[CML 019084] 再放送:証言記録兵士達の戦争

donko at ac.csf.ne.jp donko at ac.csf.ne.jp
2012年 8月 4日 (土) 23:45:34 JST


 坂井貴司です。
 転送・転載歓迎。
 
 再放送です。80、90歳代、時には100歳を越えた、元日本陸海軍の兵士
達が語る太平洋戦争の現実です。
 
 3日連続放送です。
 
 NHKBSプレミアム
 
 証言記録 兵士たちの戦争「悲劇の撤退作戦〜ツルブ・松田支隊〜」
 http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=501&date=2012-08-08&ch=10&eid=8763
 
 放送日:8月8日
 放送時間:午後3:00〜午後3:45
  
 太平洋戦争中期の1942年から翌48年にかけて、日本軍とアメリカ・オー
ストラリア連合軍は、ニューギニア、ソロモン諸島などの南太平洋で激戦を繰り
広げました。消耗戦となった戦いは連合軍の勝利に終わりました。ガダルカナル
島の戦いの敗北を機に、日本軍は総崩れとなりました。島伝いに日本軍守備隊を
次々に壊滅させた連合軍は、日本軍最大の基地があったラバウルがあるニューブ
リテン島に上陸しました。これを迎え撃ったのが、6000人の将兵を擁する松
田支隊でした。
 
 きわめて不利な状況で戦った松田支隊の状況を悪化させたのが、「遊撃戦だ、
死守だ」と一貫しない命令でした。挙げ句の果てには「ラバウル防衛のため引き
返せ」と1000キロの道なき道を歩かされた転進命令が出されました。
 
 無意味な命令のためにジャングルを歩かされた兵士たちが証言します。
 
 証言記録 兵士たちの戦争「陸軍軍医の戦場」
 http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=501&date=2012-08-09&ch=10&eid=9299
 
 放送日:8月9日
 放送時間:午後3:00〜午後3:45
 
 傷病兵の応急処置や緊急手術を担ったもと軍医が証言します。これまでほとん
ど証言したことがなかった人たちです。
 
 証言記録 兵士たちの戦争「フィリピン・ルソン島 補給なき永久抗戦〜第2
3師団〜」
 http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=501&date=2012-08-10&ch=10&eid=9913
 
 放送日:8月10日
 放送時間:午後3:00〜午後3:45
  
 東南アジアと北東アジアを結ぶ地点にあるフィリピンは、太平洋戦争において、
日米両国が、戦争の勝敗を決める要所として重要視しました。それがフィリピン
を戦場にしました。
 
 フィリピン最大の島、ルソン島は日米両軍と、日本軍による虐殺や拷問、略奪
などに苦しんだフィリピン人が結成した親米派のユサッフェ・ゲリラと、共産党
系のフクバラハップ・ゲリラが死闘を繰り広げた戦場になりました。
  
 そこで戦ったのが陸軍第23師団でした。23師団は、日本本土決戦の時間稼
ぎのために、アメリカ軍を足止めせよとの命令を受けました。しかし、すでに補
給路は断たれていました。23師団は現地自活、すなわち、武器弾薬や食料を自
前で調達することを求められました。
  
 敗戦の日までの9ヶ月間で第23師団の将兵の80パーセントが戦死しました。
ほぼ全滅でした。
 
 生存者たちが証言します。
 
坂井貴司
福岡県
E-Mail:donko at ac.csf.ne.jp
======================================
「郵政民営化は構造改革の本丸」(小泉純一郎前首相)
その現実がここに書かれています・
『伝送便』
http://densobin.ubin-net.jp/
私も編集委員をしています(^^;)
定期購読をお願いします!
購読料は送料込みで1年間4320円です。
 


CML メーリングリストの案内