[CML 016685] 明日:【GC会 第1回研究会のご案内】 「中南米の社会・政治運動とその目指すもの」 by 講師:崎山政毅(立命館大学教授)

uchitomi makoto muchitomi at hotmail.com
2012年 4月 26日 (木) 21:25:56 JST


GC会 第1回研究会のご案内

「中南米の社会・政治運動とその目指すもの」

     講師:崎山政毅(立命館大学教授)

中南米はアメリカの裏庭と言われ、アメリカの推し進める新自由主義の政策をいち早く取り入れさせられました。その政策がどういった結果をもたらしたのかは、私たちにも人ごとではありません。今日本は同じような道を歩もうとしています。その中南米は1990年代後半から、先住民、土地なし農民、都市貧民や労働者などの抵抗によって新自由主義的な軍事政権を倒して、いわゆる「左派」政権が各国で成立してきました。アメリカ中心の経済から脱して自らの経済を作ろうという試みや、世界の人々とつながって国家を超えた社会運動の動きなど、私たちのオルタナティブな社会を考える際のヒントが中南米の運動にたくさん詰まっています。

つい最近もまたアルゼンチンやメキシコを訪問された崎山さんに中南米の社会的・政治的な運動の歴史をお話ししてもらいます。そして彼らが目指しているオルタナティブ像と、そこでの課題などをもとに、私たちもまたどういった社会や政策をつくっていきたいか議論していけたらと考えています。皆さんの積極的なご参加をお待ちしております。

日時: 2012年4月27日(金) 18時半〜
場所: ひと・まち交流館 第5会議室
会費: 500円

※ 研究会の後に、会場の近くで交流会を予定しています。こちらにもぜひご参加ください。

連絡先: haruyama at kazenone.org(春山) 		 	   		  


CML メーリングリストの案内