[CML 016493] <テント日誌 4/18(水)>

Kimura-m kimura-m at ba2.so-net.ne.jp
2012年 4月 19日 (木) 06:48:57 JST


<テント日誌 4/18(水)――経産省前テントひろば221日目>
    全国に広がりゆく連帯の輪
    明日19日は澤地久枝さん&鎌田慧さん、山内徳信議員がテントへ

 4月18日(水) 曇り時々晴れ 夜一時雨 

 集団ハンスト行動は2日目を迎える。ハンスト者たちはまだまだ元気で、ピンピンしている。
午前中に嫌がらせか悪罵を投げつけてわめき立てていた者がいたが、順調に2日目へと。
 東京新聞は一面に写真入りで昨日の記者会見の模様を伝えていた。昨夜のNHKの21時のニュースでも3分間ほど放映したそうだ。他の新聞、TVはどうだったのだろう。
 今日のハンスト参加者は12名、うち6名が終日テントの前で座り込み、自宅でハンストという連帯の輪は広がり、長崎、愛知などからも申し込みが届いている。昨日48時間ハンストを宣言した服部議員は、国会活動を行いながら、ハンストを貫いている。
 さらに多くの方がハンストに参加されるよう呼びかけたい。とくにテント前で終日座り込みながらの参加者を求めたい。集団としてテントの前でハンスト行動という、可視化された”意思の塊”ということが重要なのだから。
 明日(4/19・木)には、11時頃に1000万人署名呼びかけ人の澤地久枝さんが鎌田慧さんと激励連帯でテントを訪れる。少し後には沖縄選出の衆院議員の山内徳信さんが来られるそうだ。
なんとかその時に多くの方がテントに参集されてミニ集会ができれば・・・。
    ( Y・T )

<大飯原発監視テントから>
4月18日水曜日再稼働阻止大飯監視テントより 
 ようやく晴れ上がった素晴らしい日和。原発目指して歩く。あの有名な海水浴場から丘にのぼり、金網ごしにうえから覗く。ひとけのない海辺にはカワウソが、丘の上には鹿が二頭。そんな自然の気配の葉むらごしに原発の屋根か別の建築物の屋根か白く田の字がたにのぞかれる。原発さえなかったら豊穣の海が約束されたのに。
 今日、福井県原子力安全調査委員が大飯町役場にくるという。関西電力から2500万円もらっている連中だ。26日には経済産業省副大臣がくる。生態系を破壊することで金を動かす金色夜叉たちが公然と横行する野蛮な政権。1日も早く再稼働阻止、脱原発を断行せねば、緩慢なる大量殺人は終わらない。テントに結集を!                                           ( Q記 )

(追記)
昨日(4/17)のテント日誌で標題が抜け落ちていました。
<テント日誌 4/17(火)――経産省前テントひろば220日目>
      集団的ハンスト行動、初日26名でスタート!
      テント前記者会見に300名が結集!     



CML メーリングリストの案内