[CML 016708] ◆小沢元代表無罪 許せぬ検察の市民誤導(東京新聞)他

M.nakata gukoh_nt at yahoo.co.jp
2012年 4月 27日 (金) 14:26:31 JST


nakata です。重複おゆるしください。
メールをいつも送らせていただきありがとうございます

(以下転送拡散歓迎)
■-------------------------------------------------------------------■
  ● 小沢元代表無罪 許せぬ検察の市民誤導 
  2012年4月27日  東京新聞・社説全文下記ご紹介 です。
■-------------------------------------------------------------------■
最下段に全国紙の社説記事の題名を並べました。

(思考の停止・劣化といえる全国紙の社説)には、、
●日本の記者クラブ制度、横並び、体制べったりにつかった、
戦前戦後に続く悪しき日本のジャーナリズムの臭気がします。

地方紙のほうが、まだ頑張っています。

(貼り付け開始)

************************************************************************

【社説】 東京新聞

■小沢元代表無罪 許せぬ検察の市民誤導

http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2012042702000135.html
   2012年4月27日       

政治資金規正法違反に問われた民主党元代表小沢一郎被告は無罪だった。元秘書らとの共謀を示す調書などが排斥されたからだ。市民による検察審査会の判断を誤らせた検察の捜査こそ問題だ。

 「事実に反する内容の捜査報告書を作成した上で、検察審査会に送付することがあってはならない」と裁判長は述べた。

 小沢元代表の裁判は、新しい検察審制度に基づき、市民による起訴議決を経て、強制起訴されたものだった。

 ●つまり、市民が判断の中核としたとみられる検察側の書類そのものが虚偽だった点を、裁判所が糾弾したわけだ。

 問題の報告書は元秘書の石川知裕衆院議員が小沢氏の関与を認めた理由の部分だ。「検事から『親分を守るためにうそをつけば選挙民を裏切ることになる』と言われたのが効いた」と石川議員は述べたという。だが、実際にはそのようなやりとりがないことが、録音記録で明らかになった。

 ●検察が虚偽の文書を用いて、市民を誤導したと指弾されてもやむを得まい。●石川議員の供述調書も、検事の違法な威迫、誘導があり、裁判で証拠採用されなかった。●取り調べ過程の全面録画(可視化)の議論は加速しよう。

 そもそも、巨額なカネはゼネコンから小沢元代表側へと渡ったという見立てで、捜査は始まった。上司から「特捜部と小沢の全面戦争だ」とハッパをかけられたという元検事の証言も法廷で出た。●今回の判決でも「検事は見立てに沿う供述を得ることに力を注いでいた」と厳しく批判された。●予断となった特捜検察の手法をあらためて見直さざるを得まい。

● 検察審の在り方も論議を呼びそうだ。検察の大きな裁量を見直し、市民に事実上の起訴権限が与えられた新制度は評価できる。その特徴は黒白を法廷決着させたい意思だろう。一方で、●強制起訴の乱用を懸念する声もある。

 ●今回の裁判でも、弁護側は「検察が意図的に検察審に誤った判断をさせた」と主張していた。●これは検察審の悪用であり、事実なら言語道断である。●市民の議論をサポートする弁護士を複数制にしたり、●容疑者に弁明機会を与えるなど、改善点を模索したい。

 小沢元代表は法廷で「関心は天下国家の話。収支報告書を見たことすらない」とも語った。●政治資金制度の根幹部分を改正することも急務といえよう。

*******************************************************************************

【NPJ市民インターネット版】http://www.news-pj.net/

元記事アップされています。内容を見比べてください。

●(思考の劣化といえる日本全国紙の社説)

■小沢氏無罪判決―政治的けじめ、どうつける 朝日新聞 社説 4/27
■小沢氏無罪 復権の前にやることがある 読売新聞 社説 4/27
■小沢元代表無罪 なお政治的責任は重い 毎日新聞 社説 4/27


●{社説)地方紙

■小沢元代表判決 検察捜査の徹底検証を 北海道新聞 社説 4/27
■小沢元代表 無罪判決 検察が厳しく指弾された 西日本新聞 社説 4/27
■小沢判決/検察の 「闇」 が裁かれた 全面可視化しか道はない 琉球新報 社説 4/27



***********************************************************************


CML メーリングリストの案内