[CML 019056] 明日8/5(日)「親鸞と社会の変革」(ロゴスの会討論会)のご案内

pkurbys at yahoo.co.jp pkurbys at yahoo.co.jp
2012年 8月 4日 (土) 04:54:31 JST


紅林進です。

下記討論会のご案内を転載させていただきます。

(以下転載)

ロゴスの会討論会「親鸞と社会の変革」のご案内

 市民運動のなかでは、親鸞――と聞いて、ビックリするかも知れませんが、
親鸞は広く知られている浄土真宗の開祖です。親鸞は、800年前の鎌倉時代
に、法然に学んで「仏の前での平等」を説きました。「宗教はアヘンである」と
いうマルクスの言葉に災いされて、宗教と聞いた途端に顔を背ける傾向が根
づよくありますが、人間の心の在り方をめぐる悩みや問題はきわめて大切です。
社会の変革と調和する方向で考えなくてはいけないのではないでしょうか。
 「自由」ばかりが強調される傾向が拡がっていますが、〈平等〉はもっと大切です。
 自分勝手では社会を変えることはできません。脱原発など個別の課題を担うこと
と合わせて、より原理的なレベルでも考えなくてはいけない問題があります。
 この機会に、ぜひいっしょに考え、討論しよう。

 テーマ:親鸞と社会の変革
 講師:村岡 到(『プランB』編集長)

 日時:8月5日(日)午後1時
 会場:文京区民センター(地下鉄春日駅、後楽園駅下車)
 地図http://www.b-academy.jp/faculty/c04_01_j.html?area=mainColumn
 参加費:700円
 主催:ロゴスの会
 連絡:03−5840−8525         


CML メーリングリストの案内