[CML 016494] Re: 小沢信者批判について

萩谷 良 liangroo at yahoo.co.jp
2012年 4月 19日 (木) 07:05:18 JST


乾様 
もう少し説明しましょう。


On 2012/04/19, at 3:55, ttjini at nifty.com wrote:

> 萩谷 さま
> 
> お話を絞らせていただきますと、萩谷さまによれば小沢氏と橋本氏の政策は同じ方向性
> を示していることへの批判と解した次第です。しかしながら、具体的に検証していけば
> 、その政策の違いは明らかになると思います。
> 
> また私のことを、米国のモデルだけで考えていると誤解しておられるようですが、私は
> むしろ米国に対して、他国に対する行過ぎた干渉には批判的な立場をとっております。
> そうは言いましても、現実的には米国が日本に行使しているのは強権的なものばかりで
> すが。
> 

 米国に批判的かどうかに関わりはありません。あなたは、米国の他国に対する姿勢に問題を感じておられるようで、それはいいのですが、私が行っているのは米国の国内の政治システム、二大政党制です。あなたは、二大政党制をあたかも大前提のように語るから、そういう考え方はおかしいと言っているのです。



> >とあるとおり、小沢は「効率よい意思決定」が目的であり、そのために二大政党制が
> 必要と考えたから、小選挙区を推進したのですが、小選挙区制は死に票を大量に出す制
> 度で、少数意見切り捨てです。この少数切り捨てが、橋下とぴったり合うということで
> す。
> 
> 小選挙区の弊害が「少数意見の切捨て」の主張ですよね。ですが、「効率よい意思決定
> 」が即座に「少数意見の切捨て」に?がるとは拙速すぎると思います。なぜなら、その
> 時々の政治の成熟度に照らし合わせなければなりませんから、段階を踏む必要があるか
> らです。


 効率よい意思決定を少数意見の切り捨てにつなげるのは、私ではなく小沢や橋下です。だから小選挙区制になるのです。
 私が小選挙区制を推進したとでもいうのでしょうか?


> 
>>  さて、小沢氏も橋下も、今井氏の案に何の反応もしていません。社民や共産は反対
> の姿勢で、それは護憲の立場からは当然のことですが、小沢氏や橋下は、なぜ、国民投
> 票に賛成しないのでしょう。それこそが、彼らの志向する政治の共通した悪質さを示し
> ているのではないかと、私は考えています。
>>  私の「原発国民投票」についての考えは私の個人ブログ「在日宇宙人Bassemのニッ
> ポン禁止ブログ」に掲載していますので、ぜひご覧ください。www://blogs.yahoo.co.j
> p/liangroo
> 
> ブログのご紹介ありがとうございます。
> 萩谷さまの主張の根底には、「国民を優先しろ」とのメッセージが込められており、そ
> れには何ら異論はございません。ただ、小沢氏に対する物言いが感情的過ぎる傾向があ
> って、それが気がかりと申しましょうか。(笑)

 私は「国民を」とは言いません。「国民」は非国民(在日など)の排除だから、そういう言い方はできないのです。
 



CML メーリングリストの案内