[CML 016638] IK原発重要情報(108)

河内謙策 kenkawauchi at nifty.com
2012年 4月 24日 (火) 19:14:27 JST


  IK原発重要情報(108) [2012年4月24日]

  私たちは、原発についての情報と脱原発の国民投票をめざす市民運動についての情報を発信しています。よろしく、お願いいたします。(この情報を重複して受け取られた方は、失礼をお許しください。転送・転載は自由です。)

弁護士 市川守弘、弁護士  河内謙策

連絡先  [1月1日より新住所です。御注意ください。]
〒170-0005 東京都豊島区南大塚3丁目4番4-203号
河内謙策法律事務所内(電話03-6914-3844、FAX03-6914-3884)
Email: kenkawauchi at nifty.com

脱原発の国民投票をめざす会
http://2010ken.la.coocan.jp/datsu-genpatsu/index.html

―――――――――――――――――――――――――
  橋下市長 世論調査 中間貯蔵施設 伊方原発等
  
  皆様ご存知のように、本日、橋下・大阪市長と藤村・官房長官との会談が行われました。橋下・大阪市長は、「政権が安全宣言をしたことは絶対におかしいですと強く申し上げた」と述べています。
http://www.asahi.com/kansai/news/OSK201204240062.html

 原子力発電に反対する福井県民会議らが、おおい町とおおい町議会に、住民の意思集約方法についての要望書を提出しました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120424-00000189-mailo-l18

 小浜の中嶌哲演師が言っている、脱原発奨励金交付制度(氏が言っている正確な名前を忘れました。ごめんなさい。脱原発を宣言している自治体や脱原発により生活が一時的に困窮する人に財政援助する制度、現在の電源3法交付金と逆の発想)を誰か国会議員がとりあげないものでしょうか。今からでも遅くないと思うのですが。このメールを見られている人の中で、国会議員とパイプがある人は、ぜひ、国会議員に話してみてください。

 大飯原発の再稼動「反対」が、福井で43%、関西で52%となりました。これでは、再稼動につき地元の同意や理解があったとはいえないでしょう。朝日新聞は、「消費地の提案を生かせ」という社説を発表しました。
http://www.asahi.com/kansai/news/OSK201204240042.html
http://www.asahi.com/paper/editorial.html#Edit1

  奈良県知事や兵庫県知事の使用済み核燃料の中間貯蔵施設についての前向き発言が大きな反響を呼んでいます。奈良県知事に対し、勇敢な反対声明を出した生駒市長に大きな賛同の輪が生まれ始めています。ぜひ、以下のサイトにアクセスしてください。
http://www.city.ikoma.lg.jp/blog/2012/04/post-286.html
何度もいうように、この奈良県知事や兵庫県知事の動きに対しては、早く芽をつむように動くことが決定的に重要です。しかも、現在、原発の敷地内は、使用済み核燃料で一杯になろうとしているので、この動きの背景は根深いものがあるのです。
http://blog.livedoor.jp/ryoma307/archives/6141570.html
和歌山県知事も反対を宣言しました(微妙な表現ですが)。
http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20120423-OYO1T00701.htm?from=main1

 枝野経産相が、また前言を翻しました。大飯原発以外は原子力規制庁の発足を待つべきだ、と言っていたのに、今度は、現在の保安院や原子力安全委員会のままで再稼動に突き進むべきだ、と言い始めたのです。全国の各地域では、大いに警戒が必要です。
http://sankei.jp.msn.com/life/news/120424/trd12042412430009-n1.htm
 
  時事通信は、泊原発などの4原発については、基準地震動(SS)を新たに策定するようになったと伝えています。しかし、私見では、2006年の耐震設計審査指針を本当に変える
のかどうか、なお注視が必要だと思います。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120423-00000114-jij-soci

 山口県の住民らが、伊方原発の再稼動については、山口県内の自治体の理解が条件だ、という申し入れを行いました。大分県、宮崎県、鹿児島県、広島県、岡山県、徳島県、高知県、和歌山県等でも同様の申し入れを早急にすることが期待されていると思います。(脱原発を願う人々の中でも、原発問題を狭く「立地県」の問題だと考える傾向がありますが、早急に克服したいものです。)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120424-00000258-mailo-l38

 柏崎刈羽原発の運転差し止めを求めて、新潟県民らが裁判所に提訴しました。困難な闘いを継続している人々に心から連帯のメッセージを送らせていただきたいと思います。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120423-00000118-mai-soci

―――――――――――――――――――――――――――
                       以上














 
 



CML メーリングリストの案内