[CML 016450] 【報告】第363目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2012年 4月 17日 (火) 07:11:45 JST


青柳行信です。4月 17日。

明日★4月18日(水)午前9時〜11時〜 福岡県に申し入れ行動 
 集合:8時45分県庁1階ロビー 行先:県の防災危機管理局防災企画課
ご参加よろしくお願いします。
   
≪≪福岡市への申し入れの報告(庄山智美さんから)
4月10日(火)11時〜12時 福岡市役所
  ○今回の申し入れについて、4月20日に文書回答するとのこと。
  ○福岡市は、原発稼働についての説明が国も九電も足りないと
  感じており、国への提言を作成中とのこと。
○防災に関しては、30キロ圏では対応はだめだと感じているとのこと。
 などを確認。
福岡県にも、お時間の都合がつく方は、できるだけお集まりください。≫

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第363日目報告☆
 呼びかけ人(2011年4月20日座り込みから4月16日現在総数2172名)
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】4月16日7名。 
市川訓子 市川利明 小田裕子 縄手智美 匿名3名

      <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>
 ★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★

★ 横田つとむ さんから:
青柳さま
お疲れ様です。
今日は 写真の展示に時間がかかり テントに行くことができませんでした。
民主党 幹部は どうしても原発を動かしたいようですね。
末期症状の民主党をひっくり返してやりましょう。

あんくるトム工房
民主党は 終盤自滅か   http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/1799
再び写真展のご案内    http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/1800

  仙谷氏が 日本は 集団自殺だ とーー。 脅しですね、これは。
  こちらは 負けずに 民主党は 終盤 自滅だ と。 

★ 藤原紀代子 さんから:
青柳様 
ひろば・テントは、もうすぐ1年になりますね。
本当に、よく、頑張っておられますね。
お疲れ様です。

★ 梅崎由美子(地球のめぐみ) さんから:
ひろば・テント、20日で、1周年なんですね!
有り難うございます。m(_ _)m
続けることは大変なのに、頭がさがります。

20日ですが、11時〜 ミニ上映会をします。
チェルノブイリ原発事故がきっかけで、市民が電力会社を作ってしまったとい 
う、本当の話です。
私たちはどうしたら良いかのヒントがたくさんあります。よろしかったら、皆 
様、ご参加ください。
定員が20名なので、申し込みをお願いします。

『シェーナウの想い』上映会 in 大名
日時/2012年4月20日(金)午前11時より
場所/GuldCafe Costa (エヴァースイーツの2Fです)
〒810-0041福岡市中央区大名1-10-14 MATCH 2F
 TEL 092-791-6250 http://www.guildcafe.jp
料金/1,000円(ワンドリンク付き)
メール予約 yoyaku.fukuoka at gmail.com
タイトルに【「シェーナウの想い」上映会予約】と明記のうえ、お名前、連絡 
先、参加人数をお知らせ下さい。
会場の関係上、20名先着順で締め切らせていただきます。
ご了承ください。
<プログラム>
11:00 『シェーナウの想い〜自然エネルギー社会を子どもたちに〜』上映
12:00 ディスカッション 12:40 終了
『シェーナウの想い〜自然エネルギー社会を子どもたちに〜』
シェーナウ。それは、ドイツ南西部に位置する小さな町。そこで暮らす住民たちが、
チェルノブイリ原発事故をきっかけに、自分たちの手で電力会社を誕生させるま 
でを描いたドキュメンタリー映画。
「自然エネルギー社会を子どもたちに」という“シェーナウの想い”が歴史を動か 
した。(2008年ドイツ/60分)

★ 舩津康幸 さんから:
   <今朝の新聞記事>
「中部電力が昨日(16日)、経済産業省原子力安全・保安院に対し、内閣府の有 
識者会議が示した南海トラフ(海溝)の巨大地震と津波について、浜岡原発であ 
らたな対策をとらなくても安全と.確保できるとの報告書を提出しました。」と 
しんぶん赤旗が報道しています。浜岡原発の全炉停止は廃炉をを決めたわけでは 
なく、新たな再稼動の理由を生み出す機会を狙って準備をすすめていることに驚 
きます。「世界一危険な原発」、なんとして廃炉に持っていかないといけません。
また、16日、民主党の仙石政調会長は前日に続いて、名古屋市内での講演で 
も、原発再稼動の言及し、「止めた場合、経済と生活がどうなるか考えておかな 
ければ、日本がある意味で集団自殺をすることになってしまうのではないか」と 
発言したと西日本新聞の2面に報じられています。「集団自殺」などと脅しの文 
句を使って再稼動に向かって策動しているようです。こんな人が中枢にいる民主 
党には政権は任せられません。

昨日、朝のメールで新聞の記事の紹介の最後のほうで 「一喜一憂」の変換ミス 
がありました。申しわけありません。全原発稼動停止に「一喜一憂」せずにがん 
ばりましょう。これからが本当の正念場です。油断すると飛んでもない結果を迎 
えるか可能性もあります。5/27の佐賀での集会は時期的に意味のあるものとおも 
いますが、気分的には難しい感じもしますが成功させるため一緒に力をあわせて 
いきましょう。
さて、4月16日(月)のしんぶん「赤旗」に今後の運動を進める上で重要な情報 
が掲載されていましたので、紹介します。
,劼箸弔蓮4面右端に囲み記事の見出し「原発再稼動58%が反対」(3月世論 
調査) 以下、全文  「定期検査で運転停止中の原子力発電所について、再稼 
動すべきでないと考える人が58%に上ることが、時事通信社が3月に実施した 
世論調査でわかりました。原発を廃止すべきだとした割合も昨年5月の調査以降 
では最高となりました。
調査は3月.2〜12日、全国の成人男女4000人を対象に面接で実施し、1217人から 
回答を得ました。0〜10点の段階評価で、「どちらでもない」あh5点とする方法 
で調べました。原発の再稼動については、「再稼動すべきでない」(0点)が 
25.4%と最多で、「どちらでもない」(5点)が21.2%。0〜4点の再稼動に反対 
する意見は計58.5%だったのに対し、6〜10点の賛成派は計16.2%にとどま 
りました。
今後の原発も在り方では、「(廃止、推進)どちらでもない」(5点)20.9%、 
「速やかに禁止」(0点)20.7%の順。4絵tんいかの「廃止派」は計69.2% 
となりました。
原発の安全性についても、「まったく安全でない」(0点)と答えた人が27.3% 
で最も多く、安全でないとする4点以下の回答は計74.4%で、不信感が強いこと 
がうかがえます。」

15面のトップの囲み記事「需要過大 救急過小 『電力不足』試算 根拠なし 
 大飯原発 再稼動急ぐ政府・関電  省エネ・7他地域融通・・・  ”手尽く 
せば十分” NPO指摘」と、この大見出し、小見出しを目で追うだけで記事内 
容が推測できます、政府と関電の発表した需給の試算のいい加減さを指摘してい 
ます。記事の結びに、環境エネルギー政策研究所の飯田哲也所長の言葉として 
「電力需要のピーク時に需要を減らし、供給を増やすという管理(ピークマネー 
ジメント)をしっかりやれば、原発を動かなさなくても電力不足に陥ることはあ 
りません。電力が足りないなどというのはナンセンス極まりありません。政府・ 
関電がしていることは猿芝居、茶番劇です」、とあります。

心ある国民は、これまで電力の無駄遣いを強いられてきたことを3.11事故以降に 
気づいています。
もう、政府や電力会社の危機感をあおる宣伝には裏があることを感じています。
昨年の経過からして、国民に「不用な電力を使わないように」と正しく伝ええれ 
ば、電力不足は起きないでしょう。
先の調査結果にある 将来も「原発廃止派」(69.2%) との多数の国民の意思 
に確信を持ち、その声を確実なものに、そして、さらに原発はいらないとする人 
たちを多くしていきましょう。

★ 加来 さんから:
ご存知かもしれませんが、肥田医師にインタビューがupされています。
期間限定公開なので、そのうち会員じゃないと観られなくなるので、お早めに。
岩上安見氏による、肥田先生へのインタビュー
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/10257

★ 前田 朗 さんから:
昨日、大阪の城東区民会館で開催された「原発を問う民衆法廷」第2回公判の記 
事です。
http://mytown.asahi.com/osaka/news.php?k_id=28000001204160003

★ 清水@グルントヴィ協会 さんから:
青柳さん、こんばんは。
原発関連情報42をお送りします。
全部は協会のHP(http://www.asahi-net.or.jp/~pv8m-smz/index.html)で見ら 
れます。

1、HUNTERが、暫定基準策定について、法律的な根拠もなく、その記録もないこ 
とを明らかにした記事を掲載しています。
http://hunter-investigate.jp/news/2012/04/post-187.html
http://hunter-investigate.jp/news/2012/04/post-192.html
また大阪府と福岡県の対応の違いについて、小川福岡県知事が九電の松尾前会長 
が後援会会長である理由も指摘しています。
http://hunter-investigate.jp/news/2012/04/post-190.html

2,大飯原発の再稼働に隠れて、県知事の反発がない愛媛県の伊方原発の再稼働 
が画策されていますが、それに対して15日松山市で四国、中国、九州の市民が集 
会を行いました。大分の小坂さんによる報告です。
http://nonukes.exblog.jp/15728936/

3,いま各地で原発停止の訴訟が提訴されていますが、日本の司法は原発訴訟に 
かんしては国や電力会社の側にしか立たないという記事を紹介したブログです 
(1〜5)
http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/37de27b9064f0ae8cfbc1dc129ad20c3
http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/38ad8806f4147d5bab1711609f812621
http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/f79d14a357c5808b9b64aa232400129a
http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/511e223c1877d233ed59858994e4644c
http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/511e223c1877d233ed59858994e4644c

4,福島原発で働く作業員募集のページです。私も年齢でリストラ対象になった 
ので行きたいですが、求められている技術がありません(笑)。
http://musyoku.com/match/kyujin/120412162607

5,福島現地では住民同士の分断工作が進んでいるようで、いわき市長の発言で 
す。これは行政が復興支援にかんする仕事を与えればすむことでしょう。
http://www.kahoku.co.jp/news/2012/04/20120410t61017.htm

6,4月11日の第18回総合資源エネルギー調査会の書き起こしです。飯田哲也、 
大島堅一、伴英幸、植田和弘さんががんばっています。委員長は新日鐵の会長で 
すからひどいものです。あと意外に民間エコノミストがまともな意見をいってま 
すね。地球温暖化問題にとりくんできたという崎田裕子、枝廣淳子両氏はいかに 
原発が環境破壊の元凶かわかっていなかった代表例です。
http://bochibochi-ikoka.doorblog.jp/archives/3365117.html
http://bochibochi-ikoka.doorblog.jp/archives/3365440.html
http://bochibochi-ikoka.doorblog.jp/archives/3366375.html
ちなみに枝廣淳子氏は、東電の広告に出てました。
http://zarutoro.livedoor.biz/archives/51692543.html

7,当協会プロパーのニュースとしては、デンマーク大使が福島県を三度目の訪 
問をして、再生可能エネルギー支援を約束したという報道があります。
http://www.minpo.jp/view.php?pageId=4107&blockId=9962014&newsMode=article

★ 杉 眞彦 さんから:
春らしくなったこの頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?
この度、「風ふくおかの会」主催で
〜未来に続くいのちのために〜
「松本英揮 アースデイ・スライドショー 講演会」
(チャリで走った120カ国)を開催します。
宗像ユリックスハーモニーホールを1日借り切っての企画です。
津屋崎少年少女合唱団のコンサートもあります。
途中の入退場もできますので、ぜひおいで下さい。
****************************
日時:4月21日(土)
  第1部:11:00〜 第2部:14:30〜17:10
         コンサート:15:30〜16:15
会場:宗像ユリックス
料金:前売り700円(当日999円)・前売りペア1000円
   学生(高、大)500円
*****************************
杉 眞彦@kaze
*前日までに私にメールkaze at fsinet.or.jpや電話でチケットを予約されれば、
  前売り料金で入場できます。
■開催日4月21日は世界アースデイ「地球の日」です。
原発再稼働・がれき問題…と、未来に続く命が脅かされつつある今、
大きな視点で地球のこと、未来のことを考えてみませんか?
わたしたちが今、大切にしなければならないものは何でしょうか?
「風ふくおか」:http://www.ab.auone-net.jp/~wakeup/index.html
むなかたの風:http://www.fsinet.or.jp/~kaze/

★ 東京の杉原浩司(福島原発事故緊急会議/みどりの未来)さんから:
大飯原発再稼働問題がぎりぎりの局面を迎えています。枝野経産相のごり
押し訪問を受けて、さっそく4月16日(月)午後3時から5時頃にかけて、
福井県原子力安全専門委員会が開催されました。

第70回 福井県原子力安全専門委員会の開催について
http://www.atom.pref.fukui.jp/press/h24/20120414senmon.pdf

原子力安全専門委員会の中川委員長は、早くも18日(水)には大飯3、4号
機の現場検証に出かけ、その後にこれまでの議論を整理してまとめに入る
と表明しています。拙速な出来レースを許すわけにはいきません。

そもそも、原子力安全専門委員会は利益相反(関西電力や三菱重工などか
ら献金を受けた)の疑いのある複数の委員を含んでおり、現状のままでの
議論には大きな問題があります。利益相反の疑いのある委員の解任は、公
正な議論のための最低限の前提です。

また、大飯原発再稼動問題の地元は福井県やおおい町のみではないことは、
西川知事も認めており、拙速に委員会を開くべきではありません。

ぜひ西川福井県知事や福井県原子力安全専門委員会にあてて、大至急メッ
セージを届けましょう! 地震列島日本に暮らす「地元民」の一人として。

・西川一誠福井県知事
  (FAX)0776-20-0622  福井県県民サービス室「知事へのおたより」係
  (メール)
https://info.pref.fukui.lg.jp/kenmin/otayori/otayori.html
または、 kenmin-s at pref.fukui.lg.jp

・福井県原子力安全専門委員会
(原子力安全対策課) (FAX)0776-21-6875 (TEL)0776-20-0314
  (メール)gennan at pref.fukui.lg.jp

<参考:美浜の会ホームページ>
利益相反の疑いのある5名の委員の解任等を求める要請書
http://www.jca.apc.org/mihama/fukushima/fukui_souhanyoubou20120326.htm

福井県原子力安全専門委員会への公開書簡・要望書
http://www.jca.apc.org/mihama/fukushima/fukuisenmoni_q20120411.pdf

★ 松元 さんから:
みなさまへ    
小出先生の「たね蒔きジャーナル」、4月16日は琉球大名誉教授で「内部被曝問 
題研究会」の矢ヶ崎克馬さんの出演で、小出先生はお休み。しかし文化放送の 
「ソコダイジナトコ」に電話出演されていますので、いっしょに紹介させていた 
だきます。

●「小出裕章非公式まとめ」に生の声がアップされています。 
http://hiroakikoide.wordpress.com/

=====琉球大名誉教授、矢ヶ崎克馬さんのお話=====
永岡です、毎日放送ラジオのたね蒔きジャーナル、今日も水野晶子さんの司会、 
毎日新聞ほっと兵庫編集長の平野幸夫さんの案内で放送されました。今週は知ら 
れざる内幕と言うテーマで、今日は内部被曝の専門家、琉球大名誉教授の矢ケ崎 
克馬さんの電話出演(昨年8月、12月に続いて)でした。

 今日は、民主党の仙谷氏への批判がリスナーから寄せられています。

 原発のニュース、再稼働で、民主党の仙谷氏、原発をすべて止めたら日本が集 
団自殺と言い、再稼働と主張しています。また、原子力を信用しない日本の国民 
の意見は分かるが、論理的に解決できないと言っています。仙谷氏、再稼働の中 
枢であり、平野さん、これは民主党が集団自殺することなのに、国民への脅迫と 
指摘され、どれだけ足りないか、足りないならどんな手があるのか電力会社は言 
わないのに、政治家が指示していない。仙谷氏、4閣僚会議にも出ており、野田 
氏は消費税で手いっぱいで、枝野氏と仙谷氏に原発を丸投げしており、東電次期 
会長に仙谷氏が取りざたされており、民主党は自民の族議員を批判していたの 
に、民主党が族議員になっており、国民の大変な怒りを呼んでいると平野さん言 
われました。
 枝野氏、5月6日から原発が一瞬ゼロになると言うと、藤村氏、一瞬は適切でな 
いと言っています。唯一稼働している泊は5月5日に停止、藤村氏、政府が再稼働 
を急いでいないとの印象を与えたいようです。

 大阪の橋下氏、決め方に反対で、次の選挙で民主党と対決する。しかし、電力 
事情を見て、政治判断したら再稼働は出来るとも言っています。平野さん、全面 
対決ではなく、着地点を見つけようとの意図だとの見解があり、政府は、輿石氏 
は受けて立つと言うものの、民主党では橋下氏を敵に回したくなく、藤村氏、再 
稼働は選挙で信を問う案件ではないと言っています。自治体に丁寧に判断すると 
言うことです。

平野さん、民主党、橋下氏共に信用できないと言っています。安全の条件が整っ 
ていないのです。橋下氏、高いアドバルーンを上げて、それを下げて折り合いを 
つけるやり方で、今回も大阪に中間貯蔵施設をと言っており、場面展開するのが 
橋下氏という指摘がありました。しかし、橋下氏に関する今までのことは、解決 
していないのです。

 福島の南相馬の警戒区域が解除され、3つの区域に再編されています。年間20 
ミリシーベルト以上の帰還困難区域は今まで同様ですが、20を超える恐れのある 
ところ他は自由に出入りできるようになり、12250人の人がいます。しかし、こ 
の場所に電気は来ていないのです。

 そして、矢ケ崎さんのお話、市民と科学者が一緒になり内部被曝を研究しよう 
としており、リスナーからの質問で、昨年暮れの話で、内部被曝すると鼻血が出 
ること、鼻血の症状がどうなっているか、子供たちについての質問があり、町田 
市の市民グループが、子供を調査して、3・11以前は鼻血のない子供が、大量の 
鼻血を出すようになったというデータがあり、一人ではなく、町田だけでなく、 
沖縄に避難している子供にもあり、福島だけでなく、たくさんの子供がいるので 
す。町田で104人の鼻血、その他の異常があったのです。

 鼻血の量も、水道の蛇口をひねった時のようなもので、普通の鼻血は外傷が血 
管を切るものなのに、今回は医者が見ても外傷がないのが特徴なのです。矢ケ崎 
さん、臨床的な仕事はしていないが、今まで鼻血が出ていない子供に出ていない 
ことに危惧を覚えるのです。

 こうしたことが、政府レベルでは問題にはなっておらず、逆に鼻血ではなく、 
福島で原子炉に近い4市の3700人の子供の、37%の甲状腺にしこりがあり(1月 
時点)、最近のベラルーシ(チェルノブイリの領土、周辺国3つの一つ)の研究 
を見たら、今後の健康状態の悪化が予測され、厳しいものを持っているのです。

 福島の検査、南相馬、飯館の甲状腺に子供で3割にしこり、嚢胞があり、しか 
し福島県は問題ないと言っているのですが、矢ケ崎さん、悪性でなくて良かっ 
た。しかし、嚢胞、しこりは北海道に避難している子供たち(170人の統計)で 
も20%の子供に出ており、もっと調べたら、実態的な変化はもっと怖いと考えら 
れるのです。

 平野さん、系統的な調査が必要と言われて、嚢胞、しこりは客観的に見たら何 
かの刺激がないと出来ないもので、ベラルーシ、危惧する内容は、バンダジェフ 
スキーさんが、1997年にベラルーシで亡くなった市民の解剖をして、セシウム 
137が臓器の中でどうなっていたか調べたら、あらゆる場所にセシウムがあり、 
子供甲状腺に2,3倍のセシウムがあったのです。
甲状腺にはヨウ素が入るのですが、セシウム137も飛びぬけて多く、原因は放射 
能の埃が微粒子として入り、ヨウ素とともにセシウムも入るということで、この 
結果が恐ろしいのは、ヨウ素は半減期が8日なのに、セシウム137は30年、今なお 
打撃になる、被曝真っ最中を甲状腺に与えているのです。食べ物で子供の甲状腺 
にセシウムが入ると、一生打撃となるのです。生物学的半減期(大人80日、子供 
40日)があるものの、臓器の中に入ったら、セシウムは出てこないのです。嚢 
胞、しこりのある子供たちに、被曝が進むと、とても怖い今後の病状変化があり 
得るのです。

 平野さん、チェルノブイリのドキュメンタリーで、甲状腺切除のところがあ 
り、それが福島であるかについて聞かれて、矢ケ崎さん、チェルノブイリ西の 
100kmの汚染が、今の郡山、福島より低いのに、ここの子供の被害が5年後に病気 
が激増し、10年後には10人に一人が病気になり、ガンは100人に1.3人出ているの 
です。汚染状況から見ても、福島はよそ事ではないのです。つまり、福島でも5 
年後には高い確率で病気が出るのです。

 ベラルーシの統計、マリコさん(いま日本にいる)の統計で、86年に事故、87 
年に子供のガン+大人のガンも増えているという結果なのです。子供が増加して 
いるのがベラルーシで科学的に明らかにされているのに、日本政府はそういうこ 
とをしていないのです。なぜか、矢ケ崎さんはお怒りで、残念に思われます。

 それどころか、20ミリシーベルト未満だと住民を帰す方針で、チェルノブイリ 
周囲の3国は住民の保護を、移住義務(あるいは移住の権利)のある人は、国が 
責任をもって対処するのが、年間1ミリシーベルト以上のところで、5ミリ以上だ 
と義務で移住しないといけない。それなのに、日本は20ミリで帰しているので 
す。つまり、20ミリのところの人に避難の支援を日本の国はしていないのです。

 ロシア、ウクライナより20倍の抵抗力があるならともかく、そうではない、 
れっきとして周辺3カ国にひどい被害になり、国際的にも経験した国がこうして 
いるのに、日本は活かしていないのです。どころか、逆の方向なのです。

 4月から食品、500ベクレルから100になり、これについて、十分ではなく、100 
も高すぎる。ドイツの国が定めた放射線防護は、0.3ミリシーベルト以上の被曝 
ダメ=これから計算すると、食品はセシウムで子供は4ベクレルなのです。どこ 
ろか、日本は100ベクレルであり、ドイツの10倍以上、ドイツでもかろうじて健 
康の保たれる数値で、日本の数値は厳しくなってもドイツの10倍以上。幼児食が 
50ベクレルだが、矢ケ崎さんは1ベクレルでないといけないと言われて、100ベク 
レルでいいというわけではないと言われました。

 これで時間でした。平野さんは、5年後の子供たちに政府はどう説明するのか 
と言われました。南相馬、自分の家に泊まれないのです。今日は矢ケ崎さんの貴 
重なお話をお届けいたしました。
=====小出先生、文化放送のお話=====
 永岡です、今朝の文化放送「ソコダイジナトコ」に小出先生電話出演されて、 
その模様がネットに公開されていました。
http://hiroakikoide.wordpress.com/2012/04/16/sokotoko-2012apr16/

 内容を以下にまとめます。

 パーソナリティーの吉田照美さんの質問で、4号機について、温度上昇につい 
て、小出先生、冷却回路が止まり温度が上がる。少しずつ上がり、沸騰したらア 
ウト、それまでに冷却回路を復活させないといけない、作業に被曝がつき、しか 
しこの状況はすぐには危険ではないのです。

 4号機に青い光があるということ、多分ない、夜間の照明のことで、使用済み 
プールのことではないのです。

 2号機、東電は正常な温度となく、これは温度計の故障で、去年事故が起き 
て、しかし今は静かな状態ではなく、放射能が原子炉にあり、猛烈な放射能で、 
人間が格納容器に入ると数分で死ぬ、温度計、ケーブルもダメになっているのです。

 2号機、格納容器内での73シーベルト、4mあるはずの水位が60cmしかなく、内 
容は不明で、水が入っていないのはそう思っていた。2号機は格納容器のサプ 
レッションチェンバーで爆発があり、穴があくと60cmしか水はたまらない。東電 
が4mも水があると思っていたのが不思議なのです。

 遮水壁、小出先生必要と思われて、株主総会の直後に東電言ったのに、その後 
なしで、環境の汚染を食い止めるため必要だが、被曝するし金もかかる。東電は 
金がかかるからやらないという見方もあり、東電は他にやらないといけないこと 
がたくさんあるからかも、なのです。

 4月1日に避難区域の見直しがあり、これについて、言語道断、日本は法治国家 
なのに、年間1ミリシーベルト以上被曝させるのに人を戻すのは許すべきではな 
い、日本政府は犯罪をやっていると言われました。廃炉の工程表、ロボットも放 
射線で役に立たず、工程表通りに作業は進まない、現実がどうなっているかすら 
分からない、工程表は絵に描いた餅(国民を安心させるためのものに過ぎない) 
なのです。

 福井の大飯再稼働、なぜこんなことが起こるか理解できない。福島の事故が収 
束できない、事故の原因も分からず、原子力の規制が間違っていたのに、誰も責 
任を取らず、進めるのは理解できないのです。

 小出先生、スイシンジャーに出られて、2月に東京に行かれて、その方が小出 
先生のところに3月に来て、実験所で撮られたものです。小出先生、怪人小出男 
を演じ、今は戦争であり、原子力を止めるためには何でもやるが、小出先生は役 
者ではないと苦笑されました。
 小出先生、騙されたあなたにも責任がある、幻冬舎からの発売がありました。
 以上です。今週はたね蒔きに小出先生、水曜日に出られます。
 なお、大飯再稼働、関西のローカルニュースは一斉に批判しています。
 以上、お知らせいたしました。

★ 杉並の山崎康彦 さんから:
いつもお世話様です。
*■「経産省前テントひろば」の呼びかけで明日(4月17日)から
    5月5日まで「原発再稼働阻止ハンスト」が始まります!*
先週土曜日(4月14日)枝野幸男経済産業相は福井県の西川一誠知事とおおい
町の時岡忍町長らを訪ねて大飯原発3、4号機の再稼働について地元の了解を求
めましたが両者から断られました。野田政権はたった3日間で再稼働安全基準を
決めその後1週間で大飯原発が安全基準に適合すると決定し、翌日には担当大臣が
地元の県知事と町長を訪ねて再稼働の了解を求め断られるという、あまりにも拙速な
行動は醜悪そのもです。

なぜ彼らはこのように焦った行動をとっているのか?
それは、国内54原発のうち唯一稼働している北海道電力泊原発3号機(北海道
泊村)が定期点検のために5月5日に停止するので、それ以前に関西電力大飯原発を
再稼働させなければ「日本のすべての原発が停止」となり「原子力ムラ」の住民 
にとって
は最悪の事態に陥るからです。

「すべての原発が一度停まるたら再稼働は不可能になる」のですから野田政権は
何としても再稼働させたいのです。

しかし「再稼働反対」の世論の強さに圧倒された枝野経産相は、昨日(4月15 
日)徳島での
講演会で「国内で唯一稼働している北海道電力泊原発3号機が5月5日に定期検 
査で運転を
止めると5月6日 から(国内で稼働する原発は)一瞬ゼロになる」と白旗をあ 
げはじめました。
しかし彼は物事の本質を理解していないようです。「一瞬ゼロになる」のではな 
く「永遠にゼロになる」
ことを理解していないのです。

200日間以上「オキュパイ運動」を展開している「経産省前テントひろば」 
は、明日(4月17日)
から5月5日まで「原発再稼阻止・ハンスト」を 呼びかけていいますので以下 
にご案内します。
私も日常生活を送りながらのハンストに参加する予定です。

以下に記者会見のご案内とハンスト参加表明書をお送りさせて頂きます。
*● 「テントひろばの集団ハンスト行動」記者会見のご案内*
4月17日正午から「経産省テントひろば」前で記者会見を開きますの
で多くの方々が参加されることお願いします。
日時:明日(4/17)12:00より
場所:経産省前「テントひろば」

参加予定:国会議員、鎌田慧、落合恵子、中嶌哲演住職、広瀬隆、神田香織、上
      原公子、山本太郎、橋本美香、福島の女性達など
*● 「原発再稼働阻止ハンスト」参加リスト
「原発再稼阻止・ハンストに参加する場合は、二通りあると思います。一つは経
産省前に座り込みんでハンストを行う場合。2つ目は地方や外国にいて 「経産
省テントひろば」には行けないが自宅で日常生活を営みながら「連帯」の意味を
込めて24時間の「原発再稼阻止・ハンスト」に参加する場合で す。

以下に「「原発再稼働阻止ハンスト・参加表明書」の画像を添付しますので印刷
していただき、以下の必要事項を書き込んメール(tentohiroba@gmail.com)または
ファックス(03−6903−5829石橋行受上人宛)にお送りください。
1) お名前(公表名) 2)男女 3)年齢 4)住所 5)tel 6)e-mail
7)ハンスト参加日程 8)ハンスト場所 (終わり)

★ 河内謙策 さんから:  
  枝野発言について  各地の課題  新聞の社説等
 枝野経産大臣が、大飯原発の運転再開が5月5日に間に合わないことを認めた 
ニュースは、既にご存知と思います。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120415-00000054-jij-pol

   嬉しいニュースですが、前原政調会長は、「夏までに運転再開を」
と言っているので、原発推進派は体制を立て直して、運転再開へ向けてのごり押 
しを続けることは明白です。だから、ここで運転再開反対運動の力を弱めること 
は、絶対に禁物です。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120414/k10014453841000.html

 私(河内)の個人的見通しを言えば、原発運転再開の危険が依然として大きい 
と思います。
 枝野経産大臣は、西川福井県知事に迫られたのですから、滋賀県知事、京都府 
知事、大阪府市長などの関西圏の首長の「説得工作」を行うでしょう。しかし、 
これらの首長が「軟化」しなければ、「関西圏の首長には十分説明した。これ以 
上の説明義務はない。
だから、福井県知事とおおい町長は同意を」と迫るのではないでしょうか。その 
時に、福井県知事とおおい町長が、「自分の個人的信念はともかく、県民や町民 
の反対がこんなに多いのに同意はできない」とか「自分の個人的信念はともか 
く、関西や全国でこれだけ反対が多いのに、福井県とおおい町だけが同意するこ 
とはできない」と考えるかどうか、が決定的に重要になってくると思います。そ 
して、この観点からすれば、福井・関西と全国の市民の運転再開反対へ向けての 
広範な決起がいまだ不十分であることが非常に気になるのです。
 私は、一般論から言って、民衆運動が成功を収めるかどうかは、三つの要素に 
よって決まると思っています。民衆運動の主張に道理があるかどうか、世論がど 
う判断しているか、民衆運動に機動力や組織力の力があるかどうか、です。現在 
の運転再開反対運動には、道理も、世論のバックアップもあります。しかし、力 
は、4月13日以降、反対運動が急速な拡大の様相を見せていますが、まだまだで 
あることをリアルに見なければならないと思うのです。
 だから私は、原発の運転再開をなんとか阻止したいと考えている皆さんに、こ 
れまでと同様、いやこれまでにも増して「もっと行動を!」と呼びかけたいのです。

 大飯原発の運転再開問題で、滋賀、京都、大阪、岐阜がクローズアップされて 
いますが、兵庫、奈良、和歌山、名古屋などがなぜ問題にならないのか、前から 
不思議に思っていました。若狭銀座で原発事故が起きたら、それらの地域にも放 
射能が及ぶことは
明らかだからです(武田邦彦『全国原発危険地帯マップ』112頁以降)。イン 
ターネットを見ていたら、兵庫の人たちが、あらたに県知事に対して「兵庫も地 
元や!」という声をあげることを知りました。外の地域でも検討が必要なのでは 
ないでしょうか。
http://civilesociety.jugem.jp/?eid=14470
  また、全国的に、原発の再稼動についての地元の同意の範囲や安全協定の締 
結、住民説明会の開催などについて、自治体の首長へ働きかけることも、広い意 
味では、大飯原発・伊方原発運転再開に反対している人々への支援・連帯になる 
と思います。
 川内原発、柏崎・刈羽原発に関する以下の記事を目にしましたので、参考にし 
てください。
http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/national/20120416-OYS1T00207.htm
http://www.nikkei.com/news/local/article/g=96958A9C93819490E3E0E2E1E28DE3E0E2E6E0E2E3E09EE0E3E2E2E2;n=9694E3E4E3E0E0E2E2EBE0E0E4E6

 枝野の福井訪問につき、福井新聞は、4月15日、「説明も説得力も足りない」 
と批判しています。思い切った、非常に立派な主張だと思います。
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/editorial/34173.html
  朝日新聞は、4月14日に「再稼動と地元ー安全への疑問をただせ」という社説 
を発表しました。
http://www.asahi.com/paper/editorial20120414.html
   毎日新聞は、4月15日に「理解に苦しむ政治判断」という社説を発表しました。
http://mainichi.jp/opinion/news/20120415k0000m070101000c.html
   東京新聞は、4月15日に「地元、国民の安全どこへ」という社説を発表しました。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2012041502000099.html
   北海道新聞は、4月14日に「再稼動要請は早すぎる」という社説を発表しました。
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/editorial/364964.html
   西日本新聞は、4月15日、「初めに結論ありきならば」という社説を発表しま 
した。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/297296
  河北新報は、4月16日「政権への不信感しか残らない」という社説を発表しま 
した。
http://www.kahoku.co.jp/shasetsu/2012/04/20120416s01.htm

●○●○○○●○●○●○

★4月18日(水)午前9時〜11時〜 福岡県に申し入れ行動 
 集合:8時45分県庁1階ロビー 行先:県の防災危機管理局防災企画課
 主催:フクシマ〜フクオカ、核なき未来へ
   さよなら原発! 3・11 福岡集会
―顕饑觚席犬抜攅颪らの連帯メッセージ持参。
九電への再稼動阻止と廃炉要請。

<ご案内> 
      核なき未来は今、ここから
      GOODYE NUKES
    さよなら原発! 5・27 佐賀集会 
      第一回実行委員会 
 日 時: 4月 21日(土)午後6時から 
 場 所: i スクエア ビル5階 大会議室
        佐賀市市民活動プラザ
 住 所:佐賀市駅前中央1−8−32 電話:0952-40-2002
  地図:http://tinyurl.com/6szltaa
   (皆様の手帳にメモしてご参加よろしくお願いします。)
<Twitter フェイスブック ミクシー メール、ブログなどで広めて下さい。>

★今週金曜日、4月20日で
★原発とめよう!九電本店前ひろば★は 一周年!。
皆さんとささやかな<祝賀会?>をひろば・テント内で。
午後4時から準備、5時から8時ごろまで。お立ち寄りください。

★ 残る一基、5月5日北海道電力泊3号機が定期検査。
  各地の再稼働阻止で全原発54基停止 祝!

★「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)
ホームページ:http://no-genpatsu.main.jp/index.html
 原告・サポーターを募集しています。(九州以外の方もO.k)
 連絡先:090-9071-7963(椛島・かばしま弁護士)

★ 原発労働・その真相 元原発労働者たちは訴える ☆ 
  <集会ご案内>
日 時: 2012年4月28日(土) 
      開場12時00分 開演12時30分〜15時00分
会 場:福岡市 西南コミニューティセンター 
主 催:原発労働裁判・梅田さんをささえる会・弁護団
詳細:4月8日【報告】第354目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★掲載。
   <梅田さんの第一回口頭弁論期日の日程>
    5月9日(水)午前11時00分 福岡地方裁判所303号法廷
      地図: http://bit.ly/qSdpTo (地下鉄赤坂駅から徒歩5分)

●○●○○○●○●○●○
  ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば★☆
    Twitter フェイスブック ミクシー等で拡散よろしくお願いします。
    ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば ★☆
    午前10時から午後5時(土・日曜・休日は閉設)
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
   場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1−82 
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
   ★☆(ひろば・テント 090-1324-8588) ☆★

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
          青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内