[CML 016759] PARC『オルタ』2012年3-4月号、「日本から世界に広がる原発産業」などを特集

pkurbys at yahoo.co.jp pkurbys at yahoo.co.jp
2012年 4月 30日 (月) 21:37:35 JST


紅林進です。 

内富さんの投稿から、 「【原発輸出】 ヨルダン、原発発注先候補
に三菱重・仏アレバ連合とロシア社を選定」との情報」との情報を
いただきましたが、私も会員になっていますアジア太平洋資料
センター(PARC)では、隔月刊の雑誌『オルタ』を発行していますが、
その2012年3-4月号の第二特集「日本から世界に広がる原発産業」
で、このヨルダンやベトナムなどへの原発輸出の問題を取り上げて
います。


紅林進です。

私も会員になっていますアジア太平洋資料センター(PARC)では、
隔月刊の雑誌『オルタ』を発行していますが、その2012年3-4月号
が現在発売されていますので、ご案内させていただきます。
http://www.parc-jp.org/alter/index.html

特集は「3.11から1年―今、何が問われているのか? 」で、原発と
カネ、避難の権利、そして被ばく労働という観点などから、現場の
声に耳を傾け、共に解決するための道を探ります。

第二特集は「日本から世界に広がる原発産業」で、田辺有輝さん、
満田夏花さん、松本悟さん、細川弘明さんが執筆されています。

雑誌『オルタ』の購読お申し込みはこちらから
http://www.parc-jp.org/alter/other/form01.html
 
 
以下、そのご案内を転載させていただきます。


 (以下転載)
=================================
(転送・転載歓迎)
 
「オルタ」とは、オルタナティブ(alternative…今のようでない、もうひとつの)
という意味です。「今のようでない社会」をつくり出すための世界各地の思想
や挑戦、人びとの姿を紹介し、暮らしと文化を私たちの手に取り戻す手立て
を探ります。「もうひとつの世界」を構想する雑誌です。ぜひご購読ください。
	* 定価 800円+税(偶数月末発行)
	* 年間定期購読 5,000円(送料込)※海外でも定期購読可能、送料等
     お気軽にお問合せください。
	* 書店の皆様へ 弊誌は地方・小出版流通センターで取扱しています
・毎日新聞08年9月22日夕刊で紹介されました。
・図書新聞08年10月4日号で紹介されました。
・[本]のメルマガ328号で紹介されました。

『オルタ』2012年3-4月号  
特集 3.11から1年―今、何が問われているのか? 
東京電力福島第一原子力発電所の事故から
一年が経とうとしているが、
いまだ収束には至っていない。
この間、避難や除染の是非、
食の安全、被ばく労働の問題など、
私たちの暮らしと放射能に関する
様々な問題が生じてきたが、その多くは答えが出ず、
十分な施策がとられないまま今日に至っている。
そして、話題の風化に伴って
社会は無関心になりつつあるのではないだろうか。
だが、そこには放置されたままの大勢の当事者がいる。

今、その人びとはどのように過ごしているのか?
何を思って生活しているのか?

改めて当事者が置かれている状況や、
日々直面する葛藤に光をあて、
未決の論点をもう一度浮かび上がらせるとともに、
私たち自身もそれに立ち向かう必要がある。
そこで、本特集では、
原発とカネ、避難の権利、農業のあり方、
そして被ばく労働という観点から、
現場の声に耳を傾け、共に解決するための道を探る。
清水修二/福田健治/大江正章/布施祐仁 

第二特集 日本から世界に広がる原発産業田辺有輝/満田夏花/松本悟/細川弘明


特別記事
アジア連帯経済の新しい展開/西川潤
連載
海妻径子/佐久間智子/貧魔女グループほか
http://www.parc-jp.org/alter/index.html 


雑誌『オルタ』の購読お申し込みはこちらから
http://www.parc-jp.org/alter/other/form01.html 

----- Original Message -----
>From: uchitomi makoto <muchitomi at hotmail.com>
>To: uchitomi makoto <muchitomi at hotmail.com>
>Date: 2012/4/30, Mon 19:23
>Subject: [CML 016757] 【原発輸出】 ヨルダン、原発発注先候補に三菱重・仏アレバ連合とロシア社を選定
>
>
>ヨルダン、原発発注先候補に三菱重・仏アレバ連合とロシア社を選定
>
>2012年04月30日(月)18時26分
>
>[アンマン 30日 ロイター] ヨルダン政府は、同国初の原子力発電所(1000メガワット)建設の発注先候補として、三菱重工業<7011.T>と仏アレバの合弁会社と、ロシアのアトムストロイエクスポルトを選定した。ヨルダン政府当局者が30日明らかにした。
>
>ヨルダンの原発の建設発注先候補は、2010年5月に一度選定されているが、今回、候補がさらに絞り込まれた。10年5月の選定時点ではカナダのアトミック・エナジー・オブ・カナダも候補に入っていた。
>
>ヨルダンは2019年までに原発の稼働を開始することを目指しており、2030年末までにエネルギーの30%を原子力でまかなう方針。
>
>ヨルダン政府当局者は、最終的な発注先の選定には3年かかる可能性があると指摘。建設には、さらに4─5年かかる可能性があるという。
>
>http://www.newsweekjapan.jp/headlines/world/2012/04/71898.php
>                        
>
>
>


CML メーリングリストの案内