[CML 016680] [緊急] 〆切4月27日(金)12:00 賛同団体募集 「福島4号機に関する緊急要請書」 野田総理&バン・ギムン国連事務総長宛

OHTA, Mitsumasa otasa at nifty.com
2012年 4月 26日 (木) 17:39:33 JST


荵∫障

紊医緇

鐚

野田総理宛 福島第一原発4号機冷却用プールの安定確保に関する 緊急要請書

福島第一原発4号機使用済み燃料プールの安定確保に関する
膩ヨ茫吾鐚腟腮随

総理大臣 野田佳彦 様


4月12日、福島第一原発4号基の冷却装置が停止し、翌13日には冷却が再開されたものの、その2時間後には、また地震に見舞われています。日本気象協会によれば、
1月10日から4月19日までの100日間の間に日本全国を襲った地震の総数は、
1030回、震度3度以上の地震は108回、最大規模は3月14日のマグニチュード6.8の地震となっています。[1] 気象庁のデータからは、福島県を含む東北から関東地域一帯に地震が多発していることがわかります。[2] 
現在、日本の国内外で、元外交官や専門家の方たちが、4号機の使用済み燃料プールの危険性を指摘し、外国のメディアでも大きく報道されております。[3] 使用済燃料に関する第一人者である米政策研究所のロバート・アルバレス氏は、4号機の使用済み燃料プールには、チェルノブイリ事故により放出されたものの10倍にも上るセシウム137(Cs-137)が含まれている、もし地震等により、プールの底が抜け、または4号機の原子炉建屋が倒壊した場合、プールの冷却水が全て流出し、高濃度の核廃棄物が短時間のうちに発火しうることを指摘しています。4号機の使用済み燃料プールは遮蔽されていないため、こうしたことが起きれば、火災と煙で揮発性のCs―137は直接大気中に放出されることとなります。[4] アã!
 <

のアーニー・ガンダーセン氏、日本の小出裕章氏、後藤政志氏ら原子力の専門家の方たち、元国連職員の松村昭雄氏も、一貫して4号機使用済燃料プールの危険性について警告を発信されてきました。[5]

元在スイス、セネガル大使の村田光平氏は、2012年3月22日の参議院予算委員会の公聴会に招聘され、福島原発事故について以下のように述べられました。
「いかに現在、日本、そして世界が危機的状況に直面しているかということであります。人間社会が受容できない、この原発のもたらしうる惨禍のリスク、これをゼロにしなければならないと、私は、福島事故は全世界に想起させつつあると信じております。そして、このような事故を体験しながら、なお脱原発に躊躇するというのは倫理の欠如という誹りを免れないと、私は考えております。4号機の対策として考えられている燃料棒取り出し作業の開始が来年末以降というのは断じて理解できませんし、放置してはならないと考えております。著名な核科学者は中立の評価委員会の設置の提唱を始めました。そして上下両院の軍事委員会に、米軍の命の安全のための公聴会を開くように働きかけ出した、ということでございますã€!
 [6]
申
�� 村田氏は、3月25日付けでパン・ギムン国連事務総長に宛てて、書面を提出されています。この書面の中で、村田氏は、元国連職員の方が、福島第一原発4号機の危機的問題に関する原子力安全サミットの開催と、独立したアセスメントチームの設置に向けてすでに働きかけを始めている事実を伝え、「人類の英知を結集して、福島第一原発4号機の問�
j$K<h$jAH$_$^$7$g$&!W$H8F$S$+$1$F$*$i$l$^$9!#�[7] 村田氏は同日、野田総理に対しても、同様の書面を提出されていると理解しております。[8]

また、米上院議員として初めて、4月6日に福島第一原発の視察に訪れたロイ・ワイデン氏は、同原発の状況が、予想を遥かに越える危機的なものであるとし、それを回避するために日本が国際的な支援を要請すべきだとする書簡を藤崎一郎・駐米大使に4月16日付けで送付し、同日付けで、同様の書簡がスティーブン・チュー・米エネルギー庁長官やヒラリー・クリントン国務長官、米原子力規制委員会のグレゴリー・ヤツコ委員長にも送られています。[9]  
腱∴怨冴絽羂d篁ユ初腓鞘筝<鴻綵劫蚊ユ泣罧泣薈篏帥掩箙с障掩倶胼鎤駈垽桁雁若絎絎遵紊篁違膩ヨ臥с障c篁ヤ荀茫茵障

1.        福島第一原発4号機の使用済み燃料プールに関する詳細且つ正確な情報を、緊急に国民と世界に開示すること
2.        4号機の使用済み燃料プールの安定確保のために、緊急に、国内外の専門家と米原子力規制委員会、米エネルギー省、国連を含む国際機関の支援協力を求めること

私たちは、福島4号機の使用済み燃料プール安定確保のための協力を、世界の市民団体、各国政府及び国連に対して広く呼びかけていくつもりです。日本政府の速やかなる対応に期待いたします。


2012綛4 xx

Shut羈
綛絽順喝堺掩綛鐚¥筝鐚鐚鐚TEL 090-2695-1937  FAX 011-826-3796
違若潟祉≪激с
   篋遵綏篋榊遺賢∝亥22-75-103 TEL 075-701-7223 FAX 075-702-1952

莖
小出裕章 京都大学原子炉研究所
医綛潟薈鴻ゃ鴻祉紊т戎亥激鴻糸絖篌絽娯算篋
丈初h桁

莖d


[1]http://bousai.tenki.jp/bousai/earthquake/seismicity_map/?area_type=japan_detail&recent_type=100days
[2] http://jp.reuters.com/article/jp_quake/idJP2011040401000586
[3]http://www.beyondnuclear.org/home/2012/4/16/japanese-diplomat-matsumura-warns-of-fukushima-daiichi-unit.html
http://jp.wsj.com/japanrealtime/blog/archives/10616/
http://blogs.wsj.com/japanrealtime/2012/04/17/fukushima-daiichis-achilles-heel-unit-4s-spent-fuel/
http://www.washingtonsblog.com/2012/04/the-largest-short-term-threat-to-humanity-the-fuel-pools-of-fukushima.html
[4]米国エネルギー省のデータによれば、計11、138本の使用済み燃料集合体は、ほぼすべてが福島第一原発敷地内のプールの中に格納され、それらは、およそ3億3600万キュリーの長命の放射能を含んでいること、そのうち約1億3400万キュリーはセシウム137で、それはチェルノブイリ事故で放出されたセシウム137の総量の85倍に相当すると指摘されています。福島第一原発使用済燃料全体には、大気中核実験、チェルノブイリ、世界中の再処理工場によって放出されたセシウム137の、前総量の半分近くが含まれていると報告されています。
[5]http://akiomatsumura.com/wp-content/uploads/2012/04/corrected-Mitsuhei-Murata-Fukushima-Dai-Ichi-Cesium-137-04-03-2012.pdf
[6]http://www.youtube.com/watch?v=9bq81boQL_Y
[7]http://akiomatsumura.com/wp-content/uploads/2012/04/corrected-Mitsuhei-Murata-Fukushima-Dai-Ichi-Cesium-137-04-03-2012.pdf
[8] http://akiomatsumura.com/wp-content/uploads/2012/04/Letter-to-Prime-Minister-Noda-by-Amb-Murata.pdf
[9]http://www.wyden.senate.gov/news/press-releases/after-tour-of-fukushima-nuclear-power-station-wyden-says-situation-worse-than-reported

鐚

アイリーン・美緒子・スミス、グリーンアクションと、
羈Shut羈膩ュ若潟с


   再度、賛同団体の呼びかけです。4月29日の野田総理の渡米前に、下記の緊急要請文を4月27日に提出することにしました。アメリカの反核団体にも同様の呼びかけを予定しています。アメリカでは、4月に出されたロイ・ワイデン上院議員、使用済み核燃料の専門家のロバート・アルバレツによる福島4号機の危険性に関する警告により、この件に関する米政府内部での動きも予想され、野田総理訪米時に話題になる可能性もあります。この緊急要請文意は、小出裕章さんの賛同もいただきました。

   紊眼鐚鐚鐚ャ鐚鐚鐚鐚鐚鐚鐚

   蕁障羈
   鐚随漆鐚随漆鐚随漆鐚随漆鐚随漆

       ご存知のように、福島4号機冷却用プールの危機的状況が、現在、海外で広く報道されています。元外交官の村田光平さんと国連職員の松村さんが、野田総理、バン・ギムン国連事務総長を始めとして国内外への働きかけを続けていらっしゃいます。小出さん、後藤さん、アニー・ガンダーセンさんらも昨年からずっと警告を発信されています。Shut泊とグリーン・アクションの共同の呼びかけで、福島4号機冷却プールの安定確保に関する緊急要請書を、野田総理とバン・ギブン国連事務総長宛に送ることになりました。京大原子炉研究所の小出裕章氏、元スイス、セネガル大使の村田光平氏、元国連職員の松村昭雄氏の賛同も、既にいただいています。

       つきましては、賛同団体を募集しますので、よろしくお願い致します。詳しくは、要請文と脚注資料をご覧ください。

       荀茫腟腮

       野田総理宛     http://shuttomari.blogspot.jp/2012/04/blog-post_24.html
       堺篋膩桁http://shuttomari.blogspot.jp/2012/04/blog-post_7929.html

       莖鐚鐚鐚ャャ鐚鐚鐚鐚鐚
       g機             Shut羈羈障
       g機絎鴻   荀茫荐莠dユ茯鐚沿鐚鐚箴Shut羈鐚Shut Tomari))
                               医鐚箴羌潔綛絽鐚

       遵絽羂d吾若潟憜羣筝с


       祉祉祉祉肢拶障с祉祉祉祉





CML メーリングリストの案内