[CML 016565] IK原発重要情報(105)

河内謙策 kenkawauchi at nifty.com
2012年 4月 21日 (土) 18:48:50 JST


  IK原発重要情報(105) [2012年4月21日]

  私たちは、原発についての情報と脱原発の国民投票をめざす
市民運動についての情報を発信しています。よろしく、お願い
いたします。(この情報を重複して受け取られた方は、失礼をお許しください。転送・転載は自由です。)

弁護士 市川守弘、弁護士  河内謙策

連絡先  [1月1日より新住所です。御注意ください。]
〒170-0005 東京都豊島区南大塚3丁目4番4-203号
河内謙策法律事務所内(電話03-6914-3844、FAX03-6914-3884)
Email: kenkawauchi at nifty.com

脱原発の国民投票をめざす会
http://2010ken.la.coocan.jp/datsu-genpatsu/index.html

――――――――――――――――――――――――――
 枝野発言をめぐって 最強硬な見解 日本ペンクラブ等

 様々なマスコミが、枝野経産大臣の「大飯原発以外の再稼動、
今夏は困難な見通し」という発言を報道しています。しかし、枝野発言が「ブレル」ということは、私たちが経験済みです。
しかも、その「ブレル」理由が、意図的なものだったら、どうでしょうか。『週刊朝日』4月27日号125頁には、仙石民主党政調会長代行(今回の再稼動劇の実質的な総責任者といわれています)が、野田は今夏で終わりで、次は枝野にするため、枝野が国民の意見に耳を傾けている、あるいは経産官僚と闘っているポーズをとらせている、という見解を紹介しています。
真相は分かりませんが十分にありうる話だと思います。だから、このような報道を真に受けて私たちの運動の手を弱めることは絶対に出来ないと思います。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120420-00000070-reut-bus_all

 経産大臣が「大飯以外、規制庁の発足を待つ」と発言したのに対し、官房長官が、早速、規制庁の発足と再稼動は連動させない、と否定しました。こんなに政府内の意見が不統一なのもおかしいし、不統一問題について誰も責任を取らないし、取れという声が出てこないというのもおかしい話です。だから、これも、猿芝居の可能性があるのではないでしょうか。
http://mainichi.jp/select/news/20120421k0000m020132000c.html
http://mainichi.jp/select/news/20120421k0000m010067000c.html

 経産省は、来週、京都、滋賀、おおい町に副大臣を派遣することを決めました。しかも、その説得工作が終了しない段階から、政府内では、「政府が自らの責任と権限で関電に再稼動を命じるべきだ」とか、「電力危機を回避するため、安全性を確認した原発の稼動を政府が命じることも可能だ」という見解が浮上している、と産経新聞は伝えています。福井県知事の同意さえも不要という見解です。地元の同意が必要だと政府が言ったことを忘れた、権力者意識丸出しの非常に危険な動きだと言わざるをえません。
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/120421/mca1204210504009-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/region/news/120421/fki12042102040002-n1.htm
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120421-00000092-san-bus_all

 福井・おおい町議会報告会が開催されました。「経済影響と安全不安にゆれる町民」といわれています。26日の住民説明会が心配です。おおい町民の経済的苦難は、よく分かるつもりですが、経済的苦難ばかりでは、「おおい町の人は、福島の人より苦労していないのだから」いう変な議論も出てきてしまいます。関西全体、日本全体を考慮した賢明な発言がなされることを期待します。
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/society/34308.html

 4月19日に、大飯原発の再稼動に反対する超党派の国会議員と市民が国会内で緊急集会を開きました。民主党の国会議員9名が名を連ねました。民主党大河原雅子議員が「仙石さんは『集団自殺』といったが、私たちは「集団無理心中」したくない」というメッセージを寄せたのが注目されます。
http://tanakaryusaku.jp/2012/04/0004135

日本ペンクラブが、大飯原発再稼動に反対の声明を発表しました。これも、勇気がいったことと思います。
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2012042000818

経産省前テントひろばで、ハンガーストライキが継続中です。本当にご苦労様です。私たちは、3.11の前に、脱原発を訴えていた人たちと十分に連帯してきませんでした。民衆運動の側も、絆が弱まっていたと思います。だからこそ、その反省の上に立って、今回のハンガーストライキを絶対に孤立させてはならないと思います。自分の団体の上部組織がどう言っているか見てみなければ、とか、自分の団体の運動の系列でないから支援するのはどうも、という見解は論外だと思います。原発は、放射能は、運動の系列によって差をつけません。すべての運動の系列に襲いかかるのです。
 今こそ、様々な立場や信条を乗り越えて、ハンガーストライキに支援・連帯し、心を一つにして原発の運転再開反対の声をあげていきましょう。
 私たちは、そのことを訴えたいのです。
http://tentohiroba.tumblr.com/
http://blog.goo.ne.jp/harumi-s_2005/e/373c3493c0a12855e797d061ef8dcb22

―――――――――――――――――――――――――――
                       以上





 



CML メーリングリストの案内