[CML 016529] 【報告】第366日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2012年 4月 20日 (金) 07:09:26 JST


青柳行信です。4月 20日。

 ★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★と
皆さんと共に歩んで、
 ついに、本日で★原発とめよう!九電本店前ひろば★ 一周年!。
  <祝賀会?>5時から8時ごろまで。お立ち寄りください。

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第366日目報告☆
 呼びかけ人(2011年4月20日座り込みから4月19日現在総数2181名)
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。 

★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
     <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>

★ 小出裕章 さんから:
青柳 行信 様
 とうとう1年になりましたね。
 長く、不屈の戦い、お疲れ様です。

★ 横田つとむ さんから:
青柳さま
お疲れ様でした。
本日で 1年ですね。 感慨深いものがあります。
よくやってこれたなー という思いもあります。
よく頑張ったなーという思いもあります。
これも それも たくさんの方々の支援があってのものでした。

原発が 止まるかどうかの瀬戸際です。
負けたくありません。 
次の世代のために 原発を葬ってしまいましょう。
これからは原発推進勢力を 追い払ってしまう
政治闘争が必要となるでしょう。

裁判闘争も必要でしょう。
デモも 集会も 必要でしょう。
大きなたたかいにしていきたいと思っています。

本日は私用のため、1周年のパーティーには参加できませんが
皆さまに連帯のエールを送ります。
これからも 頑張りましょう!!

あんくるトム工房 
九電前広場 明日で1周年    http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/1805
原発再稼動と しんぶん赤旗   http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/1804

★ ひろば 上條さんから:
<テント報告>
本日で九電本店前テントひろばが一周年になるので 赤旗の記者が
取材に来ていました。青柳さんをはじめテントひろばにきている人に
に取材していました。最近、西日本、朝日とテントひろばの取材ラッシュです。

原発に賛成でも反対でもないが、どちらかというと反対だという男性が
きました。賛成派の意見を聞けばそちらに納得してしまうし、反対派の
意見を聞けばその方向に傾いてしまうとおっしゃられていたので、
とりあえず反対派の私の意見を、つまり、放射性廃棄物の処置の問題と
原発の非経済性の問題を伝えました。そう言ってもまだ日本の未来が
見えないと言っていたので、現在の人々の行動によって未来が決まること、
人々が主体的に原発と対峙しないと原発は止まらないことを話しました。
結局、ご自身が何を問題としているのか分かっていなかったようなので、
それを考えてもらうようにしました。

久保明さんが来訪。大学で戦争が起こらないようにするためにどうすれば
いいかを学んでいるそうです。
通院中のNさんが来訪。横田さんに連れられて横田さんの写真を
福岡市美術館まで見に行ったそうです。
本日でひろばは1周年となります。なんと小出裕章さんから祝電がきていました。

★ 小野進一(潮流詩派の会)
無限 : 4月の「短詩」
http://yasakaono.exblog.jp/15749206/
「春嵐」で吹き飛んだ裏庭のスレート張り替えました。
「脱原発テント」も今年は大変な目に会いましたね!
其れでも「脱原発テント」が健在なのは青柳さんの「信念」を垣間見るようで す。
青蛯ウんには、いつも「笑顔」が有りますが、民主党の「閣僚」達から「笑顔」 
が無くなりつつあります。
「野田総理大臣、フクシマは終熄しましたか?」

★ 舩津康幸 さんから:
今朝の西日本新聞一面左上をみて、えーっと!、驚きの見出しが目に飛び込んで 
くる、やっぱりそうんなんだ!
 岾貿確曾萢費 原発ゼロ 3割コスト安 原子力委員会試算 サイクル維持 
と比較」とあります。 
「今回の試算は、総発電資料に占める原発のわりあいを『30年に35%』 
『30年に20%』『20年にゼロ』の3ケースの分け、
それぞれ使用済み燃料を〜肝椋峠菠∈峠萢と直接処分の並存A肝鳴樟椽菠-と 
するシナリオを想定した。」・・・・としています。 
・・青森の六ヶ所村の再処理工場を廃止するコストなども計算し、算出している 
ようで、
そこにある使用済み燃料を元の原発に戻すとす元の原発施設がすでに保管許容量 
を超えてしまい、
稼動できないことにもつながる・・など、報告の詳細をよく確かめてみる必要が 
あるが、そのことはすでに核燃料サイクルが破綻していている
ことも示しているようです。
■横耕未法崔Ω業への挑戦 ドイツ報告(中) 自立 市民が電力会社つく 
る」とあり、
ノルウエアーの水力発電所から電力を購入する仕組みをつくったシューナウ市の 
ことが消化されています。
・・(中)とありますから、次に(下)の記事も期待しましょう。
E貪鼎凌群馗垢竜事が3面に。
・・昨日頃から、政府や電力会社の再稼動の策動に関する記事や反対の動きの記 
事も少ないのは気になりますね、
5月5日を前に、何か、こそこそとやっているのでは、動きを注視していきま 
しょう!・・・・。
(西日本新聞以外の他社の動きは経済的理由で購読できていないので申し訳ない 
が、わかりません)
一方、しんぶん赤旗は、ほとんどのページに再稼動の問題や被災地の動きを伝え 
る記事がかなりの文書量で載っています。
この差は何だろう。
なかでも、4月22日付けの日曜版の一面全部をつかって「”何が何でも再稼動 
の大飯原発” 扉にシールで津波対策!?」と
見出しがあり、関電の「対策」の欺瞞が原発施設の現場の事実をもとに報道され 
ています。
左横に、NHKと朝日新聞での世論調査の結果
・・大飯原発の再稼動や野田政権の判断に国民の多数が反対していることを円グ 
ラフをつかって報道しています。

★ 田村貴昭 さんから:
青柳さま
ご無沙汰しています。西日本新聞の記事、よかったですね。2日遅れで読みました。
猛暑の日も、雪降る日も、来る日も来る日も座りつづけてやがて一年。青柳村長 
と仲間
の皆さんの活動に心から敬意を表します。そして、一周年おめでとうございます。

連日、九州各県と沖縄を回っています。新年度の原発推進予算が4200億円。真に 
安全対
策以外の大半はいらないじゃないか、社会保障費に充てよ。「うそつきはエダノ 
のはじ
まり」とみんなが言っている。大飯原発、その他の原発の再稼働も絶対に許さな 
い。連
日の演説や語りにやはり熱が入ります。

今日は、大分で活動でした。杵築市の集会で、がれきの広域処理をめぐって、賛 
否両論
の意見が会場から出されました。自治体や住民に無用の混乱を与えている政府の 
やり方
に憤りを感じています。
暖かくなったとはいえ、どうかお風邪などひかれませんように。
私もこの声のある限り、原発ゼロの九州・日本を実現するまで訴えてまいります。

★ 多田研一(太宰府市在住)
 皆様1年間ご苦労様でした。
何もできずにイライラしている私の背中を押してくださったことに、深く感謝い 
たします。
ひとりの技術者として、父親として、人間として、思いを申しあげます。
ご無礼、禁句などありましたらどうかご容赦くださいませ。

1.地質屋の端くれとしての責任
 私はこれまで北電・関電・九電の片棒を担ぎ、
核エネルギー利用発電所建設計画の着工前地質調査業務や海水混じりの地下水で 
満たされた地中での遮水性改良試験業務など、
何ら疑問を抱かずに受託・下請け・孫請けして実施し、その成果を発注者に報告 
してきました。

 当然「業務上知りえた知見をみだりに公開してはならない」との倫理規定は承 
知しております。
しかし、廃業して(公共事業の激減で中高年土木地質技術者の再就職環境は最悪 
です)
異業種異職種への再就職を決めた今となっては怖いものナシ。
  私は声を大にして発言し、自ら行動します。
2.主張
  〆念の脅威は核エネルギー利用施設のトラブルに起因する放射性物質の拡散 
です。
   事故が起これば、国の方針もへったくれも待ったなし。国境も県境も関係なし。
  放射性物質は立地県と隣接県とを見分けません。糸島を遠慮して鳥栖目指し 
て飛んだりしません。
   再稼動なんぞとんでもありません! 今、看過したら死んでも死にきれませ 
ん。

◆屬も知れない電力供給量不足を懼れる」より、「かもしれない自然の脅威や 
不測の事態を恐れる」べき。
    何も起きなければメデタシめでたし。万々歳。 節電生活を習慣化し省電力 
社会を続ければいいじゃないですか。
   核に頼らない社会システムを構築し、制御不能・廃棄物無視の核エネルギー 
利用に向けてきた
   人・モノ・カネを全て新しい再生可能エネルギー利用技術開発に傾注する絶 
好の機会。
 魂なき御用学者や思考停止コメンテイター、核利権亡者や腐れ官僚、我が身大 
事の政治屋ども、
   大きな風に迎合し烏合の衆を煽るスポンサーの犬・・・。これ以上大きな顔 
をさせません。

 安全性にそれほど自信があるなら、玄海町に九電の社宅と県・市の官舎を建 
てて移住されてはいかがですか?
 一等地の社屋・社宅、官舎を空けて、被災者や自主非難者をお迎えしてはいか 
がでしょう?
再稼動に僅かでも不安を覚える県民に安全な衣・職・住を確保するのは言わずも 
がな。

 私たちは広島と長崎で「二度と起こしません」と誓ったはず。福島で三度目の 
被曝。
これに玄海が続けば世界中の笑い者、では済みません。
地球の歴史始まって以来の破滅の使者以外の何者でもありません。なんとしてで 
も再稼動阻止あるのみ。

3.地震と火山の巣、日本列島
 いち早く、ドイツが脱原発を宣言しました。
ドイツと日本とで国土単位面積あたりの地震や火山災害の発生頻度、あるいは活 
断層の分布割合を比較すれば一目瞭然。
   いかに危険極まりない地震と火山と活断層の巣の上で脳天気に生活し核エネ 
ルギーを利用した電力を享受し、
一見豊かであるかのように錯覚しているかに気づくはず。
 砂上の楼閣であれば崩壊するだけ。地震と火山と活断層の巣の上、しかも太洋 
に囲まれた列島で一朝事あれば・・・。
ましてや列島の最西端に位置する玄海町で。
   220年前、「島原大変、肥後迷惑」。雲仙岳が噴火。眉山の崩壊で対岸の 
熊本が津波で1万人の死者を出しました。
韓国で事故があれば・・・。

4.大気は東向き
 地球は自転しており、朝日は東から昇ります。低気圧や高気圧は西から東進し 
あます。
台風は迷走もしますが基本は東進、偏西風に乗れば列島を南西から北東方向に縦 
断します。
黄砂ははるか大陸の砂漠地帯から飛んできます。こんなことぐらい百も承知です 
よね。
 大気圏内で大気は大きく対流し、その高度によって流れの方向と向きや速度は 
異なります。
花粉の飛散には風向きや雨雲の動きも影響しますが、大気の大きな流れは東向き 
優勢です。

 福岡−東京便の飛行時間は上りのほうが下りより弱冠短いことが多いようです。
銀河3号は南向きに発射しようとして失敗し、テポドンは東向きに発射してより 
遠くまで飛んだとのことです。
 北海道に降る阿蘇や桜島の火山灰は、九州に降る有珠からの火山灰より多いは 
ずです。
 (火山灰が堆積した地層はその年代を知る大きな手がかりとして「鍵層」と呼 
ばれます。)火山灰年代学ともいうひとつの研究分野があります。
 地層に含まれる花粉は「示相化石」と呼ばれ、堆積当時の気候や植生、生態系 
を知る手がかりとなります。
特定の時代にしか生息しない生物の化石は「示準化石」と呼ばれ、地層の年代を 
特定する手がかりとなります。)

 幸い(東日本の皆様ご容赦ください)、福島第1は東海岸に立地していました。
風向きや雨雲の動きなどで同心円とは程遠い被曝実態があきらかになりました。
仮に福島の東側に福岡があったとしたらどうなっていたことでしょう? 真っ赤 
になっていたかもしれません。

 たとえ偶然の悪戯で命を助けられたとしても、会長・社長・知事・市長・あな 
たも私も皆路頭に迷う原発難民と化すしかないことは自明です。
   列島の最西端に老朽化を誇る玄海原発があり、地球は今もゆっくりと自転し 
ています。
大気には「コリオリの力」が働きます。風呂の栓を抜くとできる渦の向き、台風 
や低気圧の渦の向き、北半球と南半球とで決まっているのです。

 子供たちに
  「福島の事故はどうなったと?」
  「非難した人たちはいつまで帰れんと?」
「玄海原発とか川内原発があげんなったらどげんなると?」
と問いかけられたら、あなたはどう答えますか?
     「それでも再稼動するとですか?」
     「えっ!、なんで???  どうして???」

★ 松山市の阿部純子 さんから:
青柳行信様、横田つとむ様
昨年6月にテントをおたずねしました。原発反対運動などでご助言をいただきま 
した。
それ以来毎日メールを拝見しては力づけられてきました。難題を乗り越える皆様 
の「ゆるぎな
い」信念が胸につたわるたびに「ああ、これなんだ」と自分に言い聞かせてきま 
した。ありがとうございました。
いよいよ伊方が危なくなりました。ご支援をお願い致したく、文書をお送りいた 
します。
皆様、どうぞよろしくお願いいたします。

★緊急のお願い★
  みなさま
   原発さよなら四国ネットワーク、MOX反対伊方の会 阿部純子です。
   四国唯一の原発である伊方原発を再稼動させるための政府の動きを阻止しよ 
うと皆で頑張っています。どうか拡散よろしくお願い致します。
  ======================
四国から伊方原発再稼動阻止支援のお願い
   2012年4月18日 愛媛県松山市より
   政府による伊方原発再稼動計画が大飯原発の再稼動計画と平行して進行して 
います。土曜日(15日)には前原政調会長、その前には仙谷政調会長代行が松山 
に来ています。本日
(18日)は安全・保安院が知事の諮問機関となっている「伊方原子力発電所環境 
安全管理委員会の技術専門部会」に伊方3号炉ストレステストの審査結果を説明 
しました。 この委
員会の委員たちは今まで、愛媛県における全ての原子力政策のお墨付き機関とし 
て役割を果たしてきました。 プルサーマルの時もそうでした。

 国は、今日の保安院によるストレステストの説明を伊方原発再稼働に向けての 
大きなステップにしようとしています。

 中村愛媛県知事はそれを心待ちにしているふしがあります。愛媛県知事はこれ 
までこの「愛媛県伊方原子力発電所環境安全管理委員会」という審議委員会の承 
認をもって「県民の
同意」と認識してきました。

 実際は愛媛県民の75%(愛媛新聞世論調査)、伊方町民の66%(市民の戸 
別訪問による投票結果)が原発はいらないと言っています。 

 中村愛媛県知事は常に頭を白紙にして国の動き(指示)をひたすら待っている 
人です。愛媛県の首長として県のために独自の理念を示すことが全くできていま 
せん。

 近県の知事に対する働きかけはこれからという段階です。15、16日に広範 
囲の市民の伊方原発再稼動反対運動を結集したばかり(仮称「伊方原発の再稼動 
に反対する全国市民
のネットワーク」)です。これからこのネットワークの市民がそれぞれの県の知 
事に働きかけを行うことになっていますが、少しの時間がかかるでしょう。今現 
在、国の要請に相対
するのは愛媛県だけで、ここしばらくは市民の反対の力も十分でないのです。

  伊方原発は三崎半島特有の急峻な斜面の足元にあります。斜面耐震安全性の 
基準からはずれることは目視でも明らかです。今回、津波対策として電源車が高 
さ32メートルの崖
の上に設置されています。送電用の鉄塔も全部この斜面に立っているわけです。

   大飯が難しければ政府のターゲットが突然伊方に向けられて、あっという間 
にこのままの状態で原発が動き出すのではないかという怖さがあります。

 書面で真に申し訳ありませんが伊方原発3号炉再稼動の危険性を広くアピール 
させていただきたく、思い切って書きました。
  どうかよろしくご支援お願い致します。
  下記の連絡先にメールやFAX、電話で抗議の声をお寄せ下さい。一言でも一 
文でもけっこうです。愛媛県に全国から抗議が届くことはあまりありませんから 
大変な力になります!
  阿部純子
(原発さよなら四国ネットワーク、MOX反対伊方の会)
  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ☆☆電話やFAX、メールをお願いします!☆☆
☆☆愛媛県知事へも再稼働中止の電話・FAX・メールを!☆☆

  愛媛県県民環境部防災局原子力安全対策課
  [〒790-8570 愛媛県松山市一番町4−4−2]
  電話 089-912-2352(ダイヤルイン) FAX 089-931-0888

  中村時広愛媛県知事
   〒790-8570 愛媛県松山市一番町四丁目4−2
  愛媛県 企画振興部 管理局 秘書課
  電話 (089)912-2170(課直通) FAX(089)912-2174
  E-mail:hisho at pref.ehime.jp
この電話等の作戦を、あらゆるところに拡散してください。
私たちが伊方原発再稼働を止めることが、大飯原発再稼働を止めることにもつな 
がります。
よろしくお願いします!

★ 清水@グルントヴィ協会 さんから:
青柳さん、こんばんは。
原発関連情報43をお送りします。
全部は協会のHP(http://www.asahi-net.or.jp/~pv8m-smz/index.html)で見ら 
れます。

1,アメリカの民間調査機関DC Bureauが、アメリカ政府がレーガン政権以降、 
日本のプルトニウム軍事転用研究を支援して、アメリカでの研究に日本の学者も 
関与したという事実やアメリカと日本政府のこれまでの関係をまとめています。
p://www.dcbureau.org/201204097128/national-security-news-service/united-states-circumvented-laws-to-help-japan-accumulate-tons-of-plutonium.html
Google翻訳
http://translate.google.co.jp/translate?sl=en&tl=ja&js=n&prev=_t&hl=ja&ie=UTF-8&layout=2&eotf=1&u=http%3A%2F%2Fwww.dcbureau.org%2F201204097128%2Fnational-security-news-service%2Funited-states-circumvented-laws-to-help-japan-accumulate-tons-of-plutonium.html
Google翻訳はあくまでも大意です。日本語になってないので、ピース・フィロソ 
フィーなどがちゃんと訳してくれるといいのですが。

2,仏独共同の公営放送局ARTEによる番組 「フクシマ-最悪事故の陰に潜む真 
実」の動画と書き起こしです。出てくる人たちの情報はだいたい当協会のHPで紹 
介したものです。
http://kingo999.blog.fc2.com/blog-entry-577.html

3,福島4号機の使用済み核燃料が国際的な問題になっています。アメリカの民 
主党議員が日本政府には手に負えないので、国際的支援を受け入れるように日本 
政府やアメリカ政府要人に書簡を送ったというニュースです。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120417/amr12041713400005-n1.htm
これにかんし、ずっと反原発運動をしてきた村田光平元スイス大使が動きだして 
いることをカレイド・スコープが報告しています。
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-1212.html

4,民主党内で再稼働容認派と反対派の会議があったのですが、記者は閉め出さ 
れたと田中龍作ジャーナルが報告しています。
http://tanakaryusaku.jp/2012/04/0004114

5,原発が廃炉決定になって固定資産税はかからないのに、事故対策や廃炉の設 
備で、原発運転時よりもより多くの固定資産税が大熊町に入るという記事です。
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012041790070536.html
そういうことなら、各地の自治体は廃炉を電力会社に要求し、そのための施設を 
建設させたり、民間会社、労働者を誘致した方がはるかに経済的に潤うというこ 
とになります。これを試算して首長や議員に要請するというのがいいのではない 
でしょうか。

6,廃炉後の町のあり方は、高知県檮原町がよい事例として参考になります。こ 
の町は宮本常一の名著『忘れられた日本人』の有名な「土佐源氏」でその名を知 
られていますが、こういう実践でももっと知られてよい町です。
http://doraku.asahi.com/hito/runner2/120403.html

7,福井県が任命した県のブランド大使のアーティストが、再稼働を容認するな 
ら大使を辞任することを申し出たという記事です。りっぱです!
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/society/34220.html

8,原発に市場原理を導入すれば、誰もつくらなくなり、再生可能エネルギーや 
エコで地域分散的なPPSが可能になるという記事です。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120416-00000302-playboyz-soci

9,同じことは、吉岡斉さんも述べています。
http://besobernow-yuima.blogspot.jp/2012/03/blog-post_25.html
しかし、吉岡さんの「比較的安全度の高いと見積もられるものについては再稼働 
を認めるというと、石油火力を燃やすよりはずっと経済性が良い」はいただけま 
せん。彼はおそらく発電コストだけの試算でいっており、最低でも10万年、アメ 
リカの試算では100万年に渡る廃炉や使用済み核燃料や放射性廃棄物保管のコス 
ト、プルトニウム保管のコスト、事故が起きたときの賠償費用や復旧費コストな 
どを計上していません(というかまともな推計も困難)。

★ 松元 さんから:
みなさまへ   
小出先生の「たね蒔きジャーナル」4月18日分の転送です。今回は原発推進派の 
澤田哲生さんとの対談です。その後、「瓦礫の広域処理について」の特集報告が 
あり、17日の「ある原発作業員の死」とあわせてお届けいたします。

「原子力に手を染めたのが間違い、原子力に頼らない世界に踏み出す機会」「再 
稼動は、やってはいけない」と語っています。

原発作業員、大角信勝さんの亡くなられた話を聞くと、本当に東電は頭のてっぺ 
んからつま先まで「隠蔽」で「腐れきっている」(山本浩之さん)と思います。

●「小出裕章非公式まとめ」に生の声がアップされています。 
http://hiroakikoide.wordpress.com/

=====18日、小出先生と澤田哲生さんの対談=====

 永岡です、毎日放送ラジオのたね蒔きジャーナル、今日も水野晶子さんの司 
会、毎日新聞専門編集委員の近藤勝重さんの案内で放送されました。今日は知ら 
れざる内幕の3回目、3月にも放送された小出先生と、東京工大の澤田哲生さんの 
対談の続編です。

 原発のニュース、関電が電力不足の場合の計画停電の案を出しています。地域 
別にやり、鉄道や病院は対象外で、枝野氏、不安があれば計画を立てるのがいい 
と言っています。一昨年並みの猛暑だと関電は18%不足、去年並みなら5.5%不 
足すると関電が言っています。

 大飯原発、福井の原子力安全委員会が訪れて、非常電源が土砂崩れの場所にな 
いか見ています。大飯は国が要請し、県が独自に調査しています。安全委員会の 
中川委員長、個人的には安全を確認できたと言っています。

 大飯の再稼働について、野田総理らの議事録なしに、橋下氏、言語道断と批判 
し、誰がどのような発言をしたか記録しろと言っています。

 原子力推進を目的とした原子力大会が開幕し、細野氏、政府にも責任あり、事 
業者の責任もありといい、今井敬会長(永岡注:この人は元新日鉄会長)は再稼 
働がいると言っています。
 そして、小出先生と澤田さんの対談、小出先生スタジオでの出演であり、澤田 
さんはイタリアから電話出演です。

 大飯再稼働について、小出先生はやってはいけない。原子力に手を染めたのが 
間違いで、もうすぐ日本の原発が全て止まる、原子力に頼らない世界を踏み出す 
機会なのです。澤田さんは再稼働すべきであり、大飯は緊急措置もして、ストレ 
ステストの結果も出て、1次評価で政治的な評価の判断は出ている、決められた 
手続きに伴い判断できるなら再稼働すべきなのです。安全だから再稼働すべき 
で、1次評価は総合的な安全評価ではなく、津波・地震に耐えられるかの余裕が 
広がったかの評価で、余裕は広がっており、正当に評価されるべきと言うものです。

 小出先生、澤田さんに全く同意できない。原子力の安全性は想定したことに技 
術的にどうかと、国も安全基準を作ったのに、福島で覆った。ストレステストも 
従来の考えでやり、少し厳しく考えた程度、そんな考えが間違いと学ばないとい 
けないのです。原子力をやるなら根本に立ち返るべきなのに、政治評価でやって 
いるのです。

 リスナーより澤田さんに質問で、澤田さんの原発推進の理由を教えてほしい。 
資源がないからか、まさか核抑止力なのか(電気は足りている)について、核抑 
止力ではない、原子力エネルギーは特別なエネルギーではなく、放射能を恐れる 
こともあるが、宇宙は放射線の海であり、宇宙のメカニズムの結果ウランやプル 
トニウムが出来て、1930年代に核分裂が発見され、平和のエネルギーになる。う 
まく使うと良いのです。

しかし、小出先生、澤田さんと正反対で、宇宙には放射線が充満しているが、そ 
の時には地球に生物はいなかった。宇宙からの放射線が無くなり、ようやく生命 
が地球に出来た。放射線はもともと危険であり、それを生み出してはいけないの 
です。

 澤田さん、核分裂エネルギーは、原子核の変化で出るが、これが自然であると 
思うのです。原発も自然エネルギーと思う(自然エネルギーも増やすべき、しか 
し今から10年後は原発の2〜3割のエネルギーの代替は無理、原発も、自然エネル 
ギーもうまく使うべきなのです)。

 小出先生、自然エネルギーもリスクがあり、むやみに増やすべきではない。原 
発を無くしても、10〜20年は化石燃料で行くが、出来るだけ自然エネルギーに移 
行すべきなのです。

 高校2年生からメールがあり、原発を無くして、どのようなエネルギーでやる 
かについて、小出先生、今は火力・水力・原子力だが、原子力なしでも火力+水 
力で日本はOK。電気をたくさん使いたいとしたら破綻する、エネルギーを使わ 
ない+自然エネルギー移行すべきなのです。澤田さん、自然エネルギーには時間 
がかかり、原発なしで、今化石エネルギーにほとんど頼る。日本には化石燃料は 
なく、原発止めたら年間2〜3兆円かかる+化石燃料も世界の市場があり、イン 
ド、中国の買い占めで逼迫している。高い金を出さないと買えない国もあり、日 
本は原発で世界に迷惑をかけないようにすべきなのです。

 近藤さん、大飯再稼働をなぜ急ぐのか、福島の検証なしで、100倍も200倍も上 
回る必要性がいると言われて、澤田さん、福島は重要だが、津波は東北一帯を襲 
い、女川は津波対策で助かり、福島第2も安全に止まり、福島5、6号機は電源が 
高いところにあり助かった。違いがあり、これが今後どうするべきかの答であ 
る。大飯は急いでいると言うが、昨年来ストレステストをやり時間をかけてい 
る。やるべきことを時間をかけてやっていると言うことです。

 近藤さん、津波ではなく地震が原因との説もあり、澤田さんの意見は津波説 
で、これについて、女川も福島第2も事故にはならなかったが、女川は一系統だ 
け外部電源が生き延びた、偶然である。福島第1の5,6号機もたまたま生き延び 
た、偶然で事故になる場合もある。そういうことを起きないようにとストレステ 
ストをやっても、偶然の支配することには無力。ストレステストで安全にならな 
いのです。危険なのにやるべきなのか考えるべきなのです。

 リスナーの質問で、南相馬市の警戒区域へボランティアに行くが、災害ボラン 
ティアに行ったものの、帰宅する住民へのボランティアに行くのに、小出先生は 
警戒区域への帰宅を避けるべきなのかについて、自分の住んでいた町、地域に戻 
りたいと思うのは同じ。今南相馬は放射能で汚れているが、戻りたい思いはあ 
る。それを尊重したいが、そこも放射能で汚れ、日本では1ミリシーベルト以上 
の被曝を禁止しており、特に子供は帰ってほしくないのです。お年寄りが帰りた 
いのは当然だが、子供を返すのには反対。ボランティアに行く人の気持ちはあり 
がたいが、そこへ行くと被曝し、ボランティアも被曝の管理が出来ないと行くべ 
きでないのです。

 澤田さん、体験から、福島事故で南相馬、飯館に10回以上行き、除染のボラン 
ティアをして(飯館に近い農家)、農家は事故後もそこに住んでいる(計画的避 
難の外)、線量はまだら模様で高低があり、除染ボランティアに行ったところ 
は、線量はそれほど違わず、何十kmで線引きされているだけであるのです。放射 
能の墓場を作るのは福島の人を傷つけると言い、人の住めない地域もあり、リス 
ナーより、何ミリシーベルトなら危ないということについて質問があり、1ミリ 
は法律の目標値で、国際機関、IAEAの勧告で事故の回復期に5〜20ミリは浴 
びても健康に大きな影響なしとなり、ボランティアも、住む人も客観的な情報を 
聞いて秤にかけて、最後は自分で決めるべきと言うことです。1ミリを超えるな 
ら、帰らなくていいというものもあるのです。

 小出先生、周辺に住めないというのは住む人を傷つけるとのこと、住めないと 
ころはたくさんあり、セシウム137が半減するのに30年かかる。そこを故郷と感 
じる人が、30年戻れないなら故郷はない。故郷を失うことを、国がはっきり言 
い、帰れる幻想を国が与えてはいけない。日本は原発の事故はない、年間1ミリ 
以上の被曝をさせないと言って、異常事態の時には20〜100ミリ我慢しろと言う 
のは無責任。1ミリ以上の被曝をする人がいるなら、そういう人が避難するのを 
助けるべきなのです。

 これで時間になりました。近藤さん、真実と言うタイトルがある本を出し、真 
実は厳密に言うと一つしかなく、真実に近づくためにどんな事実を選択するかは 
主観であり、しかし、今回の問題は立場が違っても同じことを繰り返さないとい 
う立場なら接近するはずなのに、事故は小出先生は偶然性、沢田さんは大丈夫と 
捉える。避難する人を傷つけるかも違う。学者の話としては、事実の取り方でこ 
れだけ違うのかと近藤さん言われました。小出先生は安全な原発はない、沢田さ 
んは安全な原発は出来るとしていると言うことです。今日は以上の、小出先生と 
澤田さんの対談をお送りいたしました。

====18日、震災瓦礫の広域処理について====

 永岡です、毎日放送テレビのニュース「VOICE」で、震災瓦礫の広域処理 
の特集がありました。先週もありましたが私は知らず、この2回目を見ました。
 前回の放送の後、視聴者90人よりメールがあり、広域処理に賛否両論が出まし 
た(この中には、瓦礫の放射能汚染の問題もありましたし、広域処理を引き受け 
るべきとの声と、放射能の不安を語るものもありました)。

 今回は、被災地によって、瓦礫処理能力にあまりの差があることが分かりました。
 
 阪神・淡路大震災の際に、1400万トンの瓦礫が出て、その1割を他の自治体に 
やってもらったのですが、神戸市はそれを一切しなかったのです。理由は、神戸 
市は西区に広大な最終処分場を持っており、そこで処理できたからです(瓦礫の 
うち、木などの焼却できるものの焼却灰を処分するもの)。

 これに学び、被災地の仙台市では、仮設の焼却炉を作り、自前で瓦礫の処理を 
しています。ここには、神戸からノウハウを学び、自分で瓦礫を処理して、それ 
により現地に雇用も生まれ、復興に役立っているのです。これは仙台に神戸と同 
じく最終処分場があったからなのです。

 しかし、同じ宮城でも、石巻市には最終処分場はありません。600万トンの瓦 
礫を持つ石巻は、瓦礫の仮置き場が23か所あるもののパンク寸前で、現地では瓦 
礫が発酵し火災、悪臭などが出ています。こんな状態では復興も進まないと石巻 
では言っています。

 つまり、被災地の処理能力により、広域処理の必要性が異なる(自前で処理で 
きるところならそれが復興に役立つが、何もできないところもある)わけです。

 VOICEでは今後も瓦礫問題を取り上げるとのことです。今日の特集をまと 
めてお伝えいたしました。

=====17日、ある原発作業員の死=====

永岡です、関西テレビのニュースアンカーで、原発作業員の死に関して報道があ 
りました。

 亡くなられたのは大角信勝さん(享年60歳)、原発で全国にて働いていた溶接 
工の方です(住んでおられるのは浜岡原発のある御前崎市)。この奥様で、タイ 
国籍のカニカさんが証言されました。
 福島事故の後、作業員は1日平均3000人、延べ80万人が働いています。

 大角さん、昨年5月に福島に入り、元請けの東芝から見て4次下請けのところで 
す。が、午前6時に入り、6時50分に具合が悪くなったものの、当時福島原発に医 
師がおらず、作業員が心臓マッサージなどをしてJヴィレッジに運び、しかしそ 
こにも医師がおらず、結局いわき市の病院に運び、医師の処置まで2時間40分も 
かかっています。そこで亡くなられました。
 ところが、東電は大角さんの死と作業の因果関係はないとして(放射線も温度 
も過酷な環境ではなかった)います。どころか、大角さんの葬儀にも東電は来な 
いどころか、電話一本なかったのです。

 カニカさん、ご主人の労災を申請しました。ところが、これも弁護士の方、本 
来なら東電や東芝が労災が通ると言わないといけないのにやっていないと言われ 
ました。

 そして、福島の作業環境の改善を労働側が申し入れています。原発は最近技術 
ではなく、30〜40年前のままの現場だと言われました。昨年5月の段階では、作 
業員の環境はひどいものだったと、医師の愛媛大の先生も言われました。

 そして、大角さんの労災は通りました。カニカさん、これで、大角さんのお墓 
をタイに作りました。大角さん、カニカさん以外に身寄りがいないのです。とこ 
ろが、東電はどうして労災が通ったか、分からないのでコメントできないと言う 
のです!

 カニカさん、大角さんと、老後、タイで農業をする夢もあったのに、それもか 
なわないものとなりました。カニカさん、原発で働く人はみんな家族であると言 
われました。
 大角さんの後も、作業員が3人亡くなり、しかし東電は事故との因果関係を否 
定しています。

 原発作業員の実態は、先週のたね蒔き特番でも報じられましたが、キャスター 
のヤマヒロさんこと山本浩之さん、東電は腐りきっている、こんな会社を存続さ 
せていいのかとコメントされました。
 関西のテレビでは原発特集、結構やっています(今日はこの他に読売テレビで 
福島から京都に避難した人の話もありましたが、最後しか見られませんでし 
た)、これをお伝えいたしました。

★ 河内謙策 さんから:
   福井での動き 奈良・鳥取・愛媛 ハンガーストライキ

福井では、おおい町で住民説明会が26日に開催されます。本当に住民の質問をぶ 
つけることが可能な民主的運営が望まれます。ネットで見ているだけですが、住 
民の代理人の出席は可能なのでしょうか、もしダメだとすれば問題と思います。 
町民を囲い込むための説明会にならないよう、町にも、町民にも努力が求められ 
ると思います。
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/npp_restart/34230.html
県のレベルでは、県の原子力安全委員会の動きが急です。また県議会は、県議会 
議員の全員協議会を開催する方向です。
いずれも危険な動きです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120419-00000303-fukui-l18
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/politics/34223.html
大飯原発再稼動反対監視テントが頑張っています。22日に
「再稼動許すな緊急集会in小浜」が開催される予定です。
http://twitter.com/#!/oikanshi

 全国の原発推進派が動き出しています。悪い言葉で言えば、“混戦”模様になり 
つつあるのです。
奈良県知事が、奈良に使用済み核燃料中間貯蔵施設をつくることに前向きな発言 
をしました。危険です。奈良の脱原発を願う人が決起して早くつぶして下さい。 
お願いします。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120419-00000062-san-l29
平井鳥取県知事が、島根原発の視察をすると言い出しています。
私は危険な動きと思いますが、現地から正確な見方を教えてください。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120419-00000059-jij-pol
大飯原発と並んで、今、最も原発の運転再開に前向きといわれる伊方原発をめぐ 
る動きも急です。県の環境安全管理委員会技術専門部会でストレステストの評価 
についての議論が始まりました。18日の会合では、保安院にたいし様々な疑問が 
出されたようですが、この会合の行き先については、大いに警戒が必要だと思わ 
れます。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120419-00000289-mailo-l38

 既に知っておられる方も多いと思いますが、4月17日から経産省前テントひろ 
ばで、集団ハンガーストライキが始まりました。当面5月5日までの予定です。 
快挙だと思います。ぜひ、多くの方に知らせて、様々な形で支援連帯の動きを強 
めていきたいものです。
http://tentohiroba.tumblr.com/
http://tanakaryusaku.jp/2012/04/0004108

●○●○○○●○●○●○

★本日 金曜日、4月20日で
★原発とめよう!九電本店前ひろば★は 一周年!。(366日うる年の関係)

 ★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
と、皆さんと一緒に歩んで、昨年12月25日九電6基の全原発が停止し、
まもなく、5月5日北電泊3号機原発が停止。全原発停止。祝。

一周年!4月20日、皆さんとささやかな<祝賀会?>をひろば・テント内で。
午後4時から準備、5時から8時ごろまで。お立ち寄りください。
鍋をします。食費カンパ500円から。 差し入れ大歓迎!
     場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1−82 
     地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html

★   核なき未来は今、ここから
    GOODYE NUKES
  さよなら原発! 5・27 佐賀集会 
      第一回実行委員会 
 日 時: 4月 21日(土)午後6時から 
 場 所: i スクエア ビル5階 大会議室
        佐賀市市民活動プラザ
 住 所:佐賀市駅前中央1−8−32 電話:0952-40-2002
  地図:http://tinyurl.com/6szltaa
   (皆様の手帳にメモしてご参加よろしくお願いします。)
<Twitter フェイスブック ミクシー メール、ブログなどで広めて下さい。>

★ 残る一基、5月5日北海道電力泊3号機が定期検査。
  各地の再稼働阻止で全原発54基停止 祝!

★「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)
ホームページ:http://no-genpatsu.main.jp/index.html
 原告・サポーターを募集しています。(九州以外の方もO.k)
 連絡先:090-9071-7963(椛島・かばしま弁護士)

★ 原発労働・その真相 元原発労働者たちは訴える ☆ 
  <集会ご案内>
日 時: 2012年4月28日(土) 
      開場12時00分 開演12時30分〜15時00分
会 場:福岡市 西南コミニューティセンター 
主 催:原発労働裁判・梅田さんをささえる会・弁護団
詳細:4月8日【報告】第354目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★掲載。
   <梅田さんの第一回口頭弁論期日の日程>
    5月9日(水)午前11時00分 福岡地方裁判所303号法廷
      地図: http://bit.ly/qSdpTo (地下鉄赤坂駅から徒歩5分)

●○●○○○●○●○●○
  ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば★☆
    Twitter フェイスブック ミクシー等で拡散よろしくお願いします。
    ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば ★☆
    午前10時から午後5時(土・日曜・休日は閉設)
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
   場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1−82 
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
   ★☆(ひろば・テント 090-1324-8588) ☆★

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
      青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内