[CML 016655] IK原発重要情報(109)

河内謙策 kenkawauchi at nifty.com
2012年 4月 25日 (水) 16:17:39 JST


        IK原発重要情報(109) [2012年4月25日]

  私たちは、原発についての情報と脱原発の国民投票をめざす市民運動についての情報を発信しています。よろしく、お願いいたします。(この情報を重複して受け取られた方は、失礼をお許しください。転送・転載は自由です。)

弁護士 市川守弘、弁護士  河内謙策

連絡先  [1月1日より新住所です。御注意ください。]
〒170-0005 東京都豊島区南大塚3丁目4番4-203号
河内謙策法律事務所内(電話03-6914-3844、FAX03-6914-3884)
Email: kenkawauchi at nifty.com

脱原発の国民投票をめざす会
http://2010ken.la.coocan.jp/datsu-genpatsu/index.html

―――――――――――――――――――――――――
   住民説明会 敦賀原発 神保哲生 東本願寺等
 
  明日のおおい町の住民説明会には、700名以上の参加申し込みがあったそうです。町民の関心の高さがうかがわれます。玄海原発の例をみても1回で終わるとは限りません。単なるショーにならないよう、関係者の努力が求められていると思います。
 一方、異常な警備警戒態勢がとられるようで、住民説明会の会場のある公園は閉鎖され、会場にいたる道路にはフェンスや柵が設けられたようです。町当局や警察は何を想定しているのでしょうか。福島の人や関西の人たちも、おおい町民に訴えるため、おおい町入りすると伝えられています。脱原発を主張する人間は暴力分子だという宣伝をするため、官憲の挑発も予想されますので、脱原発を願う人々が注意深く行動されるようお願いいたします。
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/npp_restart/34393.html
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/fukui/news/20120420-OYT8T01212.htm

 住民説明会は、広く開催することが求められると思います。5
月1日に、小浜市でも住民説明会が開かれることになりました。
また、岐阜でも、地形や風向きで放射線被害が及ぶと主張する市民グループが岐阜県での説明会を求める準備をしているという報道がなされています。大阪でも、京都でも、住民説明会をもとめる運動をすべきではないでしょうか。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120425-00000057-jij-pol
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120425-00000039-mailo-l21

 マスコミの報道によると、橋下大阪市長は、使用済み核燃料処理問題について「政府は一定の方向性を出せ」と発言したようです。しかし、政府が、いい方向性を出すはずはありませんから、
あまりいい迫り方ではないと思います。使用済み核燃料問題は、論理だけで考えると、落とし穴に落ちるのです。これでは「消費地も使用済み核燃料処理について負担を」という福井県知事の発言にも対応できない、と思います。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120425-00000528-san-pol

  保安院は、敦賀原発の立地についての住民の指摘を少しは考えなければならない、と判断したようです。そうであれば、地震の問題につき、予定されている海底の調査を終えないで大飯原発の再稼動を認めることが問題であることは分かるはずですが。
一体、この国の官僚組織はどうなっているのでしょう。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120424/dst12042419310020-n1.htm

  ジャーナリストの神保哲生氏が、取材を踏まえて、今回の原発再稼動の裏を語っています。「今回は、再稼動のための再稼動だ」と言い切っています。
http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65801789.html

 『週刊現代』5月5・12日号が、「『原発再稼動』15人の意見」を掲載しています。よく整理されていて、ぱっと読めますし、そのまま2頁コピーして討論の材料にも使えます。お勧めです。
 
 浄土真宗東本願寺(大谷派)が、「すべての原子力発電所の運転停止と廃炉を求めます」という声明を発表しました。日本の宗教は、まだ死んでいなかったと感動しました。東本願寺は8600寺、信者533万人といわれます。親鸞聖人の教えが、現代に蘇えったようです。
http://higashihonganji.or.jp/info/news/detail.php?id=391

――――――――――――――――――――――――――――
                         以上









 
 



CML メーリングリストの案内