にたとえれば、延長戦の後半が終了し、これからロ
スタイムに入ります。

以下にアップした通り、科学論争に初めて踏み込んだ郡山市が「避難する義務を
負わない」拠り所にしたのは、国内と国際の原子力ムラの主張でし た。
そこで、勝負は、国内・国際原子力ムラ 対、原子力ムラの見解を1960年代
から厳しく批判してきたインディペント(独立)系の次の科学者た ちとの対決
となりました。
アリス・スチュアート
<http://peacephilosophy.blogspot.jp/2012/03/gayle-greene-nuclear-power-industry.html>
 同(中川保雄「放射線被曝の歴史」128頁以下より)
アーネスト・スターングラス
<http://gallery.harmonicslife.net/main.php?g2_itemId=204>
ロザリー・バーテル <http://www.ryokufu.com/isbn978-4-8461-1205-9n.html>
ジョン・ゴフマン <http://1am.sakura.ne.jp/Nuclear/Gofman.jpg> (児玉龍
彦「放射能から子どもの未来を守る」179頁より)
アーサー・タンブリン
アレクセイ・ヤブロコフ
<http://peacephilosophy.blogspot.jp/2011/04/kyodo-opinion-article-by-alexey.html>
ワッシーリ・ネステレンコ <http://famasaki.com/japan/20110401010746/>
ユー リー・バンダジェフスキー <http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1333>
ミハイル・マリコ <http://src-hokudai-ac.jp/ieda/chernobyl.html>
ミッシェル・フェルネックス <http://1am.sakura.ne.jp/Nuclear/kou132Ja.pdf>


◎個人情報に関するものを除き、郡山市の提出書面に公開します。

第1準備書面
<http://song-deborah.com/copyright/Japaninfrige/Shiryo/Y/120801Yasset1.pdf>

証拠説明書
<http://song-deborah.com/copyright/Japaninfrige/Shiryo/Y/120801Yproofex.pdf>

乙34 <http://song-deborah.com/copyright/Japaninfrige/Shiryo/Y/otu34.pdf>
35 <http://song-deborah.com/copyright/Japaninfrige/Shiryo/Y/otu35.pdf> 
36 <http://song-deborah.com/copyright/Japaninfrige/Shiryo/Y/otu36.pdf>
37 <http://song-deborah.com/copyright/Japaninfrige/Shiryo/Y/otu37.pdf> 
38 <http://song-deborah.com/copyright/Japaninfrige/Shiryo/Y/otu38.pdf> 
39 <http://song-deborah.com/copyright/Japaninfrige/Shiryo/Y/otu39.pdf>
40 <http://song-deborah.com/copyright/Japaninfrige/Shiryo/Y/otu40.pdf>
41 <http://song-deborah.com/copyright/Japaninfrige/Shiryo/Y/otu41.pdf>
42 <http://song-deborah.com/copyright/Japaninfrige/Shiryo/Y/otu42.pdf>
43 <http://song-deborah.com/copyright/Japaninfrige/Shiryo/Y/otu43.pdf>
44 <http://song-deborah.com/copyright/Japaninfrige/Shiryo/Y/otu44.pdf>


(以上、転載終わり)

-- 


===================
Palestine Solidarity in Sapporo
パレスチナ連帯・札幌 代表 松元保昭
〒004-0841  札幌市清田区清田1-3-3-19 
TEL/FAX : 011−882−0705
E-Mail : y_matsu29 at ybb.ne.jp
振込み口座:郵便振替 02700-8-75538  
===================



CML メーリングリストの案内