[CML 019078] 綾瀬はるかが出会った長崎の被爆者

donko at ac.csf.ne.jp donko at ac.csf.ne.jp
2012年 8月 4日 (土) 22:19:07 JST


 坂井貴司です。
 転送・転載歓迎。
 
 太平洋戦争は、はるか昔の事である世代の綾瀬はるかが、67年前、原子爆弾
が投下された直後に撮影された写真と出会ったことで、戦争に向き合います。
 
 TBS系列
 
 「NEWS23クロススペシャル」
 
 シリーズ「綾瀬はるか戦争を聞く」特別企画
 『ナガサキ奇跡の被爆少女 67年目の再会』
 
 放送日:8月5日
 放送時間:15時30分〜16時24分
 
 綾瀬はるかは、長崎県長崎市にある原爆資料館で、爆心地から300メートル
にあった自宅跡で立ち尽くす15歳の少女の写真と出会います。この少女の名前
は龍智江子さん。原爆が投下される直前、父と一緒に出かけたため、難を逃れる
ことができました。しかし、自宅にいた家族は全員死亡しました。
 
 龍さんは、原爆投下から67年経った今も健在です。孫の世代にあたる綾瀬は
るかが、龍さんに原爆投下の実態を尋ねます。
 
坂井貴司
福岡県
E-Mail:donko at ac.csf.ne.jp
======================================
「郵政民営化は構造改革の本丸」(小泉純一郎前首相)
その現実がここに書かれています・
『伝送便』
http://densobin.ubin-net.jp/
私も編集委員をしています(^^;)
定期購読をお願いします!
購読料は送料込みで1年間4320円です。
 


CML メーリングリストの案内