[CML 016518] 【原発再開 地元と周辺で世論差】「福井県小浜市や京都府舞鶴市など周辺の自治体では「賛成」・「どちらかといえば賛成」は32%で「反対」・「どちらかといえば反対」が60%と上回りました。」

uchitomi makoto muchitomi at hotmail.com
2012年 4月 19日 (木) 19:18:54 JST


京都からも23日から現地支援の現地事務所・テント開設に入りますが、こうした地元の方々との交流と信頼関係の構築が問われいます。本日のテレビでの大飯町現地主題ルポでは、現地では相当な不安感があると住民の方が話しておられました。

 内富

「NHKの世論調査で、福井県にある関西電力大飯原子力発電所の運転再開について賛否を聞いたところ、地元のおおい町では、「賛成」・「どちらかといえば賛成」と答えた人は54%で、「反対」・「どちらかといえば反対」と答えた人の37%を上回りました。

一方、福井県小浜市や京都府舞鶴市など周辺の自治体では「賛成」・「どちらかといえば賛成」は32%で「反対」・「どちらかといえば反対」が60%と上回りました。」


原発再開 地元と周辺で世論差

4月19日 18時54分

NHKの世論調査で、福井県にある関西電力大飯原子力発電所の運転再開について賛否を聞いたところ、地元のおおい町では、「賛成」・「どちらかといえば賛成」と答えた人は54%で、「反対」・「どちらかといえば反対」と答えた人の37%を上回りました。

一方、福井県小浜市や京都府舞鶴市など周辺の自治体では「賛成」・「どちらかといえば賛成」は32%で「反対」・「どちらかといえば反対」が60%と上回りました。

NHKは、今月13日から3日間、大飯原発のある福井県おおい町とその周辺の小浜市、若狭町、京都府舞鶴市、滋賀県高島市の4つの自治体、それに大阪市の3つの地域で、20歳以上の男女を対象にコンピューターで無作為に発生させた番号に電話をかける「RDD」という方法で世論調査を行いました。

調査の対象となったのは、およそ1200人から1600人で、それぞれ60%を超える人たちから回答を得ました。

まず、大飯原発の運転再開の賛否について聞いたところ、おおい町では、「賛成」・「どちらかといえば賛成」と答えた人は合わせて54%で、「反対」・「どちらかといえば反対」と答えた人は37%でした。

一方、周辺の福井県小浜市、若狭町、京都府舞鶴市、滋賀県高島市では、「賛成」・「どちらかといえば賛成」は32%で、「反対」・「どちらかといえば反対」は60%でした。
また大阪市では、「賛成」・「どちらかといえば賛成」は29%で、「反対」・「どちらかといえば反対」は62%でした。

また運転を再開した場合、放射線が外部に漏れ出すような重大な事故が起きる危険性についてどのように感じているか聞いたところ、おおい町では、「危険性が大いにあるので不安だ」が16%、「危険性がないとはいえないので不安だ」が55%と不安を感じている人は71%で、「危険性はほとんどないので不安はない」は18%「危険性はまったくないので不安はない」は6%でした。

また運転再開に「賛成」・「どちらかといえば賛成」と答えた人のうち55%は、「危険性が大いにあるので不安だ」・「危険性がないとはいえないので不安だ」と答えました。

一方、周辺の4つの自治体では、「危険性が大いにあるので不安だ」・「危険性がないとはいえないので不安だ」は84%で、「危険性はほとんどないので不安はない」・「危険性はまったくないので不安はない」は13%でした。

また大阪市では、「危険性が大いにあるので不安だ」・「危険性がないとはいえないので不安だ」は84%、「危険性はほとんどないので不安はない」・「危険性はまったくないので不安はない」は12%でした。

次に、大飯原発の運転再開を決めるうえで、どこまで広い範囲の人たちの同意が必要だと思うか聞きました。

選択肢は、(1)おおい町と福井県、(2)原発から30キロ圏内に入るすべての自治体、(3)30キロ圏内に加え大飯原発の電力を使うすべての自治体、(4)国民全体、(5)政府が判断すればよく自治体の同意は必要ない、(6)その他、(7)わからない、無回答の7つです。
その結果、おおい町では、「原発から30キロ圏内に入るすべての自治体」が最も多く29%、「30キロ圏内に加え、大飯原発の電力を使うすべての自治体」は23%、「おおい町と福井県」は22%、「国民全体」は12%、「政府が判断すればよく自治体の同意は必要ない」は6%でした。

一方、周辺の4つの自治体では、「30キロ圏内に加え、大飯原発の電力を使うすべての自治体」が最も多く35%、「30キロ圏内に入るすべての自治体」は29%、「国民全体」は20%で、「おおい町と福井県」、「政府が判断すればよく自治体の同意は必要ない」と答えた人は、それぞれ5%でした。

また大阪市では、「30キロ圏内に加え、大飯原発の電力を使うすべての自治体」と答えた人が40%と最も多く、「国民全体」は25%、「原発から30キロ圏内に入るすべての自治体」は17%で、「おおい町と福井県」「政府が判断すればよく自治体の同意は必要ない」と答えた人はそれぞれ5%でした。

次に、原発の運転再開を巡る政府の対応のうち、大飯原発がある地元や国民への説明をどの程度評価するか聞いたところ、おおい町では、「大いに評価する」・「ある程度評価する」と答えた人は29%、「あまり評価しない」・「まったく評価しない」と答えた人は57%でした。
一方、周辺の4つの自治体では、「大いに評価する」・「ある程度評価する」は19%で、「あまり評価しない」・「まったく評価しない」は70%でした。

また、大阪市では、「大いに評価する」・「ある程度評価する」は19%で、「あまり評価しない」・「まったく評価しない」は68%でした。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120419/k10014572741000.html
 		 	   		  


CML メーリングリストの案内